« 先生はね、子供が大嫌いです! | トップページ | 山梨にて »

2008年4月11日 (金)

不立(ふりゅう)書展

<不立(ふりゅう)文字>
意味:文字を用いずに教えを授けること。
解説:悟りは言葉で書けるものではないから、
   言葉や文字にとらわれてはいけない、
   修行を積んで心で悟るべきだという禅宗の考え方。


昨年末に他界された故・黒田光岳先生
門下生の皆さんによる展覧会「不立(ふりゅう)書展」が、
富山県民会館美術館で11日(金)〜13日(日)まで開催されます。
(森大衛は門下生ではないので出品はしていません。)
Photo
書を学んで書いていながら「不立」っていうのが粋だし、
書家としてのアンチテーゼですね。


<追記>早速行ってきましたgood

001

004

005

002

黒田先生の師匠で、独立書人団理事長で日展審査員の
貞政少登先生が東京からいらしていて、(向かって左側の方)
ご挨拶をしたところ、とても喜んでくださり、
なぜかお手持ちのミンティアを一粒くださいました。(笑)
てか、実は森大衛の口の中にはフリスクが入っていたので、
ダブルパンチでしたrock


賛助出品された貞政少登先生の作品「九龍」

003

これは、貞政先生が広島の熊野筆まつりで、
大作揮毫された作品のミニチュア版です。


決してミンティアとフリスクをダブルで食べて
ビックリしている顔が書いてあるわけではありませんsweat01

右側が「九」で、左側が「龍」ですからねgood


では、門下の皆さんの作品から何点かご紹介します。

と、思いましたが現在会期中なので、いずれご紹介します。
お近くの方はぜひ富山県民会館に足をお運びください。


※もう一度言いますが、
森大衛の作品は門下生ではないのでありません。sweat02

|

« 先生はね、子供が大嫌いです! | トップページ | 山梨にて »

コメント

日曜日の4時までやってますよ〜good

僕は逆に東京ですけどね。airplane

投稿: 大衛 | 2008年4月12日 (土) 01時47分

12月のブログで黒田先生の「蓮」を見て以来ひとめぼれ!

今回の不立展を知って、いても立っても居られなくなりました。

たまたま今日が時間があったので…
飛行機で飛んで⇒見て⇒飛行機で帰って!は
できたのですが…う~ん贅沢。

やっぱり富山は近いようで遠かったです!
あきらめました。

と思ったら、写真のアップ。

やっぱり行きたかった~!です。

投稿: 東京のmi | 2008年4月12日 (土) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 先生はね、子供が大嫌いです! | トップページ | 山梨にて »