« 女脳 男脳 | トップページ | スゴ過ぎる表札 »

2008年10月26日 (日)

子供たちの書き初めに向けて『る』

渋谷教室には、小学校以来の初心者はもちろん、
大学の書道専攻科を出て教員免許を持っている人や、
中央展で大きな賞を受賞してる人まで来ています。
富山よりも遠いところから通っている人もいます。

でも、全員初回は「三」の練習からやってもらいます。


ってことは、どーでもよくて。


今回は『る』です。
お母さん曰く、“白目をむいた瀕死の白鳥”だそうですng

Ru_l 


大変だsign01早く助けてあげなければsign03


Photo
ジャーンshine救世主イケメン王子登場heart01
最後の回転は上に突き上げてから降りるんですよgood

|

« 女脳 男脳 | トップページ | スゴ過ぎる表札 »

コメント

西区のボギーさんへ


この添削の趣旨は小学生向けの展覧会などで確実に上位入賞するカッコいい書法、漢字楷書と調和する「る」についてです。
最後の締めも漢字から仮名に変化する際の基本としての「突き上げ」を提示しています。
この「突き上げ」が出来なければ将来的に仮名作品を書いてもユルいものになってしまいます。


武田のものは、決して「カッコいい」などと言えるモノではなく、漢字との調和も仮名を彷彿とする香りもないヘボいシロモノ、
こんなもののかたちがよいなど話になりません。
「なんとなくそれふうに書けたかもしれない」程度。
力量のない不安感を感じさせてしまいます。
細くても凛とした確実な精神性を感じさせなければ手本の価値はありません。

投稿: 大衛 | 2012年6月21日 (木) 21時53分

どっちもどっちや、そんな印象ですね。

武田氏の「る」は、単独の文字として見た場合、線が細く、起筆に力が無さ過ぎるのと
二回目の折り返しでは筆がしっかりと止まっていない。さらに、最後「おむすび」の
形はまずまずですが、右上の上がる手前の「止め」がしっかり書いていないし、筆が
ひっくり返っているように見える、このような筆の動きはおかしいですね。最後の止め
が飛び出しているのは勢いのせいかもしれない、武田氏の癖でしょうか。注意が必要で
すね。

森氏の「る」。大変力強い線は良いのですが、裏返しに字全体として力みすぎて、ひら
がなの柔らかさに欠けていますね。漢字ではないので、ひらがなには力強い線の中にも形
としては柔らかさが必要。
「おむすび」の作り方としても、森氏の書法かもし
れませんが、「おむすび」の形としては武田氏の方が良いでしょう。というのは、
「おむすび」を作る最初のまっすぐ上に上がる線で内側の余白と、外の余白を分断して
いるのが問題で、第一印象としての力みすぎを一番感じるところです。
で、それによって文字の中心がずれて、左に傾いて見えるのが構図としてのマイナス点、
いわゆる、「座りの悪い字」になっているのです。

作品展で評価するとしたら、
武田氏の作品:形はよいが力強さに欠ける
森氏の作品 :力強さはあるが構図がおかしい
どちらに主眼を置くかと言うところで判断は分かれるところですが、対象が小学生なら
元気な線の森氏の作品、文字の基本「構図」を主に考えると武田氏の作品という判断です。

投稿: 西区のボギー | 2012年6月21日 (木) 10時56分

despair知ってて添削&UPする訳ないじゃないですか。。。しかも本人がUPしてイイ!って言ってるのに。。。
私は森先生に一票です!!!

投稿: ☆ | 2011年9月21日 (水) 01時12分

いくらなんでもこの字の実力の差は素人でも一目瞭然です。
森先生を批判してる人は、批判された方が他人になりすまして必死に連投されたんでしょうね。同じ内容の繰り返しでバレバレですよ。

投稿: る | 2009年10月25日 (日) 22時23分

さすが達筆王!
どの字の批評も具体的で納得。
息子の宿題の参考になります。
ありがとうございました!

投稿: | 2009年8月28日 (金) 11時12分

武田氏の「る」は収筆がはみ出ている時点で落第。言語道断。

その原因を述べるならば、「ろ」以後の筆意が軟弱な為。
それは角のいびつな筆の割れに見受けられる。
よって突き上げに失敗。回転の山が左寄りとなり、惰性で収筆がだらりと延びた。
またそれが原因で全体の重心も左寄りで不安定である。

森氏のはつらつと健康的な筆意の弾性、回転、構築は合格。

投稿: | 2008年11月 5日 (水) 12時30分

書には心が出ます。

それはアナタも良く分かってるのではと思ってましたが・・・・

双雲氏の書の方が品格がありますよ。

性格って字に出るもんですね・・・・・

王子でもなんでもありません。

逆に悪魔に見えます。

技術云々前に心のあり方が森氏はなってません。

歴史で出来上がった書が全てですか?

私はそうは思いません。

書も進化するんです。


投稿: モジモジ | 2008年11月 5日 (水) 10時40分

器小さいな

投稿: ひい | 2008年11月 3日 (月) 19時11分

ネットのニュースになっているのを見ました。
これからが大変ですね。

批判や批評そのものはあってしかるべきものだと思いますが、
なぜこのような形をとられたのでしょう。
残念です。

投稿: 中島 | 2008年11月 3日 (月) 13時57分

http://www.shopro.co.jp/oha/kakkoiisyo/index.html
武田先生の添削するのは、まずくないですか?

投稿: おはすた見た? | 2008年11月 3日 (月) 13時49分

個人的には森さんの字の方が好きですが、武田双雲さんを
非難するなら実名挙げてちゃんと文句言わないと、森さん
の方が陰険な感じに見えてしまう気が。
正直、森さんのイメージの方が悪いですよ、この件については。

投稿: よっしー | 2008年11月 3日 (月) 12時30分

http://www.cyzo.com/2008/11/post_1139.html


あの~、このような事になっていますがご存知でしたか?
正直、この記事を読んだ私も意味がわかりません。

森さんの企画なのか、「母親」を名乗る悪質な人間の罠なのか・・。

もし森さんの関わり知らぬ所だったら対策したほうが良いですよ

投稿: ネット記事から来ました | 2008年11月 3日 (月) 12時04分

救世主イケメン王子って???

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 11時36分

これって、武田双雲さんの字だったんですね。
びっくり。

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 11時15分

馬鹿なにちゃんねらーみたいなブログじゃないですか
まず精神と教養を磨くべきでは

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 10時59分

瀕死の白鳥とおっしゃっている「る」の方が、私には上手に見えます。

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 10時28分

あなたは酷いです

投稿: おはスタ見てる人 | 2008年11月 3日 (月) 09時50分

あなたは最悪です

投稿: おはスタ見てる人 | 2008年11月 3日 (月) 09時50分

ふむふむ
これが噂の武田双雲の字を批判したブログですか
・笑

投稿: だだっ子 | 2008年11月 3日 (月) 09時39分

http://www.cyzo.com/2008/11/post_1139.html
ニュースから来ますた

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 09時28分

なるほど、安定感があり素晴らしいですねheart04

投稿: ルーチェ | 2008年11月 3日 (月) 09時23分

×早雲

〇双雲

でしたm(. .)m

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 09時23分

この「る」って武田早雲さんの「る」ですよね。
やっぱり森先生の「る」の方が100倍良いですね。

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 09時21分

書は何を持って人を感動させるのかと言われればおそらく人間性。
痛烈すぎでは?(_´Д`)ノ~~
下手は下手なりのよさがあると私は思います。
ただ古典を学ばなくてよいという書家の方がいるのもいただけませんよね(>_<)
私が思うに、メディアが本当のよさを見抜けずに話題性ばかり広がったのかとおもいます。彼の場合。

投稿: 駄筆 | 2008年11月 3日 (月) 09時18分

最悪です

僕は武田双雲さんの文字も素晴らしいと思います

そして人それぞれに芸術性があり、皆良い作品だと思うのです

それを痛烈に批判し、けなし

さらに勝手に掲載するなど外道です

見損ないました

最低です

投稿: おはスタ見てる人 | 2008年11月 3日 (月) 09時07分

最悪です

僕は武田双雲さんの文字も素晴らしいと思います

そして人それぞれに芸術性があり、皆良い作品だと思うのです

それを痛烈に批判し、けなし

さらに勝手に掲載するなど外道です

見損ないました

最低です

投稿: おはスタ見てる人 | 2008年11月 3日 (月) 09時06分

最悪です

僕は武田双雲さんの文字も素晴らしいと思います

そして人それぞれに芸術性があり、皆良い作品だと思うのです

それを痛烈に批判し、けなし

さらに勝手に掲載するなど外道です

見損ないました

最低です

投稿: おはスタ見てる人 | 2008年11月 3日 (月) 09時04分

バッシングは大いに結構ですが、子供をダシにするのはやめて、直接批判したほうがスタイリッシュかな…と思いましたw

投稿: 荒井 | 2008年11月 3日 (月) 08時39分

「る」の最後が外にはみ出すのは論外ですよね!

投稿: 龍哉 | 2008年10月30日 (木) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494755/24760978

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちの書き初めに向けて『る』:

« 女脳 男脳 | トップページ | スゴ過ぎる表札 »