« 不立書展の作品から | トップページ | 共鳴と尊敬と嫉妬 »

2008年4月16日 (水)

てんやわんや

今月から始まった富山の某ショッピングセンターの教室は、
いきなり大勢の生徒が増えてテンヤワンヤ。sweat01


学校の授業みたいな指導なら何十人でも大丈夫だけど、
キャリアの長い人から初心者まで、ひとりひとりに合わせた
手本を書いて指導するから、部屋のキャパには余裕があっても、
時間に余裕がない。

かといって、コピーした手本を配るのは絶対イヤな森大衛。pout


仕上がったものを見るよりも、書いている場面を
見ることの方が大事なんですよ、奥さん。eye

そう考えると、マンツーマン指導を同じ場所でやってる
ということになるんですよね。


といっても、指導は結構適当だったりするんだけどsweat02
手本はどこに出しても恥ずかしくないものを
実際に書いてみせて渡さないとね。特に大人の生徒には。good

|

« 不立書展の作品から | トップページ | 共鳴と尊敬と嫉妬 »

コメント

>アリサさん
生徒には「書く気が失せる」って言われますsweat02
でも、自分自身が納得できないものは渡せないですよ。


>富山の主婦さん
フ☆ボ★レではありません。

投稿: 大衛 | 2008年4月17日 (木) 18時28分

あるショッピングセンターとは…
ファボ☆★のことでしょうか?

投稿: 富山の主婦 | 2008年4月17日 (木) 17時12分

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています!

書道教室のお手本が先生の1点ものとは驚きました。生徒さんも「頑張ろう」って力が入りそうで、いいですね。楽しく頑張れる書道教室、近くなら通ってみたいです。

投稿: アリサ | 2008年4月16日 (水) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不立書展の作品から | トップページ | 共鳴と尊敬と嫉妬 »