« 遅刻厳禁 | トップページ | 月 »

2008年2月 2日 (土)

携帯メールは左利き

書もパソコンも右利きの森大衛です。ブラインドタッチは出来ません。

でも、なぜか携帯メールは左利きです。
電話も左耳でなければ内容が頭に入りません。右耳もちゃんと聴こえますが、
切った後に「あれ?なに話してたっけ?」って、内容を忘れてしまうのです。


まさに♪右から左に受け流す〜状態です。


さて、先日の富山の子供達の教室は、
「先生は手本を書かないから自分で自由に書きな」って日にしました。

3月末に行なう社中展の作品を書かせるためで、
進級や入落がない場合、手本がない方が面白いムードが出るからです。


ところが「どうしても手本が欲しい!」という中学生がいて、
「じゃあ、仕方がないから面白い雰囲気になるように左手で書いてやるよ」と
下の字を書いたのですが・・・


Photo

普通に書けてしまいました。

最終画が弱いのが左手らしいところですが、
生徒に「先生ありえん!」と叫ばれ、
「ごめん!上手くかけてしもた(^^;」と謝りました。

これは左手で携帯メールを打つことによる効果でしょうか?
ってことは、右手で打てば右手がもっと上手くなる?

|

« 遅刻厳禁 | トップページ | 月 »

コメント

私も右耳で聴いたことは、頭に入りません。やはり、耳も効き耳あるんですね。

投稿: 林檎 | 2008年2月 3日 (日) 21時21分

フェイントも大事ですかねぇ、、。
先日は、必然か偶然か・‥。

投稿: 現実と理想 | 2008年2月 2日 (土) 17時15分

楽しそうな教室ですね。

最後の問い、
左手を使う方が上手くなるかも?
に一票です。

投稿: りん | 2008年2月 2日 (土) 13時06分

次女、姿。さすが左手でも上手いですねー

投稿: タモリさん | 2008年2月 2日 (土) 12時28分

おもろい実験です。

両手で正文字と逆文字それぞれ書いてみるといいでしょう。
自分のイメージに近いもの、出来なかったもの・・・。
体と脳と訓練。
利き腕、利き耳、利き脚・・・。
字を書くってのはなんなのか、面白いですねぇ。

先日の”答え”までもう一展開広がりました。

投稿: 玉 羲之 | 2008年2月 2日 (土) 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494755/10199355

この記事へのトラックバック一覧です: 携帯メールは左利き:

« 遅刻厳禁 | トップページ | 月 »