« 「北極星」と「白虎」と「青龍」 | トップページ | 彫りました »

2008年11月21日 (金)

四時間

先日の富山教室での出来事です。
4時過ぎに来た小四の男子生徒が8時半まで残っていました。


「上手く書けん、全然上手く書けんsign01」と言いながら、
8時過ぎまで1枚も見せに来ることなく書いていたのです。
いつもは1時間もしないうちに「疲れたから見逃してdespair」って言うのに。


途中、お母さんが迎えに来たけど、
本人が「まだ仕上がらんからsign03」と言って、
お母さんには一旦家に帰ってもらって、
終ったらまた迎えに来てもらうことにしていました。


7時からは別の部屋での大人の時間だったけど、
「そっちに行くdash」と言うので大人に混じって書いていました。
座席が空いていたからよかったけどsweat02


結局、8時過ぎに初めて見せに来たものと、
その後に書いたもの2枚で合格にしたのですが、
(うちの教室は2枚取っておいて良い方を提出していく)
それが超上手く書けていたかというと、そこそこって感じでした。


コンクールに出品する作品でもなければ、
次回も同じ課題を書くことになっているのに、
何が彼をそんなに燃えさせたのでしょうsign02


それは、子供は小四〜小五あたりからものを見る目が鋭くなりますeye
大人が「上手に書けたねshine」とおだてても見抜いてしまいますdown
普段はある程度で妥協するわけですが、
この日の彼は彼自身もなぜか解らない、誰にも譲れない
こだわりモードのスイッチが入ってしまったのでしょうflair


次回はこれまでみたいにすぐに「見逃してsad」って言うかもしれませんが、
そうやって徐々に子供は大人になっていきます。


いや、こういう状態の時は大人よりも大人かもしれませんね。

|

« 「北極星」と「白虎」と「青龍」 | トップページ | 彫りました »

コメント

某テレビ局のお偉いさんに教えてもらったことを言いましょう。


「どれだけ凄いように演出したところで視聴者は見抜きますから、
先生に決めさせていただいたのは先生の実力を見極めた上でのことです。」
「ですから、旅費も宿泊費も負担させていただいた上で富山からお越しいただいています。」
「先生に出演していただいたことで、先生の書家生命にご迷惑をかけるようなことがあってはなりません。」
「森先生の出演のされ方はもっともベストです。」


とてもありがたいことだと思っています。

投稿: 大衛 | 2008年11月25日 (火) 02時46分

こちらでコメントするべきことではないかと思いますが、他に吐き出すところがありません。
書道を愛するひとりとして、このモヤモヤを誰かに聞いていただきたいのです。

先日テレビに東宮たくみという若い書道家が出ていました。
全く知らない方でしたが、書道のコーナーだったので手を止めて観ていたのですが、あまりの下手さにがっかりしました。
途中から見たので「一体あれはなんだったんだ?本当に書道家?」と思い、東宮氏のHPを検索して見てみたんです。
そこで恥ずかしげもなく「お手本」として掲載されている悪筆を見て吐き気がしました。
本当に気分が悪くなったんです。
その一部です。http://homepage2.nifty.com/tohgutakumi/hiragana-2.html

どうしてこういう方がメディアに出て活躍されるのでしょうか?
単に私の好き嫌いの問題ではないと思います。
誰が見ても「ヘタ」だと思うんです。
先日の武田氏のひらがな以上にショックでした。
世の中には本当にしっかりとした技術と知識を持った先生がたくさんおられるというのに、一体なぜ?
こういったものが「上手い字」「プロの字」として世に出ることが恥ずかしくて仕方ありません。
こういった書道界の現状はどうにもならないものなのでしょうか。
「若くて人当たりがよく見た目も悪くない風貌」という理由で起用されているとしか思えないのです・・・。
若くてイケメン書道家の活躍で若い方たちが書道に興味を持たれるのはきっかけのひとつとして良いと思いますが、実力が伴っていない「自称書道家」には辟易します。
真面目に書道に取り組んでいる者として悲しくなります・・・

こちらには不適切なコメントであったとお詫びいたします。

投稿: 多紀 | 2008年11月25日 (火) 02時05分

私も小学で教室に通ってた時、先生の誉め言葉も
「そうでもないかも・・」と考えてた頃が
あったのを思い出しましたthink
子供センサー使ってたんだなぁ。
 
今では、書けてないの自分なりにわかるから、
先生にはおそるおそる持ってきます・・bearing

いつか、書道教室開きたいと思うので、
参考になりましたhappy02

投稿: ちはる | 2008年11月23日 (日) 19時06分

私の甥っ子も小学一年と二年で、まだまだ子供なんですが、既に自分と言うモノを意外と大人が思うよりもしっかりと持って居て、驚かされますsweat01子供だから‥とか子供だし‥って接してると私よりも大人びた発言したりdelicious子供って不思議な力を未知数に持ってて急に、その力を出したりすると圧倒されますねshine

投稿: らんる | 2008年11月22日 (土) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494755/25542524

この記事へのトラックバック一覧です: 四時間:

« 「北極星」と「白虎」と「青龍」 | トップページ | 彫りました »