« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

麗し(2

朝晩めっきり涼しくなって、長袖トレーナーで寝ている森大衛です。
でもなぜか下はまだボクサーパンツです。


ってことは、どーでもよくて、


業者さんにお願いしてあった新しい筆が完成しました。

Hude001


上級者向けの高級羊毛「長鋒 鳳翼」


もう触ってるだけで幸せheart02
アッハーンって気分shine


これを使えばすぐに素晴らしい臨書やお作品が書けますgood


ってのは嘘。


実は、筆はいい物になればなるほど危険なのだよ。


たとえば、美容師さんが使ってるハサミは、
カミソリが2枚重なってるようなものなので、
子供のお道具箱のハサミとは全然違うし、
板前さんが使う包丁もうちの母ちゃんが使うものとは全然違う。


それらと同じようにその道のエキスパートが使うものは、
使い勝手が全然違うのでございますのよ。


そして、この筆から吐き出される墨、紡ぎ出される線は、
えも言われぬ麗しさを醸し出すのでございますよ、奥さん。


「弘法筆を選ばず」と言うけれど、そもそも弘法大師空海は、
筆を吟味して使っていたことが、どんな筆でも適当に使っていた
ように見えたということなのです。


向上心の高い人間は、極めたいと思う気持ちが強くなると同時に、
「いい物を使いたい」「使わねばなるまい」と感じる。


扱いづらいそれを「人に笑われないような筆遣い」で、
「人に笑われないような作品に仕上げねば」と修練するのが、
書の美の探究の道なのでございます。


ハサミや包丁のように筆で怪我をすることはないけれど、
“へなちょこ”なものを発表してしまうことは書家として命取り。
見る人が見れば一目瞭然ですからね。
そもそも筆を作った職人さんや業者さんがそれを見抜きますからね。


ちなみにこちらのお筆は、うちの教室に通う上級者のみへの
ご提供でございますので市販はいたしません。あしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

麗し

将来、娘が生まれたら名前は「まりも」ちゃんにしようsign01
と思っている森大衛です。
上から読んでも下から読んでも「もりまりも」good


で、今井君には「まい」ちゃんがいいよ「いまいまい」happy01
って言ったら却下されましたsweat02


さらに、小俣さんには「まこ」がいい「こまたまこ」happy01
あるいは「たまこ」で「こまたたまこ」happy01
ってのも却下されましたsweat02


ってことは、どーでもよくて。


一昨日昨日と、某番組の収録で自分が書く筆先を超接写されました。
指の真上にカメラがある状態で、ひらがな48文字と短めの文章を。


いや、自分で言うのもなんだけど、「なんと麗しいheart02」。


番組では女優の田野アサミちゃんと一緒でした。


Photo


アサミちゃん、たった2日間で随分上達しましたよgood

| | コメント (1)

2008年9月24日 (水)

乙女の初恋?

先日、柴田理恵さんと加藤晴彦君と共に
富山のローカル番組の収録があり、
先に上がった森大衛は一旦家に帰って
うちの母ちゃんを連れて、
富山空港にお二人を見送りに行きました。


Toshiko_haruhiko


そして次の日、母ちゃんは加藤君出演の
お昼の番組が始まる前から落ち着きがなく、
始まると窓辺で物思いにふける少女のような
後ろ姿でテレビを見つめていましたとさ。


Toshiko


加藤君ありがとうございました!


いつもお世話になってる柴田さんにも感謝です。

Toshiko_sibata


収録した番組の詳細はいずれまた告知しますが、
まずは富山ローカルで放送され、その後
その他の地域で放送される予定です。

| | コメント (3)

2008年9月21日 (日)

「眠れる森は美女?」

「春眠暁を覚えず」というけれど、秋になってもやっぱり眠たがりの森大衛です。
先日もまた教室中に眠ってしまいましたsweat02


ってことは、どーでもよくて、


今日は渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催された、
森公美子さんのコンサート「眠れる森は美女?」を観て来ました。

L001886


実は時間ギリギリまで行けるかどうか分からなかったのですが、
「とりあえず会場まで行ってみようsign03
と、渋谷のアトリエからダッシュして、まずは東急の地下で差し入れを買って、
のし紙の準備をしてもらってる間に3階の窓口でチケットを受け取って、
また地下に戻ってのしを書いて商品を受け取って、また3階に戻って入場。
その所要時間約10分。しっかり開演に間に合いましたgood


コンサートは素晴らしい歌唱力と愉快な演出と話術で凄く楽しかったですよshine
会場には和田アキ子さんも来ていらして抱腹絶倒でしたshine


終演後は楽屋にご挨拶に伺って、さらに元気をもらって来ましたgood
森クミさんは日本のエンターテイメント界には欠かせない存在ですねnote

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

『女性セブン』10/2号

昨日、リンパマッサージってのに初めて行きました。
「凄い有名人が来た!」とちょっとした騒ぎになりました。
スーパーなどでは遠巻きに見られる感じだけど、
狭い空間の場合はみんな親しく話しかけてくるんですよね。
まあ、自分も話す方が間が持つので気は楽なんですけどね。

でも、その後パンツ一丁になったのは恥ずかしかったcoldsweats01

で、結構毒素が溜まっている気がしていたのに、ほとんどないと言われ、
「肌がすごく綺麗なのは素直な心が現れとるんやね」と誉められました。うひscissors

本当はドロドロにドス黒いんですけどねshadow
だって、そうじゃなければ自分自身の作品へのダメ出しができなくなるじゃん。


ってことは、どーでもよくて、


女性セブンが発売になりましたわよ、奥さん。

Cover0836

カラーグラビアって聞いていたけどモノクロでした。


今週は奇遇にも「pen」と「女性セブン」という
全く趣きの違う雑誌に掲載していただきましたが、
それぞれの取材依頼をお引き受けするかどうかは、
スタッフとミーティングを行ないました。


「pen」はの意向は、書道界、美術界において高い評価を得ている方々の紹介。
菊山武士さん、日守菜穂子さん、金子大蔵さん、友葭良一さん。


「女性セブン」の意向は、主にメディアを中心に活動されている人達の紹介。
武田双雲、武田双龍、紫舟。


森大衛本来のスタンスは前者。
しかし世間一般のイメージは後者。

前者は、評価していただいていることへの感謝。
後者は、番組関係者および全国の視聴者の皆さんへの感謝。

どちらが欠けても片手落ちになるのではないかという結論で、
お引き受けすることにしました。


どちらも合わせてご購入sign03くださいませ。

| | コメント (9)

2008年9月17日 (水)

連載「MISTY」2008年10月号

yumingの『満月のフォーチュン』を聴くと元気が出る森大衛です。


さて、MISTY(ミスティ)10月号の作品は、
先月に引き続き『月moon3』です。


Misty_10

A4ワイド判
2008年09月17日 発売
特別定価 650円 (税込)
実業之日本社


“言の葉”は、「月が存在しなかったなら…」
それ以降はご購入の上ご確認ください。

“書”も“言の葉”も先月とは違うテイストです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「pen」10/1号 中吊り広告

去年の9月16日に渋谷のアトリエを契約入居して、翌17日、代々木体育館で
「ユーミンスペクタクルシャングリラ|||」昼公演そして夜の千秋楽も観た森大衛です。
っていうか、横浜2回、名古屋、福岡、代々木15日公演と全部で7回観ました。


ということは、どーでもよくて、

こちらでお知らせした「pen」10/1号の中吊り広告です。

Pen_101


 Go森大衛の『豪』が
 使用されたんですね。
 知りませんでした。

 もちろんOKです。
 ありがとうございます。
 違和感なくマッチしてますねgood

 In_daieimori

 そういえば、この印はこの作品の
 ためだけに彫ったものでした。

| | コメント (2)

2008年9月15日 (月)

9月1日開店

カスピ海ヨーグルトを7年間絶やさず育てて食べている森大衛です。


ってことは、どーでもよくて、


この日記や、この日記や、この日記に登場の
大衆割烹あら川の別館「米清」(こめせい)
富山の海の幸がたいへん美味しくいただけるお店です。


Komesei_main

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

『ひやおろし』9月3日蔵出し!!

薬味のネギは苦手だけどミョウガは大好きな森大衛です。
ってことは、どうでもよくて、


森大衛揮毫の新ラベルになった
山廃仕込 純米吟醸"ひやおろし"

手間暇惜しまず、山廃づくりで丁寧に醸し上げた純米吟醸を、
ひと夏の間低温の貯蔵庫でじっくりと熟成させました。
格別の風味を湛えた"ひやおろし"ならではの芳醇な旨さを
じっくりとお楽しみください。


Photo Hiiyaoroshi

●1.8L/2,730円(税込)
●720ml/1,365円(税込)
梅乃宿酒造株式会社

| | コメント (1) | トラックバック (0)

16日から18日にかけて

小学生の頃の愛読書は『月刊明星』と『月刊平凡』の付録の歌本でしたnote


ってことは、どーでもよくて、
森大衛登場の雑誌が立て続けに出るんですよ、奥さんnote


特集『Pen』10/1号
9月16日発売 特別定価550円(税込)
阪急コミュニケーションズ


連載『MISTY』10月号
9月17日発売 定価690円(税込)
実業之日本社


カラーグラビア『女性セブン』10/2号
9月18日発売 定価350円(税込)
小学館


立ち読みはダメよnote

| | コメント (0)

2008年9月 8日 (月)

AERO BER

最もハマったドラマは「真珠夫人」です。DVDも持ってますgood


ということは、どーでもよくて。

こんにちは。森大衛です。


9月6日(土)に心と体のエクササイズ教室をやってまいりましたよ、奥さん。


ブームが去ってしばらく経ちますが↓こんなものも使いましたですよ。

Img1016367392

言っておきますが↑これを筆代わりにするわけではないですよ。


これで痩せるかどうかは保証しません。
でも、身体感覚は確実によくなります。

お試しあれ。


Img1024177536 Img1024177537

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

「越中八尾おわら風の盆」

今年のおわら風の盆に行って来ました。


以前、歌詞を書いた作品をご紹介したお祭りです。
今年の春の社中展の案内状もおわらの歌詞を書いたものでした。
森大衛は毎週この町で書道教室をやっています。


普段は人口2万人ほどの小さな町が、9月1日からのたった3日間に
10倍以上の観光客で賑わいます。賑わうといっても哀調漂う静かなお祭りです。
そして、その魅力は日本で一番行きたい祭りランキング1位に輝いています。


1日(月)は毎年訪れる大阪からの友人達をご案内。
一度訪れると再び訪れたい魅力があり、通い続けて5年になります。
↓画像は鏡町の階段上から。

Owara2008_01 Owara2008_02
この鏡町支部の「めおと」は最も人気があり、寄り添う場面では拍手が沸き起こります。
もちろん他の支部もその町の特色を生かした踊りと唄を披露しています。


2日(火)は奈良の當麻寺中之坊の住職ご夫妻をご案内しました。
ご夫妻はバスツアーでお越しの為、帰りの集合時間の関係で、
残念ながら10時からの「めおと」はご覧いただけなかったのですが、
8時からの「輪踊り」をご覧いただきました。
「輪踊り」は子供達も加わり、おわらの伝統が受け継がれている様子を
ご覧いただけたのではないかと思います。


ご夫妻を集合場所までお送りした後、鏡町在住の同級生で地方(じかた)の
T邸および鏡町公民館で、地方の人達からの依頼でそれぞれの扇子に
それぞれが一番好きなおわらの歌詞を書きました。


Owara2008_03
「唄の町だよ八尾の町は唄で糸とるオワラ桑も摘む」


Owara2008_04
「岩にかくれた石楠花さえも晴れて咲く日にゃオワラ紅つける」


Owara2008_05
「白金のひかり波立つ海原遠く里は黄金のオワラ稲の波」


Owara2008_06
「あいや可愛やいつ来て見てもたすき投げやるオワラ暇もない」
「たすき投げやる暇あるけれどあなた忘れるオワラ暇がない」


さらに、ん百万円の三味線の板にも
Owara2008_07
「踊り疲れて編笠敷いて草を枕のオワラ盆の月」


どれもとても詩情あふれる素敵な歌詞です。


その後、鏡町支部が、町民ひろばの舞台に立つということで同行し、
皆さんの厚意で普段は見れない舞台の裏からその様子を眺めました。

おわら風の盆」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

お囃子は同級生T氏の声です。舞台で男衆が披露している間に、
裏で女性達が互いの笠を確かめ合う姿に風情を感じました。


さて、今この日記を書いているこの時間は、
彼らが彼ら自身のために踊っている時間です。
今日は雨になってしまったので、
観光客はほとんどいなくなっていることでしょう。
でも、きっと彼らはそれぞれの町の公民館で
名残を惜しみながら踊っているはず。
実はこの時が一番彼らが輝いている時間。
こうして「おわら風の盆」は翌年へと受け継がれていきます。

| | コメント (5)

2008年9月 3日 (水)

ケイコとマナブ(首都圏版)

「ケイコとマナブ(首都圏版)」08/10月号 
(2008年8月25日発売)定価(税込)100円
に、渋谷教室のレポートが掲載されています。


Keiko_manabu

| | コメント (0)

落差日本一!『称名滝』

称名滝(しょうみょうだき)は、
富山県立山町にある落差350mの日本一の滝。


8月31日(日)に県外からの友人達をご案内しました。
上半分がガスで煙っていて残念でしたが、
↓こんな感じです。


そして滝に打たれるご婦人
080901_14040001


そして滝を吸い込むご婦人
080901_13580001

| | コメント (1)

2008年9月 1日 (月)

『豪』&『くもりのちはれ』

8/29(金)から9/3(水)まで、
西武百貨店池袋本店、池袋コミュニティ・カレッジで開催中の
「秋のアート・フェスティバル」に、
『豪』と『くもりのちはれ』を出品しています。
旧作なもんで、お知らせをすっかり忘れててすみませんsweat02


Go
     <紙面サイズ:タテ65cm×ヨコ67cmくらい>


『豪』は画像があったので掲載しますが、
『くもりのちはれ』は画像がないので現地でご覧くださいeye


渋谷教室の方々は今週は休みなのでこの鑑賞が教室代わりです。
来週は原稿用紙2枚分の感想文を提出してくださいgood

ってのは、うっそでーすbleah

| | コメント (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »