2013年ありがとうございました

2013年12月31日いっぱいをもちまして、

こちらのブログはアメブロに引っ越します。

しばらくこのココログはそのままにしておきますが、
更新はアメブロになりますので、
よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

|

2013年10月17日 (木)

窪田芳泉さん「第12回富山ねんりん美術展」最優秀賞

10月9日(水)10日(木)に

富山県民会館美術館で開催された
「第12回富山ねんりん美術展」で、
富山教室の窪田芳泉さん(80歳)の作品が
<最優秀賞>を受賞しました。

2013
「秋風日暮南湖裏争唱菱歌不肯休」

この作品は、来年10月に栃木県で開催される
「ねんりんピック栃木 2014」に富山県代表として出品されます。
おめでとうございます!゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

| | コメント (0)

2013年8月 9日 (金)

平成25(2013)年JA共済書道コンクールの課題

お子たちよ、夏休みをエンジョイしとるかい?

母ちゃんに「早めに宿題しなさいよ!」と言われてないかい?



子供の頃の森くんはいつも終了間際になって焦ってましたが、

君たちはそのようなことがないように(^^;;



さて、毎年恒例のJA共済書道コンクールの課題ですが、

大体こんな感じで書けていればいいと思うよ〜(´∀`)ノ

画像クリックで拡大します



Photo Photo_2

Photo_3 Photo_5

Photo_6 Photo_7



最近、うちの教室では、大人の生徒に臨書や書作品以外に

いずれ指導者になった時のために、教育書道(書写)的な

ものも書けるように指導しているのですが、

「お手本を書くということはそれが受賞するレベルじゃないと

手本をもらった子供が受賞できるわけないでしょ?」と

言っています。

ただ、あまりにも大人っぽい雰囲気だと可愛くなかったりして?(^^;;

| | コメント (3)

2013年7月16日 (火)

「平成25年 日本の書展 富山展」〜『登』〜

7月12日(金)~7月15日(月)まで
富山県民会館で開催された
「日本の書展 富山展」に出品した『登』

Web

この作品は『今』が展示された「2013 独立選抜書展」の

会期中に渋谷のアトリエで気合いを込めて1枚で仕上げました。

紆余曲折しながらも高みに向かう坂道を登るようにも

翼を広げて高みに飛び立つ直前の屈伸にも見える

『登』を表現してみました。

Let me take you higher now

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

「平成25年 日本の書展 富山展」

7月12日(金)~2013年7月15日(月)まで富山県民会館で開催の
「日本の書展 富山展」に新作『登』を出品しています。
(時間9:30~17:30 最終日は16:00まで)

森大衛は会期中富山に居ないため会場での仕上がりを確認できません(>_<) お近くの方は是非ご覧ください。(ただし写真撮影は禁止)


| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

「2013 独立選抜書展」当社中からの入選者(準会員の部)

先月開催された「2013独立選抜書展」での当社中からの(準会員の部)入選者の作品です。


得田睦月桃紅復含宿雨 柳緑更帯春煙 花落家僮未掃 鶯啼山客猶眠」

Tokuda_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2013 独立選抜書展」当社中からの準特選(一般・会友の部)

先月開催された「2013独立選抜書展」での当社中からの<準特選>の作品です。

この受賞にて準会員に昇格です(*゚▽゚)ノ


原口昌子「臨・木簡」

Haraguchi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2013 独立選抜書展」当社中からの入選者(一般・会友の部)

先月開催された「2013独立選抜書展」での当社中からの入選者の作品です。


石崎成美「臨・詩懐紙」

Ishizaki_4

 


岡 文隆「臨・木簡」

 Oka

 


蔭山由紀子「臨・樂毅論」

 Kageyama_4

 



齋藤尋美「臨・開通褒斜道刻石」

Saito_2



佐藤有紀「

思君我心傷思君我容瘁中夜坐松蔭露華多似涙」

 Sato_2

 



早川貴子「臨・木簡」

 Hayakawa



横山 遼「臨・本能寺切」

Yokoyama

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

「第40回記念 富山独立書展」 〜『心聲』〜

平成25年6月20日(木)~6月23日(日)まで富山県民会館で開催の

「第40回記念 富山独立書展」に出品した『心聲(声)』

Mini

※額のアクリル硝子および展示ケースの硝子に映ったライトそのままです。


淡墨作品は、墨の種類はもちろんのこと、硯や水や紙、

書いた瞬間のタッチなどで質感がガラリと変わる魔物です。

その魔物が紙に定着した麗しさをどうぞご堪能ください。

お近くの方は是非会場にて。

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

2013 独立選抜書展 〜『今』〜

平成25年6月11日(火)~6月19日(水)まで東京都美術館で行なわれた

「2013 独立選抜書展」に出品した『今』

101


過去にグランプリにあたる会員賞を受賞しても、その後は落選もざらにある独立選抜展。

そんな今回展に入選し、展示場所がトップバッターということで、

会場に入った瞬間思わず「うわっ!」って言ってしまいました。Σ(゚□゚(゚□゚*)

そして多くの先輩方に「おめでとう!」と声をかけられました。

評価いただいた先輩方、ありがとうございました。m(_ _)m

そして、この作品が生まれる原動力になった全ての人に感謝です。(≧∇≦)


※動画再生時の音量にはくれぐれもご注意ください。

| | コメント (1)

«「第40回記念 富山独立書展」