« 「黒作り」と「白えび」 | トップページ | 豪華絢爛 »

2008年7月 3日 (木)

美麗

「熱い想いが書を書く原動力」なんてことはない。
何もないところから鍵盤の上に指を踊らせているうちに
何かが見えてくることもある。


これは一昨年の独立富山支部書展で発表した「美麗」。

Photo

WEBでは初公開の作品です。


翌年の同展覧会に出品したこの作品とは
発想も見た目も真逆の作品ですね。


この作品は白百合のような佇まいを感じてもらえるのが望ましい。

|

« 「黒作り」と「白えび」 | トップページ | 豪華絢爛 »

コメント

白百合は、先生の理想の女性ですか。たおやかななかに凛とした佇まいを感じました。

投稿: ダンディーライオン | 2008年7月10日 (木) 22時03分

先生の字を見ていると
最初は女文字などと呼ばれ蔑称の様だと思っていたかな文字が
漢字を美しく麗しく、くずしていった先の
日本人の美意識の結晶なのだと感じます。

投稿: mi | 2008年7月 6日 (日) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「黒作り」と「白えび」 | トップページ | 豪華絢爛 »