« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

『盛』

これが現在開催中の「富山書道会会員展」でお披露目の『盛』

Sei
     <紙面サイズ:タテ34cm×ヨコ45cm>


この作品は『掴』『燃』『獅』
そして『龍翔鳳舞』の流れを組んだ作品ですね。
あと『鉄騎&鉄騎大戦』もそうですね。


これを書くにあたっては、「いいとも!」では優等生な雰囲気のものばかり
書いてきたので、そろそろ原点回帰したいという気持ちが少なからずあった。

しかし、「いいとも!」で培ってきたものもしっかり生かされていて、
小さい紙面では難しい雰囲気をこの作品では表現することが出来たと思う。


これからしばらくはこの路線で作品を発表していきたいと思っている。

精神的にも肉体的にも対外的にも、
最も掴みたい、最も燃える、最も奮迅する、最も翔けて舞う、
最も戦い甲斐のある、最も盛り上がる作風だから。

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

『落ちるなら顔から』

と書いた扁額がめちゃイケ「色とり忍者」のセットにあるよ。


そして、オープニングソングを今井マサキくんが歌っています。


Image1691

| | コメント (0)

第55回富山県学生書道展

Sekinin第24回の同展覧会で最高賞の「責任と誠意」


ってことはもう31年前なんですね。
まだ29歳なのにsweat02
って、ふざけたことは置いといて。


当時、この作品を見たうちの母親が言い放った言葉。
「もっと子供らしい字書かれ、気持ち悪いsweat01

その時は、「ひでぇーannoy
って思ったけど、うちの生徒がこんな字を書いたら
確かに気持ち悪いsweat02
てか、潰すdown

ってのは冗談だけど、この程度の作品なんて
大したことないですよsweat02

多くの方から「あれは凄いですねup」って言われるけど、
直したいところが何か所もあるんですsweat02


大先輩で元会長の鶴木大寿先生
14歳でこんな作品(日下部鳴鶴臨書)や、
15歳でこんな作品(書法三昧歌)を書いてたんですよ。
今でも鶴木先生の書を見て育ったことに感謝しています。


上には上がいるもんです。その年齢の森君は全然「書法三昧」じゃなかったしsweat02


今、思い出してみると、森君の小六の夏休みは陸上100mの練習に明け暮れていましたrun
小四までの運動会ではいつもビリから2番くらいだったのに、いつの間にかトップになってて、
9月半ばの小学校対抗リレー大会ではアンカーに選ばれていました。
あと、走り幅跳びも4m超えのトップでした。
大会当日は物凄い豪雨で中止になって、猛練習の甲斐はなかったんですけどねsweat02
そして、やはり上には上がいるもので、もっと凄い人がオリンピックに出るんでしょうね。


ただ森君は、その当時そうやっていろんなことに一生懸命だったことが
この作品に表れていたんだと思うんですよ。


そして今でも「書道なんて他の分野の落ちこぼれがやるもん、ダサsad
って意識が強いので、うちの生徒達には、
「習字だけじゃなくスポーツや音楽も頑張れsign03」と言います。
頭でっかちな理屈ではなく、実体験で通じるものが必ずあるから、


まあ、今の森大衛は当時より体力ない。
「小学生当時より下ってダサsad」って感じですけどsweat02


さて、ここからが本題ですよ。

Kanban_toy_08

本日30日(土)から9月1日(月)まで、富山県民会館地階展示場で、
「富山県学生書道展」「富山書道会一般部書作品展」
「富山書道会会員展」が同時開催されます。


「会員展」の方に、森大衛の新作『盛』が展示されます。
うちの生徒で師範の窪田芳泉、中野清月、長谷秀汀、渡辺康雲の半切作品もあります。
同じ指導者でありながら、それぞれ全く違う傾向の作品です。


お近くの方はぜひ足をお運びください。

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

代筆その後

先日、これが生かされる日がやってきました。


080826_20170001

| | コメント (0)

王羲之の奥義

よく生徒達から「江戸東京博物館に展示中の蘭亭序を見に行かれました?」
と聞かれるが、「行ってないよ。あんまり興味ないから。」と答える。


正確にいえば興味がないわけではなく、今回一番の目玉となっている蘭亭序の
「八柱第三本(神龍半印本)」にはさほど魅力を感じないんです。
「八柱第一本(張金界奴本)」であれば毎日でも見に行きたい。


「八柱第三本(神龍半印本)」を例えるなら、
無機質な蝋人形館のあの何ともいえない虚しさに近い。
あと、王羲之らしからぬ不自然な運筆がところどころに見受けられる。


王羲之が「書聖」(書道史上、最も優れた書家とされる)と称されるのは、
後世の書家が王羲之を手本としてきたパイオニアということだけが理由ではない。
書いてある文章と書表現の関連うんぬんでも決してない。
それだけならあまりにも王羲之に失礼だ。


王羲之の書には、レオナルドダビンチやミケランジェロに匹敵する奥義がある。


「八柱第一本(張金界奴本)」には、
人間の身体的機能から輪廻転生という死生感、
自然の摂理や宇宙の法則までもが、その絶妙な筆法の中に含有されており、
見るごとに書くたびに新鮮な発見がある。
それこそが王羲之が書聖と呼ばれる所以といえる。


もちろん「八柱第三本(神龍半印本)」も貴重な財産であるけれど、
「八柱第一本(張金界奴本)」であれば毎日でも見たい。
見たい見たい見た~い!

| | コメント (0)

同じゼッケン誰かがつけてまた次のシーズンをかけてゆく

あっという間に北京オリンピックが閉会しましたね。


タイトルはユーミンの「ノーサイド」


運動競技も書展も他者と競い合うという意味では同じかもしれない。
歓喜する者もいれば、落胆する者もいる。


しかし、輝かしい栄光はどんな超人でも長くて3大会で次の誰かに引き継がれる。


ゆえに、勝ち負けだけが全てではない。
もちろんそれまでには勝つことだけを考えて挑まなければならない。


しかし、同じレヴェルに達した者同士だからこそ、
その努力と苦悩を分かち合い共鳴し、心から讃え合うことができる。
そしてそれが感動へと導かれる。


目立たない地道なことの方がどんな分野においてももっとも大切。


♪ハートにしまった輝き死ぬまで失わないでね

アルバム『NO SIDE』収録「DOWNTOWN BOY」より

| | コメント (1)

2008年8月23日 (土)

ガッテン&羞恥心そして…

※今回は富山弁でお送りしますnote


昨日、美容院行ったんやけど、そこのおねえさんらちに、
「これから『越中座』に観に行くがやろsign02」ゆわれて、
『越中座』ちゃ、富山出身の芸人さんらちな年に一回集まる公演ながやけど、
「さ、明日やねかsign01」ゆーたら、
「なにゆーとんがけ今日やねかいね。私ら早よ店閉めて行くがやぜsign03」ゆわれて、
「マジけsign02。さ、ヤバいねかsweat01」ゆーて、
すぐに携帯から明日手配してあった花を花屋にすぐに会場に持ってってもろて、
メル友で出演者のマジシャンアレマー玉井さん
「明日だと思もとって遅れるかもしれんけど伺いますsweat01」ゆーてメールして、
お盆に行けんで今日どーしても行かんなんかった墓参りに急いで行ってcar
その足で夜の部の後半になってしもたけど会場に行ったがよrun


Ecchuza


ほったら、遅れて行ったがにスタッフの人らちな歓迎してくれて、
打ち上げにも呼んでくれたがやちゃ。
去年も山形でグンゼの仕事して仙台から石川県の小松空港に飛んでairplane
北陸本線trainで富山戻ったら夜の部の後半だったがよsweat01
ほんと「まいどまいど、きのどくなcoldsweats01」やちゃ。


で、日頃からお世話になっとる「ためしてガッテン!」
立川志の輔師匠とのツーショットbeer

080822_21520001


ほんで、「羞恥心」作曲の高原兄さんと記念撮影camera

080822_21580001


で、一緒に写っとんがなうちの母ちゃんながやけど、
息子な志の輔師匠と話しとる間に、母ちゃんな高原さんと話しとったんは遠目で
見とったんやけど、しばらくして高原さんとふたりで話したら高原さんな、
「私の名古屋の大学時代に先生のご親戚に家族ぐるみでお世話になったがですsign01
ゆわれてビックリsign03


初耳やぜear
母ちゃんな、息子にちゃそのこと教えてくれとらんかったんよsweat02


完全無欠のロックンローラーでデビューされて20年以上経つがに、
うちが近所ながに、何回もおうとんがに、知らんかったんぜsweat02


ちゅーことで、たまに富山に帰ってくるうちの親戚のっさんと、
そのうち再会してもらう事にせんまいけゆーことになったんやちゃgood


人と人とのご縁ちゃ不思議やね~

| | コメント (2)

2008年8月19日 (火)

'96「九天」

Kyuten


この「九天」は、'96の国民文化祭とやまで教育委員会教育長賞を受賞した作品。
「鐵牛」で県展賞を受賞した数ヶ月後だったので、
思い出してみるとこれが闘病中の父親に受賞の報告ができた最後の作品だ。


この作品は、水の代わりに日本酒を使用し、玄林堂の墨「九十九寿」で摩った。
純米大吟醸を100%使用。水は一滴も入れていない。
毎晩、晩酌をした父親が「にがい」と言って飲まなくなった日本酒だ。


これを書いた時の驚きは、通常水の場合は渇いた時に墨色が薄く淡くなるが、
書いた時の潤い感を保ったまま渇いたということ。


しかし、その後ふたたび全く同じように別の作品でやってみたが、
その時は水と同じように淡い墨色になった。


ゆえに、これはこの作品のみの偶然の賜物といえるかもしれない。

| | コメント (1)

2008年8月16日 (土)

連載「MISTY」2008年9月号

Misty_09

MISTY(ミスティ)9月号が発売されました。

出版元:実業之日本社
A4ワイド判
定価 690円 (税込)
雑誌コード 18433-0900


今回の“一文字”は『月moon3』。

そして今回の“言の葉”は、


月は月が生まれた時から…


その先は言わな〜いbleah


立ち読みはダメよdown


てか、今回の表紙のコ可愛いねgood

| | コメント (2)

2008年8月15日 (金)

オリンピックの感動

【大衛Dと生徒Aの会話】


D:オリンピックは感動するよねheart04


A:世界中の超人の集まりですからねぇshine


D:じゃあ、この感動をどう書で表現する?


A:う〜ん、「感動sign01」って書きます。


D:そのまんまかい(笑)


A:だってストレートでいいからgood


D:じゃあ、その「感動sign01」って字をどう表現するの?


A:力強く表現しますsign03


D:力強く表現するにはどうすればいいのかな?


A:力を込めて迫力をつけて書きますsign03


D:それだけかいsign03(笑)


A:えsweat01それ以外に何があるんですかsweat02


D:世界の超人への「感動」を表すんだよ?


A:そうですけど、どうすればいいんですか?


D:彼らの鍛え抜いた運動能力と精神力が「感動」を導いてくれたわけでしょ?迫力だけでは衝撃事件のタイトルロゴも、花火大会の感動も変わらなく見えるんじゃないsweat01


A:そうですね。高架下の「夜露死苦」って落書きもdanger


D:じゃあ、鍛え抜いた線と洗練された構築の上に感動の意を表現しないとね。


A:むずかしい…sweat02


D:でも、その意が十二分に発揮できるように、僕たちは日々書の鍛錬をしてるわけだから。


A:そうかsign01真剣に古典の臨書をしていると汗が出るのはそのせいですか?


D:汗がでるんだ。(笑)じゃあそれに伴う線質で十二分に表現しようよ。


A:具体的にどうすればいいんですか?


D:書とスポーツには通じる部分がたくさんあるよね。


A:そうかもしれないですけど、たとえばどんなふうにですか?


D:人間は、筆を指先で操ってるよね。それを手や腕や肩、胸や背中や腹や腰の動きも連動させて表現しているはず。大きな作品になると脚力も使って、全身の運動機能を生かして書いてるよね。


A:そうですね。先生は生徒達の身体の動きを見て、その作品が良いものになってるかなってないか見抜いてしまいますよね。


D:「それまだダメdown」とか「それ出来てるup」って遠くで眺めてるだけなのに分かってしまうのが不思議でしょeye


A:不思議です。その作品のほとんどが展覧会でいい結果を得ているのもshine


D:スポーツも書表現もそれを行なう人間の能力、人間力が「感動」に繋がるんじゃないかな?


A:臨書もスポーツと同じで基礎や人間力を磨く大切な鍛錬なんですねsign03


D:それをバネに躍動させて、さらに気持ちも乗せてこそ、ストレートな表現ってことになるんじゃないかなscissors

| | コメント (1)

2008年8月13日 (水)

クチコミおんならいふ

大人の女性をきれいにする携帯ポータルサイト
クチコミおんならいふの取材を受けました。

今週の木曜日より携帯サイトで公開されます。
TOPICSの「アラフォー魅力!徹底解剖」というコーナーです。

インタビューの中身は有料会員のみの公開です。
興味のある方は携帯でこちらからどうぞ。
(※PCでは雑誌休刊の案内が表示されますが、
携帯からだとサイトに繋がります。)

| | コメント (0)

越中八尾おわら風の盆カレンダー

Owara2009

こちらからご購入いただけます。

月毎のサンプルはこちら。

越中八尾おわら風の盆の詳細はこちら。

| | コメント (1)

郷ひろみさんのコンサート

8月8日(金)、郷ひろみさんのコンサートを観て来ました。


公私ともに仲良くしているコーラスの今井マサキくんのご厚意で、
うちの生徒や友人総勢8名で。


コンサートの後は、キーボードの沼井雅之さんギターの小南数麿さん
コーラスの大滝裕子さんも交えて、うちの生徒&友人数名で飲み会。


コーラスの大滝裕子さんは、女性実力派ボーカルユニット「Amazons」
メンバーとしても有名です。
デビューは渡辺プロダクションから「a boy」という曲でアイドルデビュー。
その後、ユーミンのバックコーラスをされていた時期もあって、
同期のメンバーだった友人の坂井利衣さん(現在Emmeさん)
僕の携帯から留守電録音。


そして、なんと大滝さんは「アルタの先輩」でもあります。
あの伝説の番組「笑ってる場合ですよ!」に高田純次さんらとレギュラー出演。
バラドルの元祖中の元祖だったんですよ、裕子りんは。
「そんなことを知ってる人は凄くめずらしい!」ってビックリされたけど、
テレビっ子だった森君は知っていたのだよ。
友人数名と4限目の授業をさぼって保健室のテレビで見てたくらいだから。


「天才バカボン」といい、「笑ってる場合ですよ!」といい、
思えばお笑いが好きだったんですね。
森大衛が全国区になったのが「笑っていいとも!」ってもの不思議な因縁です。


そして人と人の繋がりも不思議ですね。
キーボードの沼井さんが予約を断わられた店が、僕が予約しておいた
元バレー部メンバーの店「あら川」だったことも。


さてさて、実は小2の森くんが初めて生で見たアイドルは郷ひろみさんでした。
月刊明星か平凡かの企画でご招待のチケット2枚を近所の本屋さんが
うちの母ちゃんにくれて、同級生のまさはるちゃんと一緒に観に行きました。
前から3列目の少し左寄りだったかな。前の人が立ってもしっかり見える席
だったので相当いいポジションでした。

小2の男子が二人だけでコンサートに行ったのは無謀でした。
客席は皆ずっと年上の中学高校のお姉さん達ばかり。
そしてその熱狂ぶりもさることながら、郷さんの王子様のような存在感に、
僕とまさはるちゃんはずっと固まったまま最後まで微動だにしませんでした。

当時の郷さんはジャニーズで、今でいうジャニーズJrをたくさん従えていました。
裾の広がったピンクのパンタロンと、袖も広がった衣装で、「花とみつばち」を
歌っていたのが印象的でした。


あれから約35年、やや後ろの7列目でしたが偶然同じような角度の席でした。
郷さんが登場するやいなや、女性ばかりの客席は総立ちで歓声の嵐。
もちろんさすがにパンタロンではありませんでしたが、郷さんの
郷ひろみ以外何者でもないルックスと歌声に、ブワーっと当時の感覚が甦りました。


MCで「ジムで柴田理恵さんが忘れたタオルを届けたことがある」って
話をされていて、そのことを柴田さんにメールしたら、
「そーなのジムが同じなの。郷さんは素晴らしい!私より年上なのに!」
って返事が来て、そういえばそうなんだとあらためて感心。
コンサートの後は、即ホテルに戻ってメンテナンス。


やっぱりすげーよ!郷ひろみはいつでもどこでも郷ひろみなんですね。


森大衛も郷さんを見習って書道界の郷ひろみになります!
え!それじゃいつまでも森大衛ってことじゃないって?
まあいいじゃないですか細かいことは。


郷さんもその昔は「カックラキン大放送」に出演されてたし、
先月「めちゃイケ」に出演されてたビデオは永久保存版です!
面白いことは大切です。


そうえいば、10日(日)の夜にお台場のフジテレビに行って、
また「めちゃイケ」のセットに掲げられる書を書いて来ました。


考えてみれば、今井くんとはユーミンのコンサートの打ち上げで
顔を合わせたのが初めてで、その時はお互いの存在を知っている程度
だったのですが、個人的にコンタクトを取るようになったきっかけは
「めちゃイケ」だったんですよ。その話はいずれまた。

| | コメント (1)

2008年8月 7日 (木)

'97「心拳」

独立書人団の準会員になった頃から、生徒の中の数名が
「独立展に応募してみたい」と言うようになった。

実際のところは作品が展示されることを口実にして、
「東京に遊びに行きたい」という邪な考えがきっかけだったのだが、
それでも書き始めるとみんな真剣になり、
森大衛の指導にも熱が入り、深夜3時頃まで
うちのアトリエで書いていく生徒もいた。


当時は、1月の独立展の会期とユーミンの
横浜アリーナでのコンサートが毎年重なっていて、
みんなで上野で展覧会を観た後は新横浜でコンサートを観て、
その後はラーメン博物館や中華街に行くのが恒例だった。


'97の1月も例年通りだった。
森大衛は生徒達よりも1週間早く東京入りし、
まもなくリリースされるユーミンの「Cowgirl Dreamin'」という
アルバムの中の「Cowgirl Blues」というロックナンバーを
ウォークマンで聴きながら、まもなく富山からやってくる
生徒達との恒例のイベントを心待ちにして、
鑑審査の仕事と展示作業のために東京都美術館に通っていた。


それは翌日の開会初日に向けて展示作業をしている最中だった。
新春の書の祭典に全国から多くの書家が集い、あちこちで
「あけましておめでとうございます」という挨拶が聞こえる。
黒田光岳先生からも「おめでとう」と声をかけられたので、
「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」と
丁寧に挨拶をしたところ、「準会員賞だよ」と言われ、
一瞬「ん?」という不可解な顔をしてしまったが、
その「おめでとう」は受賞が決まった報告だと気づき、
「え、えっ!?」とさらに素の返事をしてしまった。


会員に昇格するには、準会員になってから、
少字数、多字数、現代文、かな、臨書などの分野のうち
3分野以上の作品を出品しそれぞれが高評価の
上野の森美術館に展示されなければならない規定になっている。
しかし、そう簡単に方向性の異なる作品で高評価を得られるとは限らない。
1年に1作として3年はかかる。
しかも森大衛はまだ3種類以上の作品は出品していないはず。

「まだ、3分野クリアしてないはずなんですけど」
と黒田先生に答えると、
「準会員賞は作品が良ければ無条件で会員に昇格。
会員推挙は3分野条件での昇格だよ。」
と言って握手の手を差し伸べられた。


「あ、ありがとうございます」


独立書人団は年に数人しか会員に昇格されない。
日展に入選していながら会員には昇格していない人も普通にいる。
それほど厳しいのが独立書人団。


当時、富山に会員は数人しかいなかった。
僕の次に若い会員が21歳上の黒田先生だから最も若い会員の誕生だ。


しかし受賞作の「心拳」は3枚しか書いていなかった。
生徒達の指導中に書いて、「森大衛君はこれにしとくちゃ~」と
軽いノリで終わらせていた。
一応、その数ヶ月前から10kgの減量をし、
身体感覚を研ぎ澄まさせて紙に向かい、
書き上げた瞬間は「決まった!」という感じではあったが、
まさか準会員賞に決まるとは想像もしていなかった。


Shinken


翌日、生徒達が上京して横浜アリーナに向かった。
会員に昇格してもみんな今まで通りのノリだ。
そういうところがうちのメンバーのいいところだ。


コンサートが始まると神殿のような巨大なセットに
「これでもか!」というくらい様々な演出が繰り広げられた。


ライブも佳境に入り、階段型のクレーンが客席の頭上を大きく旋回し、
その先端に立つユーミンが歌う「Cowgirl Blues」。
みんなで精一杯大きく手を振り続ける。

その中の「♪届かない夢など追いかけたりしないわ」という
フレーズに胸が熱くなった。


「そうだ、届かないことはない夢を追いかけて来たんだ。」


そして、ラストナンバーの「CARRY ON」
数作前のアルバムのこの楽曲がラストに来るとは思っておらず、
また目頭が熱くなった。


終演後、生徒のひとりが言った。
「ユーミンのコンサートの高揚感と先生の作品を見た時の感覚に共通のものを感じた」


それは人それぞれの感覚だから作者はなんとも言えない。
しかし、アーティストとして支持する対象があったということは幸せだ。


森大衛はただの歌詞には感動しない。
その言葉とメロディーとサウンドのミラクル的な融合に感動する。

それと同じように、書もその言葉と表現とその裏にある見えない想いが、
奇跡的に重なり合った時に、初めて運命の扉が開かれるのだと思う。


つづく

| | コメント (0)

天才

小学生の森君はバレーの選手になるつもりでした。


中1からバレー部のレギュラーで、
2年からは主将をやっていた森君は、
38℃の熱があっても普通に部活に出ていました。


そして、高校でもバレー部に入りました。


でも、入部1週間で辞めました。


中学でチームメイトだった荒川に「なんで辞めたん?」と
凄く残念そうに聞かれました。
背が高いだけで入部してきた荒川やその他のメンバーに
1からルールや技法を教えたのは森君でしたから。


そんな森君が、なぜたった1週間でバレー部を辞めたのか…


それは…


 それは…


  それは…


   それは…


その春の夕方4時から再放送が始まった「天才バカボン」を観たかったからnote


赤塚不二夫先生のご逝去を悼み,謹んで哀悼の意を表します。

| | コメント (0)

2008年8月 3日 (日)

『2008年度版注目のヒット大賞』

『2008年度版注目のヒット大賞』に選ばれた
「世田谷の仕事」に引き続き、「目黒の仕事」を揮毫しました。


Meguro

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

ヘクサンボ!

僕が教室をやっている旧八尾町では「カメムシ」のことを
「ヘクサンボ!」と呼びます。


旧富山市内の人達はほとんどその呼び名を知りません。
僕もずっと知りませんでした。
市内で育った子供達は「へこきむし」と呼んでいたからです。
ちなみに旧というのは市町村合併で八尾町も富山市になったからです。


ある日、八尾教室に飛び込んできた「カメムシ」を見て、
子供達が「ヘクサンボ!」と叫んだ時には「はあ?」と思い、
しばらくして大人の生徒も「あら、ヘクサンボ!やねぇ」と言っていて、
「こ、これはこの地で普通に呼ばれてる名前なんだ!」
そして「なるほど!」と納得しました。


その名を漢字で表すと「屁臭ん坊」。
まるで「甘えん坊」や「暴れん坊」のようです。
しかも「へこきむし」と「ヘクサンボ!」は同じ文字数なのに
「臭いヤツ!」って意味が加えられている。


なかなかやるじゃん八尾町。
ちなみに八尾町の人は「アメンボ」と同じように
「ヘクサンボ!」を正式名だと思っていたとのこと。


さて、こちらのインターネットラジオをお聴きになると、
超大物女性歌手のあの方が正しいイントネーションで
「ヘクサンボ!」と叫んでいらっしゃるのが聴けます。
放送は8月6日(木)午前11時までです。

| | コメント (3)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »