« あらごし もも | トップページ | 志の輔らくご in PARCO »

2008年1月27日 (日)

桃源郷

Togenkyo2

こちらでは審査風景を、

そしてこちらでは生徒達の作品を、

そしてこちらではチラ見せしていた

今年の独立書展に出品した「桃源郷」です。


秋田の「ももぶた
富山の「ももほのか
奈良の「あらごしもも」と
なぜか「もも」で繋がっているのは偶然です。


さて、今回の作品「桃源郷」についての
自分からの解説は特にありません。

観た方々のイマジネーションに委ねます。


ただひとつ言えるのは、この作品は肉眼で生で観るのと、
写真等にした時では墨色が全く違って見えます。
光の加減で別物に見えてしまうんですよ。

この作品を本当に味わうには、現物を見るしかないといえるでしょう。

|

« あらごし もも | トップページ | 志の輔らくご in PARCO »

コメント

 本当に知りたいですか?

投稿: 林檎 | 2008年2月29日 (金) 14時11分

その「物事の表面」ってのを知りたいのお~

投稿: 大衛 | 2008年2月24日 (日) 13時50分

羊毛で淡墨で書かれたのですよね…… 
「桃源郷」


私はまだ、物事の表面しか感じとることができないみたいです。修行足りませんね。 

投稿: 林檎 | 2008年2月24日 (日) 12時24分

東北フェアですね。

投稿: 東海 | 2008年1月28日 (月) 08時26分

森さんの「桃源郷」には竹林があるように見えます。

「ももほのか」のロゴはすばらしい。
美しいものを見せていただきました。

あ、岩手の高橋君、秋田の桃豚、清酒の桃ときたら次は南部杜氏の膝元清酒「桃川」(青森)といきたいところですが、桃川にはすでにすばらしいロゴがありますね。
「桃川」のロゴは昔から大好きでした。

投稿: 玉 羲之 | 2008年1月28日 (月) 05時14分

そうですね。やはり実物を観ないと………

 空気感が伝わってこないと思います。

「桃源郷」をずっと観ていたいと思いました。

投稿: 森先生の書が大好きな林檎 | 2008年1月27日 (日) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あらごし もも | トップページ | 志の輔らくご in PARCO »