« きれいな歯並び in 萬屋おかげさん | トップページ | 桃豚 - ももぶた - »

2008年1月24日 (木)

「な」

1月4日放送の「笑っていいとも!増刊号新春あけおめSP」で
簡単に「な」のバランスについての解説をしましたが、
その後質問が多かったのでココでふたたび問題です。


Na_1この「な」はバランスが良いでしょうか?
どこかがおかしくありませんか?わかります?
三画目の「ゝ」の位置が高いので
脇があまい感じがするんですね。
そもそも「な」は「奈」からできているので、
一画目の「一」よりも三画目の「ゝ」は低くします。


では、低くしてみましょう。


Na_2

あれれ?

言われた通りに低くしたのに
少し情けないムードに
なってしまいました。


どうしましょうどうしましょう?


Na_3
ジャジャーン!

おわかりいただけます?
一画目の「一」を斜め右上がりに
すれば良いのです。


そしてちょっと大人なムードになりましたね。
それはなぜかというと、ひらがなは漢字の草書をさらに簡略化して
成り立っているので、横画を右上がりにすることで草書の残像が
うかがえるのです。


ちなみに「む」は「武」からできているので、
一画目の「一」よりも最終画の「ゝ」は高くします。

|

« きれいな歯並び in 萬屋おかげさん | トップページ | 桃豚 - ももぶた - »

コメント

森先生の『な』はバランスが良いのはもちろん、線に丸みと柔らかみと厚みがあって流石です。惚れ惚れします。

投稿: みのり | 2008年2月 2日 (土) 18時06分

これですよ。
http://www.ntv.co.jp/sekaju/class/070331/06_02.html
どれもバランス悪いですね。

投稿: はじめ | 2008年1月25日 (金) 20時19分

>・・・バランスについての解説・・・
>・・・ひらがなは漢字の草書をさらに簡略化して成り立っているので・・・。
この辺について”教育現場”では誰が担当すべきか、ですね。
親・学校教師・書道塾・友人・書籍・メディア・・・。
(感性のある子は自分で気づくのでしょうが)

何が美しいと感じるかについても難しい。
自分の若い頃のノート等を見ると日々文字が変化していることがわかる。
その時見たもの、その時いい・おもしろいと思ったものの影響を確実に受けていたことがわかるし、「自分の文字」を模索していたらしい。
これは少なからず誰でもあることではないでしょうか?

だいぶ前から流行っている若者文字がありますが(なんていいましたかね?)、娘ふたりが時期は違うのに同じような字をそれぞれ書いていた時期があって笑ったものです。
(今は二人ともあのおもしろくも奇妙な文字からは卒業しています)

長くなりましたが、またこのような”目で学ぶ記事”も期待します。

投稿: 玉 羲之 | 2008年1月25日 (金) 16時34分

世界一受けたい授業に出ていた書道家の「な」は間違っていたんですね。

投稿: はじめ | 2008年1月25日 (金) 15時49分

森先生の文字はどれも美しい女性の横顔のように見えてしまいます。

投稿: 凛子 | 2008年1月25日 (金) 07時48分

いつも素敵な指導ありがとうございます。

今回の【な】

小学生のときの書道教室を思い出しました(笑)


【む】と同様に上手くかけなかった記憶がよみがえってきました


これからも頑張ってください

投稿: Nokko | 2008年1月25日 (金) 04時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きれいな歯並び in 萬屋おかげさん | トップページ | 桃豚 - ももぶた - »