« 表札 | トップページ | 女脳 男脳 »

2008年10月23日 (木)

子供たちの書き初めに向けて『ひ』

ZIGGYの「GLORIA」を聴くと、
伊藤咲子さんの「きみ可愛いね」
を思い出す森大衛です。こんにちは。


ってことは、どーでもよくて。


今日は「ひかり」の“ひ”です。
書いてお送りいただいたお母さん曰く、
「悲惨の“ひ”」「卑屈の“ひ”」だそうです。
でも、そこまで自虐的にならなくても…sweat02
Hi_l
確かに“悲愴感”は漂ってますけど…ng
原因は、“い”と同じように2画目が右に下がったからですねdown

これは、幼児向けのテキストでも、大人の“かな”でも
基本中の基本なので、上のようなバランスになっていると、
書き初め大会などの展覧会の審査では、
「右が下がっちゃいましたね残念sweat02」と落選してしまいますsweat01

ってことで、↓このように左右の高さは揃えましょうscissors
Photo

“ためしてガッテン”でも言っていたように、
幼い頃に教わってインプットされる“脳内文字”って大事ですね。

|

« 表札 | トップページ | 女脳 男脳 »

コメント

やっぱり森先生は上手過ぎ。

投稿: ひ | 2009年10月25日 (日) 22時11分

伊藤咲子さんの曲は、初めて聞きましたが
確かにAメロがそっくりでビックリしました(*´艸`)

投稿: 久保田あやこ | 2008年11月 4日 (火) 01時03分

はじめまして

thinkうーん…
ひらがなって改めて奥が深いですね…

「書として」という広い範疇であればもっと自由なものであるということもあるのでしょうけど、「人の手本として見せる書」となると、やっぱり崩さずに基本に忠実なものを…ということでしょうか。

とても勉強になります。

投稿: 加藤洋輝 | 2008年11月 3日 (月) 11時36分

批判や非難というのは実にみっともないものだが、しかしそれでもどうしても誰かを批判したいのならば、せめて正々堂々とやればいいのに。

こんな手の込んだ汚いやり方をするなんて、森氏のほうが卑屈で悲壮感が漂っていると思いますが。

投稿: シメオネ | 2008年11月 3日 (月) 11時18分

批判や非難というのは実にみっともないものだが、しかしそれでもどうしても誰かを批判したいのならば、せめて正々堂々とやればいいのに。

こんな手の込んだ汚いやり方をするなんて、森氏のほうが卑屈で悲壮感が漂っていると思いますが。

投稿: シメオネ | 2008年11月 3日 (月) 11時16分

上の「ひ」は、ひん曲がっちゃってますね(^^;

投稿: へたくそ主婦 | 2008年10月26日 (日) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表札 | トップページ | 女脳 男脳 »