« ただいま錬成会真っ最中 | トップページ | カラダが憶え始めた »

2008年11月 3日 (月)

「あ」「い」「お」「ひ」「る」

今朝11時くらいにのんびり目覚めて、携帯メールを見たら
全国の書家仲間の先生達からメールが来ててビックリ。


富山では“おはスタ”って番組やってないんです。
東京では他局見てるし、そもそもその時間にはまだ起きてない。


てか、メールを送ってきた“たけしママ@小学校教員”って誰?
ものすごい熱意だったんですよ。


確かに赤い線が書いてあるのはおかしいとは思ったから、
本人ではなく「そういう教材があるのかな?」と思ってました。
でも、教材なら正しい例も出てるはずだから、
「わざわざ森大衛が直す必要はないのでは?」と思いつつ、
「森大衛と知り合いって言うだけで子供達が書に真剣に取り組むようになった」
という話を多くの先生達からも聞いているので、
「森大衛が的確に添削披露することでさらにやる気になってくれるかな?」
と思って好意的に掲載しました。


その送られてきたデータが、武田君のものだったとは…


武田君は以前、僕に「教わりたいくらい嫉妬してます!」ってメッセージをくれたんだよね。
彼が「国際賞は数十万円のお金で購入しました」と週刊文春で言っていたことも、
「正直に言っちゃってるよ…」と思いつつ、さほど気にはしていませんでした。
彼がテレビに出演しているのは1度だけ見たことがあって、
「僕が高校の時の書道部メンバーに言ってたことや指導してたことにソックリだ…」と
めちゃ恥ずかしい気持ちになりながらも、観た人達が筆を持つことに興味を持って
もらえることは良いことだと思って見てました。


でもね、ハッキリ言います。
今朝サイトで見た“おはスタ”の字は「本当に武田君?」って思うほどショッキングでした。
「あ」「い」「お」「ひ」「る」以外も、残念なものばかり…
それは全国どこの教員、書道家、習字教室の先生に尋ねられても明らかでしょう。


書写的指導と、書芸術的指導の違いはキッチリはわきまえるべき。
これは明らかに書写的指導でしょ?
もし書芸術的なものを指南しているなら、僕には“かっこわるいっ書”の方が愛おしく感じます。
僕も表現方法として“かっこわるいっ書”的な字を書くことも多々ありますからね。


僕が知らない人のメールを真に受けたのは甘かったのかもしれません。
しかし、指導者として目の前にある誤ったものに的確なアドバイスをするのは使命ですから、
今回あらためて武田君が書いた指導者としてのひらがな自体に対する謝罪はするつもりはありません。
彼が公の場に指導者のお手本として掲載した意図を僕が聞きたいくらいです。


現在までに“日刊サイゾー”という方面からの問い合わせはありません。
“おはスタ”からも何もありません。
“たけしママ”の意図も確認中です。


今回の件はいろんな意味で本当にショッキングでした。


武田君にはこれからも日本が世界に誇る書芸術に
もっと愛を持って取り組んでもらわなければなりません。


今朝からたくさんのコメントが寄せられていますが掲載はしません。あしからず。
オフィシャルサイトから武田君本人からメールが届けば快く対応するかもしれませんが。


追記:本日“日刊サイゾー”サイドからはメールが届きました。

|

« ただいま錬成会真っ最中 | トップページ | カラダが憶え始めた »

コメント

当ブログはフォントサイズを変える設定がありません。
至って普通、標準サイズです。
あなたがご覧のPCや端末の設定で調整してください。

投稿: 大衛 | 2011年11月 2日 (水) 23時02分

書道のことは解りませんが・・・

貴方様のブログの記事部分のフォントサイズは小さすぎて読むのに苦痛です。

書道家なら、まず「読みやすさ」を優先させてください。

投稿: | 2011年11月 2日 (水) 21時51分

たまーに論点がズレた書き込みがあるんですよね。


僕だったらあんなみっともない字を
「かっこいい」というキャッチフレーズで
人様の前に晒すことなど決してできません。


本来の意味での謙虚とはそういうことではありませんか?

投稿: 大衛 | 2010年10月 5日 (火) 02時12分

すべて読みましたが…


う~~ん・・・私は武田派。


あの方は、もっともっと謙虚な方です。

投稿: もととお、 | 2010年10月 5日 (火) 01時24分

当コメント欄は、出会い系サイトの書き込みのみ掲載しないことにしていますが、
↓これはそれらのどれよりも低俗な書き込みですね。

ちなみに、よっぽど動揺されたんでしょうね、
同じ内容を3連投されてましたので1つにしておきました。

投稿: 大衛 | 2010年5月14日 (金) 21時22分

直接言えば?

コメントもただの嫉妬の嵐。気持ち悪い。

武田の活躍がそんなに悔しい?


分かったから涙拭けよw

投稿: | 2010年5月14日 (金) 11時57分

真っ当な批評に狼狽えた武田側の自演には心底わろた。

投稿: | 2010年4月23日 (金) 11時02分

これは基本的技術の問題であり、至極真っ当な添削でした。お見事!

投稿: 書道科教諭 | 2010年3月22日 (月) 21時54分

石川九楊先生といえば、
以前、NHKの視点論点で「書は触感の芸術」
という話をされているのを偶然見て、
「なるほど!言い得て妙」と思いました。

投稿: 大衛 | 2010年3月21日 (日) 23時53分

プロの表現者の作品である以上,一度世に出ればあらゆる批判に晒されるのは当然かと思います.また,健全に批判しあえる土壌が芸術・学術・文化の発展には不可欠だと思います.今回の森さんのご対応は,そうした厳しさを踏まえてのものとお見受けし,その潔さにいたく感銘しております.

過去のコメントでは,「社会人として最低」だとか「認め合いが人の成長につながる」などの批判もありましたが,そちら方が最近のゆとり教育にどっぷり甘やかされた子供のような意見だと感じます.

#最近,石川九楊先生の本に出会い,書に関心を持って検索した所,たまたま森先生のブログに巡り合いました.今後ともご活躍を期待しております.

投稿: 一科学者 | 2010年3月21日 (日) 01時37分

森先生は今日の読売新聞をご覧になりましたか?
小中高生書き初めコンクールの優秀作品が多数掲載されています。
武田双雲がいかにヘタかがわかりますよ。

投稿: カガミモチ | 2010年1月 6日 (水) 14時03分

うちの学校の生徒達も断然森先生の方がかっこいいと言っていますよ。

投稿: サンタ | 2009年12月21日 (月) 15時52分

森さんの素晴らしいところは、しっかり具体例を提示されているところです。なるほどと深く感心しました。

投稿: ミドリ | 2009年11月20日 (金) 02時02分

武田双雲氏がまたやらかしてくれました。雑誌『ディスカバージャパン』の「酒」特集の題字です。下手なのは置いといて完全な誤字。コレじゃ「洒落」の洒ですね。また添削してさし上げて下さい。

投稿: 安保否 | 2009年11月10日 (火) 21時35分

おはスタで漢字が始まってるのご存じですか?
漢字も呆れてしまうほど酷いですよ。

投稿: 漢字 | 2009年10月25日 (日) 22時29分

ttp://www.excite.co.jp/News/society/20081103/Cyzo_200811_post_1139.html

投稿: hu | 2009年8月13日 (木) 19時26分

確かに・・・

指導になるとまた話が変わってきますよね・・・

しっかりした事を教える時に違う事を教えてたら、それは違う話になってきますね・・・

分かりやすくレスありがとうございました。

あとその人のオーラってゆうのを見たときに、「そうゆう視点で認めあう人もいるんだな」って思いました♪

ありがとうございました♪

よかったら今度、俺の作品にも添削してください♪笑

投稿: 書道家・朝倉芳州 | 2009年2月 5日 (木) 17時11分

論点がブレないように話しますね。


森大衛は自由も遊びも面白いことも大好きですし、
自分の尺度を越えた素晴らしいものは素直に絶賛します。


しかし、教育的指導を目的とした手本があきらかに失敗作では
見ているこっちが罪悪感でいっぱいになります。


人間的指導および芸術的指導が目的の場合は、
「こんな書き方も面白いでしょ?」「ここに気持ちを込めました!」と
あらゆる表情のものを提示すればいいわけです。


情報提供者として最も大切なことは、教育なのか、芸術なのか、
あるいはグレーゾーンのものであっても、その目的がブレないことです。
スイッチをしっかり切り替えることです。


今回のような教育的指導の場合は、揺るぎのない美的構築と筆法を
しっかりした裏付けをもって示すべきですよね。


認め合うことと馴れ合うことは似ているようで異なります。
癒しと慰めも異なります。


うちに来ている生徒達は指摘されることを喜びます。
「悔しい」と言いながら笑っています。
逆に無駄に誉めると疑います。子供の方が鋭いです。
それが本当の意味での人間的、良心的、健康的なあり方ではないでしょうか?

投稿: 大衛 | 2009年2月 5日 (木) 13時13分

以前、書き込みした朝倉です。

俺もまだまだ書道家として、全然未熟者ですが、森大衛さんに恐縮ながら、コメントさせていただきます。

俺自身、あまり双雲さんの書に対しては作品を見た事が無いので、なんともいえませんが・・・

でも、人の書作品に対して、それは無いんじゃないかな?って思います。

言いすぎな気も持っています。

俺自身はまだまだ基本も覚え途中ですし、はっきり言ってまだまだ書道家なんて言えるレベルじゃないですが、自分には師匠がいません。

最初から今まで書に対しては創作意欲で前進してきた身でもございます。

だからこそ俺がいつも心に感じてる想いがあります。

『認め合いが人の成長につながり、認め愛から始まる個性の上昇が成長をつくり、認め合いからのお互いの愛の想いを分かち合う事から、成長は深まる。』

これを心に想い、毎日前進しております。


森さんとは考え方も生きてきた感覚も違うと思います。

でも今回のBLOGを見て、少し尊敬が消えてかけてます。

俺は森さんの作品を見て、この人すげーって本気で思ってました。

でも『すげー』だけで終わる人では無いと信じています。

本当、俺ごときが失礼な事言ってるかもしれませんが、こんな想いを抱いてる人間もいるって事を分かっていただけたら幸いです。

コメントさせていただきありがとうございました。

投稿: 書道家・朝倉芳州 | 2009年2月 5日 (木) 01時19分

森さん、ブログをなさっていたのですね^^
笑っていいとも時代から、森さんの書道を拝見し、ファンでした。

書道を十数年やってきたものとして言わせて頂ければ、、
書道家とパフォーマーは違うということです。

人に書を指導するなら、基本は当たり前、技量も経験も美意識も当然必要です。
書の基本さえ持ち合わせていないパフォーマーが他人様に教える行為は罪。まして、本物を見極める目を持たない純粋な子供に間違った書の在り方を指導してほしくないと心から願います。その子供の感性に大きな影響を与えていまいます。それは一生の問題。

本物の時代だからこそ、本物だけが残るでしょう。
森さんは本物の書道家だと私は思っています。

これからもご活躍をお祈りしております!!

投稿: SINN | 2009年1月 7日 (水) 01時57分

誰の字であろうと間違った字を間違いときちんと指摘することは書道の先生として当然だと思います。
判明後の森先生の対応も正しいもので、謝罪や評価の変更は曲学阿世になります。

今回の件を確信犯で心無い、とか憶測で森先生を批判する方がおられますが、
例え確信犯であろうが子供に良くない字を教えるのを擁護したり野放しにしているほうが心無いと思います。
子供のお習字には基本しかありません。練習あるのみ。

投稿: 温泉 | 2008年11月 9日 (日) 00時36分

批判するというのは健全な精神だということがワカラン奴等が多いな。メディアに出る以上駄目なものは叩かれる。
当たり前のことだろ。
叩いたのは森氏一人ではない。数え切れぬほど多くの人間が武田を叩いている。今回の事は森氏がメディア側の人間であったために大きく報道されたというだけだ。
もう一度言うが駄目なものを批判するのは当然のことだ。
卑怯でもなんでもない。正しい精神だ。
森氏もこれからは、確信犯として武田を批判すべき。猪口才な小細工をするな。

投稿: とわるく | 2008年11月 8日 (土) 00時03分

ここで、武田を擁護する書き込みを続けている人、、
リモートホストってご存知ですか?

投稿: | 2008年11月 5日 (水) 17時25分

自分は今回のブログの反論は武田さんの知り合いである森さんだから書けたのであり、私達外野が口を挟むことではないと思います。今回の件は悪意ある第三者が悪いと思います。色々と酷いことを言われると思いますが、気にしないで頑張ってください。特に中身のない批判をしている人はどうせ面白半分なんでしょうから。

投稿: moruda | 2008年11月 5日 (水) 16時43分

森さんはいいとも、武田さんは世界一受けたい授業で見てましたが、
僕の感じでは
森大衛…野村萬斎
武田双雲…和泉元彌

みたいなもんかなぁ…と思ってました
的外れでしたらすいませんsweat01

投稿: おジャ課長 | 2008年11月 5日 (水) 13時09分

こんにちは。
今回の件、なんといいますか…本当に残念ですね。
森先生はお気になさることはないと思いますよ。
安直な考えなのかもしれませんが、森先生は普通のお母さんが書かれたものだと思ったわけですし、悪いとは思いません。
早く全てが明らかになることを祈っております。

投稿: ゆか | 2008年11月 4日 (火) 17時13分

心中お察し致します。穏やかならぬお気持ちであろうかと 
しかし 先生の清らかで美しいひらがなは、仕事中何度も見て、力をいただきました。
よい機を与えていただいたと感謝しております。
美しい文字には 力があり 一文字の持つ力に 生きる力をいただくこともあるのです。

投稿: | 2008年11月 4日 (火) 12時39分

色々と大変な話題にまでなってネットって‥凄いですねsweat01きっともぅすぐほとぼりも冷めますねdelicious相変わらず森先生の物腰柔らかい感じの話方がとっても懐かしく、このニュースをきっかけにブログ見つけてコメント出来た事に感謝しつつ‥これからも森先生らしくそのままで頑張って下さいshine 応援してますdelicious

投稿: らんる | 2008年11月 4日 (火) 03時28分

んー それだけの疑問点のある中で、確認もとらずに掲載しといて上から目線ってどうかと思いますよ。
人の作品を勝手に載せて、勝手に評価して、相手に何もアクションかけずに
『自分は悪くない』ってことだけ表明する。

それこそ かっこわるいですよ。

投稿: 岡田 | 2008年11月 4日 (火) 03時26分

色々と大変な話題にまでなってネットって‥凄いですねsweat01きっともぅすぐほとぼりも冷めますねdelicious相変わらず森先生の物腰柔らかい感じの話方がとっても懐かしく、このニュースをきっかけにブログ見つけてコメント出来た事に感謝しつつ‥これからも森先生らしくそのままで頑張って下さいshine 応援してますdelicious

投稿: らんる | 2008年11月 4日 (火) 03時23分

僕は今回の件よりも武田氏が金で買った国際賞の方が問題ありだと思います!

投稿: 龍哉 | 2008年11月 4日 (火) 03時07分

はじめまして。ブログを拝見しました。知らなかったとはいえ他人の書を勝手に添削しブログにのせ中傷のような文まで載せたあげく謝罪もなしなんて社会人・大人として最低だと思います。

人に書道を教える立場としてありえないと思います。ましてメディアにも出ているならなおさら気をつけるべきではないでしょうか。

どんな理由があろうと真実だろうとブログでこのように書くのはいかがなものかと思います。

いくつか見た中で池袋コミュニティカレッジのこともひどい受け答えだろうが対応でどんなに腹が立ってもブログに書くなんて大人のやるべきことではないと思います。

愛讐のロメラの俳優さんのことも自分がいいともにでたからみたいなことも良くないと思います。そんな人とは連絡を取りたくなくなるのも分かる気がします。

テレビで拝見して書が素敵ですごいと思いますが今回このようなブログで人としては最低だと思いました。
私は別に双雲さんファンではないし書道家でもありませんが子供達がこのような方がテレビに出て目にするのが教育としてどうなのかと不安に思います。

双雲さんが支持されるのは名指しで人を中傷しないからなのではないでしょうか?

失礼と思いましたがコメント送らせて頂きます。
大勢の中にはこんな意見もあるのかと思って頂ければ幸いです。

投稿: | 2008年11月 4日 (火) 02時43分

某ニュースで知りました。

先月、若手芸術家集団が広島に「ピカッ」と言う飛行機の噴煙で落書きをして「芸術的目的だった」と言っているけれど、被爆者団体から講義されて簡単に謝罪されてガッカリしました。

自分のしている行動に対して筋が通っていると言うか…
森大衛さんの対応の潔さに真の芸術家らしさを感じました。

これからも頑張って下さい。
応援しています!

投稿: Miki | 2008年11月 4日 (火) 01時24分

送られた字は本当に武田さんのもので間違いないんでしょうか?
あと、いくら字が汚くても、悲壮感が漂っているだなんていう言い方はいくらなんでも相手を馬鹿にし過ぎているように感じられなくもないです。
私には武田さんのものとされる字も十分綺麗に思います。
あの字よりも綺麗な字を書ける人なら笑って済ませることができる内容かもしれませんが、私みたいな人には「きっと私の字を森さんに見られたら笑われるんだろうな」と思ってしまいます。

投稿: サイゾーから来ましたが… | 2008年11月 4日 (火) 00時46分

心中お察し致します。
心無い輩達に心惑わされることなく
これからのご発展をお祈り致します。

サイゾーの記者とか最低ですね。
やつらの仕業か?
ネット警察に犯人追求してもらうのも手ですが
そもそもその作業させられること自体、不愉快ですね。

私は特に貴方のファンという訳ではないのですが
一人の人間として、応援させていただきます!!

投稿: | 2008年11月 4日 (火) 00時26分

え?確信犯ですか?
武田さんの書と知っててやってたりして・・・。
書のテクニックはあるのかもしれませんが、心が無いですね。
この事を武田さんが知ったらどんな気持ちになるでしょうね。
自分は被害者と言いたいようですが、この文章からだと、武田さん批判にしか見えないです。

投稿: このニュースで初めて森さんを知りました。 | 2008年11月 4日 (火) 00時24分

素晴らしい対応だと思います。
これからもたくさんの書を楽しみにしています。
私もお正月に向けさらに書頑張ってます♪
隠れファンより

投稿: chika | 2008年11月 3日 (月) 23時57分

 こんにちは、初めまして。
ニュースを見て森さんのブログがあると知り、やってきました。

 だいぶ前ですが、アニメの題字を番宣でササッと書かれ
あの字は手書きだったのか!と惚れ込んでしまいました。

 森さんの字は大好きです。またお邪魔させて頂きます。

投稿: muku | 2008年11月 3日 (月) 23時42分

初めまして。
森先生が「いいとも」に出てらっしゃった時から素敵やなぁ思ってファンでした。
mixiニュースで今回の件が載っててブログまで飛んできました。
あのニュースは事実が捻じ曲がって伝えられていると思います。
あんなニュースのせいで森先生が誤解されるんはイヤやなぁっ思いますが、森先生の人柄と作品が真実を語ってゆくので大丈夫ですね。
これからも心と身体を大切に、頑張って下さいね~。(^o^)丿

投稿: ぎん。 | 2008年11月 3日 (月) 21時35分

偉い!!!!大人の対応ですね!!!!
私は所謂2ちゃんねる好きのオタクですが、
森さんのこの記事は大絶賛されること間違いないです。

逃げずに正々堂々とした態度ご立派だと思います。

もしかしたらつまらない悪戯メールをするやつがいるかもしれませんが、
そいつらはただ単に悪戯を楽しんでいるだけなので、
相手しなければそのうち飽きて消えます。(いつまでもやるしつこいやつは居ますが)

素晴らしいご対応だと思います。
ブログの削除とかは逃げたと思われるので絶対しちゃダメです!
頑張って下さい!尊敬しています。

投稿: 樋口 賢治 | 2008年11月 3日 (月) 21時35分

健全な批判精神に心より応援したいと思います。

投稿: 田黄 | 2008年11月 3日 (月) 21時28分

調子に乗ってるから叩かれるんです。
書道は確かにうまいですが、もっと心を磨かれてはどうでしょうか。
書道家としてはいいかもしれませんが、1人の人間としては未熟だし最低だと思います。

投稿: 書道部 | 2008年11月 3日 (月) 21時12分

こんにちは。
かっこいいっ書って何度か見たことがあるのですが
素人目にもかっこよさが分からないものでした。
いいともの先生が出ればいいのにって思ってたくらいです。
添削見て、先生の書が明らかにかっこよかったです。
変な騒ぎにまきこまれてたいへんですね。
有名になればこその出来事ですね。
応援しています。

投稿: いしだ | 2008年11月 3日 (月) 20時49分

素晴らしいご意見だと思いました
これからもその姿勢で全てに全力で頑張ってください

投稿: アシカ | 2008年11月 3日 (月) 20時02分

ミクシーの日記で拝見して、ここに来ました。
私も4歳の頃から書道を習ってきて、今年で17年になります。
でもまだまだ「習字」の域を抜けていません。
数年前に先生が変わって、やっと芸術としての書道にも足を踏み入れられたかなという感じです。
少し最近サボっていたので、また再開したいと思います。惚れ惚れするような作品ばかりですね。
私もこんな風に人を感動させられるような作品を作れるようになりたいものです。

投稿: 舞 | 2008年11月 3日 (月) 19時36分

人を批判するなら、こんな方法は卑劣極まりない。それも直球では無く、他の人が陥れた風な方法で。

森氏の神経を疑うと共に、貴方の関わるもの(テレビ・書)は一切見ず、買う事も無いでしょう。

人として恥ずべき行為そのものだ!

投稿: 一般市民 | 2008年11月 3日 (月) 19時32分

わかります。
私も書道をやっているのですが、武田さんの字はテレビや広告などで見るたびに「えっ…?」と思ってました。
芸術として下手に書くのとは違う風に見えました。

今回のことでちょっとすっきりしました。

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 19時16分

あんたが一番「残念」だ

投稿: | 2008年11月 3日 (月) 17時33分

初めまして。お恥ずかしながら、メールを見て初めてこのブログの存在を知りました。

子どもができて以来すっかり書からは遠ざかっていて、いつかまた勉強を再開したいなと思っているところに、「いいとも」で森先生の指導を拝見し、その指導内容に、これほど基本をマスターした書家もめったにいないだろうと尊敬しております。

さて、ニュースになった添削の内容を私も拝見させていただきましたが、素人に限りなく近い私でさえ、武田先生の、書家の「手本」として示す字ではないと思いました。何かの間違いだと思います。たけしママさんもその字を納得できずに森先生に託したのかもしれません。

今回の件が早急に丸く治まる事を切に願っております。

投稿: 昔の昔 | 2008年11月 3日 (月) 17時06分

武田さんの文字は全く上手でないので好きではありません。以前、テレビで武田さんが、書道を始めたばかりの小学生に基礎を教える事なく、(武田さんのように)自由に書かせているのに呆れました。
基本がなってこそ、文字に芸術性を持たせても素晴らしい作品ができるのだと思います。
彼の作風は外人が興味津々に筆を使っているのと変わりありません。

今回、森さんはご存知なかったとの事ですし、全く非はないと思います。迷惑な方(メールを送ってきた)に捕まったと不運に思われるだけで良いのではないでしょうか。

これからも頑張ってください。
応援しています。

コメントは非公開にしてくださって結構です。応援のメッセージを送りたかっただけですので。

投稿: 伊東 | 2008年11月 3日 (月) 16時57分

森さん…もっとハッキリと言ってください。言うなら今です。

世間の反応の大半は、森先生=お習字。双雲さん=芸術。だと思っています。
芸術文字を書く双雲さんは習字として添削されてもしょうがないと…。

このままじゃ、本当に美意識や書芸術の概念が崩壊しますよ…。

投稿: 匿名 | 2008年11月 3日 (月) 16時54分

私は書道のプロではありませんが、書道歴は長く、また書が好きなので色々な作品を見に行くのが趣味です。
色々な作品を見てきたので、目は多少肥えてきたのかな?と手前味噌ながら思っていますが、そんな私が数年前からびっくりしているのが武田双雲氏です。
申し訳ないけれど、最初見たときものすごい下手な(正直、基本をちゃんと勉強していますか?と思ってしまいました)のでびっくりしたのです。
ここ数年のメディアでの扱いぶりは異常に感じます。本当にこれでいいの!?と。メディア側が審美眼を持っていないのと、彼がメディアへの売り込みが上手なのと、両方だと思います。
色々な人の書を見てきて、彼には「書家」を名乗ってほしくないとすら思ってきました。名乗るなら「パフォーマー」ぐらいにしてほしいです。ずっと、そんな思いを抱き続けてきたので、森さんにが今回指摘なさって、ほんのちょっとだけ苦い思いが取れました。武田さんに個人的な恨みはまったくありませんが、武田さんの「作品」が「プロの書道家の書です」と出回るのに耐えられないのです・・・。

投稿: aki | 2008年11月 3日 (月) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494755/24983372

この記事へのトラックバック一覧です: 「あ」「い」「お」「ひ」「る」:

« ただいま錬成会真っ最中 | トップページ | カラダが憶え始めた »