« 第35回記念 独立書人団富山支部書展 | トップページ | 連載「MISTY」2008年6月号 »

2008年5月16日 (金)

『金輪際』のマーチ

昨日のブログのご質問にお答えして出血大サービスざますわよ、奥さん。

実はこの「金輪際」は、昨年連載していた『刃-JIN』に掲載した作品でした。

Hi360031

今回は特別にその解説を載っけちゃいますわよ、奥さん。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『金輪際』とは、人間の住む大地の地表と地底との境界線を表す仏教用語。
それが転じて物事の極限や究極を表すようになり、「徹底的」「断じて」と
いう強い意思を意味する言葉になったそうだ。
時代劇雑誌『刃-JIN』的にも相応しい言葉に違いない。


しかし、森大衛的には昼メロなどにありそうな台詞、
「あなたとは金輪際会わないわ!」のように、当人には深刻でありながら、
客観的には滑稽にみえるシーンが浮かび、心がときめいて無性に書きたくて
書きたくてたまらなくなった。
そんなことに心がときめき、それが理由で書きたくなるなどふざけた話だが、
そうなのだから仕方がない。
久方の恋のように「金輪際」にときめいてしまった森大衛は、「金輪際」が
口癖になり、しまいには「必殺!金輪際のマーチ」というくだらない
オリジナルのソングを「金輪際!金輪際!」と口ずさみ、生徒達に呆れられた。


だが、いざ書き始めると、気が遠くなるほどこの言葉の魔力に取り憑かれて
しまった。何百枚書いたか記憶が定かではない。
書風は、顔真卿や橘逸勢あたりの重厚で肉厚な筆致と造形が浮き上がり、
体の芯から熱が沸き、筋肉の内側から汗が絞り出る感覚を味わった。
森大衛のふざけた思考と、生真面目な右手の落差には我ながら着いて行けない。
気が付くと、墨が毛氈(下敷き)を通り過ぎて床にまで染み出ていた。
これまでも肉厚な作品は結構書いてきたが、墨が床に染みたのは初めてだった。


書を書くという行為は、地表と地底の境界線で繰り広げられ、
重力と対峙する『金輪際』という言葉に相応しい表現行為だといえよう。


人が真剣な姿は、それが真剣であればあるほど滑稽に見えることがある。
しかし、だからこそそれが大きな感激や感動に導かれるともいえる。


※顔真卿(がんしんけい)唐の四大家
※橘逸勢(たちばなのはやなり)日本の三筆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


|

« 第35回記念 独立書人団富山支部書展 | トップページ | 連載「MISTY」2008年6月号 »

コメント

一瞬「大往生」かと思いましたよ。sweat02

投稿: 大衛 | 2008年5月22日 (木) 18時16分

先日、「金輪際」に一目惚れしたせいか、先生に「大丈夫!」と色紙を書いていただく夢を見ました。(失礼m(_ _)m)

投稿: 富山の主婦 | 2008年5月22日 (木) 18時14分

こちらで写真を見る前に会場に伺いましたが、中央に立って見回しただけで
森先生の作品はすぐにわかりました。
いつも感じることですが、森先生の作品は他の先生方とは放つオーラが違いますね。
胸にズキュンとくるのが不思議です。

投稿: keico | 2008年5月21日 (水) 12時34分

なぜ 「金輪際」 なんだろう sweat01
書で この言葉を観たことがなかったことと
字の迫力に 驚きました typhoon
先日の「陣」のときにも 顔真卿 をイメージしましたが
臨書するだけでもたいへんなのに
大筆で この墨量で 一気に書き上げるなんて やはりすごい shine
最後の一画が スキです heart02

投稿: U | 2008年5月17日 (土) 01時05分

本日、拝見してまいりました。

口に出し、つぶやいてみた「金輪際」

仏教の言葉だろうとは感じていましたが、あらためて、つきつけられると

はて、、、

何か不思議な感覚、空間


本来の意味を知りたくて、辞書をひいた所だったのよ

奥様、食事の支度手につかず

勉強になりました


投稿: わんだらー | 2008年5月16日 (金) 21時54分

おっしゃるように仏教用語としてではなく「あなたとは金輪際会わないわ!」的な迫力を感じましたのでお伺いしてみたくなりました。

私も聴いてみたかったです「必殺!金輪際のマーチ」(笑)

ご解説ありがとうございました。

投稿: 大阪の母 | 2008年5月16日 (金) 20時23分

金輪際ですか…
 
記事を読んでいたらゲシュタルト崩壊…でしたっけ?に陥りました。
 
言葉の力って凄いんですね。
 
改めて、実感しましたm(_ _)m
 
 
「必殺!金輪際のマーチ」、聞いてみたいです(笑)

投稿: ゆか | 2008年5月16日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第35回記念 独立書人団富山支部書展 | トップページ | 連載「MISTY」2008年6月号 »