« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

いよいよ大晦日

時の経つのは早いもので、2008年最後の日になりましたね。


昨年11月に渋谷にアトリエを構え、
富山ー東京間を往復するようになって1年とちょっと。


元来、筆不精な森大衛ですが、
真剣に書に取り込む人達の熱いまなざしに触発されながら、
今年は今まででの人生で最も多く、
最も真剣に手本を書きまくった年でした。
会話は相変わらずゆるゆるですが。(笑)


おかげさまで楽しく充実した日々を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。


来年も“厳しくゆるゆる”でいきますsign03


それではよいお年をfuji


sign03再度、元旦の宣伝をしておきます。

その他 | | コメント (0)

2008年私的10大NEWS!

<3位>
来年の独立書展に20名が出品。
一気に去年の3倍以上の出品者数になりました。
審査結果はそれぞれには届いてるはずだけど、
まだ半分くらいしか連絡がありませんsweat02
※森大衛は係の仕事をしてたけど、1000点以上もある作品から
 うちの生徒がどうだったかは調べられません。


<2位>
下手なもんは下手downダメなもんはダメdown
なぜあんなものを平気で人前に晒せるのか摩訶不思議。


<1位>
いただき物のリンゴがサラダの中に混じってました。
そのサラダにはスパイシーなドレッシングがかけられていて、
リンゴとは全く合わなかったので、母ちゃんに「これいらない」というと、
母ちゃんは「野菜ものがないのはよくないね」と言ってサラダをさげて、
新たに切ったリンゴにマヨネーズをかけて出してきました。

リンゴ単品ならマヨネーズはいらないと思うんですけどsweat02

それでも文句は言わずにいただいた森大衛。

その約1ヶ月後、文句を言わずにいただいたことに気を良くしたのか、
次は柿にマヨネーズがかかってるsweat02

な、なにを仕出かすんだsign03うちの母ちゃんはsweat01

それでも森大衛は文句を言わずにいただきました。

| | コメント (2)

2008年12月29日 (月)

2008年私的10大NEWS!

<7位>
母ちゃん、加藤晴彦に恋心。


<6位>
11月12月、2ヶ月連続で風邪をひく。
どちらも鼻毛を鏡を見ながら奥の奥まできれいにカットした翌日にひいた。
健康に鼻毛はとても大事と実感。


<5位>
今年も柴田さん久本さんと朝まで飲む。


<4位>
ユーミンから留守電がsign03
メッセージの「ヘクサンボsign03」は着声にしています。
※青木さんの「子供が大嫌いです」は着メール。

| | コメント (0)

2008年私的10大NEWS!

<10位>
飯島愛さんのマンションは渋谷のアトリエの候補にしていた物件でした。
あそこにしていたらご近所付き合いをしていたかも?
テナントビルの最上階に4世帯しかないマンションだったので。
心よりご冥福をお祈りします。


<9位>
富山火曜教室の生徒数名と深夜のファミレスに行き、
豚汁には「じゃがいも」か「さつまいも」か「さといも」かの論議をした。
森大衛はどれも美味しくいただくが「さつまいも」を推奨。

しかし、次の火曜の夜うちの晩飯には「じゃがいも」入りの豚汁が出た。
そして、その翌週の火曜日には「さといも」入りの豚汁が出た。

うちの母ちゃんにそんな話は一言もしていないのに、火曜日は豚汁ってのが凄いsign03
母ちゃんは家政婦のようにファミレスの柱の陰から話を聞いていたのか?
いや、そんなはずはない。毎朝朝起き会に行くので深夜に家から離れた
ファミレスに行くことなど決してない。

そしてなんと、その翌週の火曜日にも豚汁が出た。
いよいよ「さつまいも」入りかsign02
と思ったらそれは「やまいも」入りだったsweat01
ちなみにこの話はまだ母ちゃんにはしていない。


<8位>
レギュラー番組スタートnote しかし自分ではまだ見たことがないsweat02


※ちなみにこれらの数字は優劣があるわけではなく形式的なものです。


つづきはまた明日。

| | コメント (2)

2008年12月28日 (日)

『金』『震』『迷』『信』『変』

『とくダネ!』年末企画「一文字」で綴る2008作品の写メです。
新しい機種に変更したのに前の携帯よりも画質が良くないsweat02


Photo
12月15日(月)放送の『金』
富山の創玄書道会のM先生に
「二画目の渇筆は流石やねgood」と言われた。


Photo_2
12月16日(火)放送の『震』
あめかんむりは、嵯峨天皇の李嶠詩っぽい感じ。
ちなみにこの日の『落』の構築も無意識に嵯峨天皇でした。


Photo_3
12月17日(水)放送の『迷』
褚遂良の雁塔聖教序っぽい感じ。


Photo_4
12月18日(木)放送の『信』
口を小さく書いたのがミソ。
実は仕上がるまで最もたくさん書いた字。


Photo_5
12月19日(金)放送の『変』
光明皇后の楽毅論を当用漢字にした感じ。


どの字も古典そのまんまだと能がないというか、
意識の中にあったものに言葉の意味やイメージを
膨らませて書きましたですよ、奥さん。

| | コメント (1)

2008年12月27日 (土)

子供達の書き初めに向けて(毛筆)

硬筆に引き続き毛筆の手本です。

Photo_3

左は学校の教科書に出ているお手本の「元気な子」
右は森大衛が生徒の道具を使って書いた「元気な子」


教科書のお手本は完璧ですgood
ただ、書き初め大会で上位の賞を受賞するのは右ですsign03


これが正真正銘の“かっこいい”お手本です。
子供達の方がそういうことって鋭く見抜くんですよsweat01


今年も学校の先生がこれをコピーして配ったらしいんですけど、
それじゃうちの生徒以外もかっこよく書いてしまうかもsweat02


でも、その極意はなるほど書道入門全3巻
を読まなければ解らないかもしれないですけどね。

| | コメント (3)

笑っていいとも!増刊号あけおめSP

2009年1月4日朝10:00からの
笑っていいとも!増刊号あけおめSP
森大衛が書いた「賀笑」が展示されますですよ、奥さん。
たぶんオープニングで。


収録日ギリギリの依頼だったので、
渋谷教室の真っ最中に生徒達の目の前で書きました。
(普段は手本以外を書いて見せることは滅多にない)


ちなみに去年の賀笑


今年はまた雰囲気が違いますけど、
『賀笑』な雰囲気は出ておりますのでご覧あそばせshine


Ml_sa3d0008
※今回の『賀笑』の“加”の部分


あと、この『牛』達の中の一頭も展示されます。

大群大群

| | コメント (2)

新春ズームイン!!SUPER2009

元旦朝の新春ズームイン!!SUPER2009

Photo
Photo_2

書道ガールズ甲子園に、森大衛が元祖書道ガールズとして出演しますsign03
バブル青田みたいな感じshine


んなわけねーだろ、おいannoy


審査員として出演しますですよ、奥さん。

| | コメント (2)

独立書展 鑑審査終了!

国立新美術館地階の審査室の入り口

081226_152801

この中で厳正な審査が繰り広げられていたのですのよ、奥さん。


081226_19060001

同じ鑑審査係のメンバーだった青山浩之君石原美歩さん
鑑審査係ってのは、「審査運営係」ってことなので、
我々に媚びても審査結果は変わりません。(笑)
っていうか、審査員に媚びても絶対変わらないけど。


ちなみに、入選までを決めるのが鑑査で、
入賞以上を決めるのが審査です。


結果は、今日か明日くらいに各出品者に通知が届くと思います。


そうえいば、去年の独立書展をタモリさんが観に来てくださったと
当日会場にいた先生方に約一年経ってから聞かされました。

もっと早く教えてよcoldsweats02

| | コメント (0)

2008年12月24日 (水)

第57回「独立書展」鑑審査会スタート!

来年1月7日(水)から19日(月)まで、
六本木の国立新美術館で開催の
財団法人 独立書人団 第57回「独立書展」の
鑑査&審査会が本日からスタートしましたですよ、奥さん。


去年はこんな感じ


<招待券チケット裏面のご案内>
 本団は昭和27年4月に発足して以来57年を重ねます。
毎年1月に開催する本展は、所属会員・準会員及び、
会友・一般公募から厳しい審査をへて入選入賞された作品を加え、
約2400点を展示する本団最大の書展です。
 本団の作品は、古典に立脚して展開した漢字少字数書・
現代文体書・かななどを中心とし、現代感覚を盛り込んだ
造形意欲と情熱に溢れた作品を特色としております。
 どうぞご高覧ください。

| | コメント (3)

2008年12月21日 (日)

連載「MISTY」2009年1月号

MISTY(ミスティ)1月号が発売になりましたですよ、奥さん。


Misty_2008_01


A4ワイド判
2008年12月17日 発売
特別定価 650円 (税込)
雑誌コード 18433-0100


今回の“一文字”は『旭』


そして、次のページにもいろいろとshine
詳細は書店にてお買い求めの上ご覧ください。

| | コメント (4)

2008年12月19日 (金)

あらごし みかん(訂正あり)

001Photo


こちらの人気商品に引き続き「あらごし みかん」が発売になりましたshine
見てるだけで甘酸っぱさが口の中に広がりますわね、奥さん。


と、昨日書いたけれど、
これはまだ発売になっていない“試供品”でしたsweat02
すまぬcoldsweats01
来春発売予定だそうなので、それまでもうしばらくお待ちくだされ。


さて、「つぶつぶたっぷり不思議な食感」って字が
森大衛っぽくなくていいでしょgood

てか、こーゆー下手ウマみたいなのは楽勝なのnote


なので森大衛の教室では、
楽勝なことをわざわざ指導はしませんのであしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

『とくダネ!』年末企画「一文字」で綴る2008

この日のつづき

今週の「とくダネ!」では、
『年末企画「一文字」で綴る2008』として、
森大衛の書が登場していますのよ、奥さん。


15日(月)は『金』
16日(火)は『震』
17日(水)は『迷』

残り2日間は番組を見てのお楽しみnote


<追記>
18日(木)は『信』
19日(金)は『変』
でした。


でも、実は自分ではまだ見てない。
風邪をひいて医者に行ってたりsweat02
信号待ちで追突されて医者に行ってたりsweat02
富山のデッキが壊れて録画できなかったりsweat02


ご心配いただくほどの事ではございませんけどねnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)

子供達の書き初めに向けて(硬筆)

081216_174601
左が学校で配られた小2の硬筆手本。
右が生徒の親に頼まれて森大衛が書いた手本。


どー見ても右が賞に値する仕上がりでしょgood


精神性がどーとか人間性がどーとか、
“ゆるい”こと言わないでね(笑)


子供だって真剣勝負なんですsign03
真剣勝負をどう楽しめるかが大事なのよ、お母さん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

怒濤の週末(3

13日(土)は、夜10時まで渋谷教室。

14日(日)午前からテレビ朝日にて某番組の収録。

001_3
佐渡裕さんとパチリcamera


002
中川俊郎さんとパチりcamera


003
挾間美帆ちゃんとパチリcamera


004
小原孝さんとパチリcamera
でも小原さん「牛」が逆さまですsweat01
っていうか、撮ったうちのスタッフがよく見てなかったのですが…sweat02


そして、この日は青木さやかさんも別の番組の収録でテレ朝にいるsign03
ってことで、楽屋へご挨拶にhappy01
去年のいいとも!大忘年会以来、約1年ぶりの再会でした。
あ、写メをお願いするのは忘れました。
っていうか、昔からのファンなので逆に恐縮してしまうのだよsweat02


そして、タクシーで日本テレビへdash
元旦に出演する某番組のVTR撮りと、キャッチフレーズの揮毫。

Suruzo
※部分


スタッフのHさんが、うちの生徒G(中2)と
ソックリだったのでパチリcamera
001
うちのスタッフも「本当だsign01」と納得。
生徒Gの写メはまたそのうちにアップするかも?

| | コメント (4)

2008年12月15日 (月)

怒濤の週末(2

12日(金)の「とくダネ!」出演後、
すぐに飛行機に乗って富山に戻り、
夕方から金沢星稜大学で講演。

001_2
1時間半喋って。

002_2
色紙作品も書いて。

003_2
全員で記念撮影。


そして富山に戻って、夜行で東京へ…


ホームでは、大阪経由で名古屋から富山に到着した
柴田理恵さんとバッタリsign03
柴田さんは翌日からの富山公演のための帰郷だったのですが、
残念ながら森大衛は東京へ…。ああ残念sad


そして、怒濤の週末(3につづく…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

怒濤の週末(1

12日(金)「とくダネ!」に生出演。
番組視聴者1000人が予想した今年の漢字「落」を揮毫。

001
出演直前。

002
書いています。

003
自己評価は20点sweat02

P2008121200166

そして、この日の午後から清水寺の森貫主が書かれた
今年の漢字は、「変」でした。
「とくダネ!」の予想は外れちゃいましたねsweat02


でも、ニフティのイベントのは見事的中でしたshine


ただ、森大衛が敢えて旧字体の「變」を使ったのは…

20081212nifty

「清水寺の森さんなら旧字体で書かれるんじゃないかな?」
と思ったからなんですが、よく考えてみると、
全国から寄せられた字は当用漢字の「変」なわけだから、
寄せられた書体で書かれたってことなんですよね。
深読みし過ぎましたsweat02


さて、「とくダネ!」では、15日(月)から19日(金)まで
今年を振り返るテーマに沿った漢字が登場しますsign03
11日(木)の深夜にフジテレビで書いて来ましたgood
その中には当用漢字の「変」もあります。
でも、どの日にそれが登場するかは教えなーいsmile
番組を見てのお楽しみshine


004
そんなこんなで老舗の書道用品店「宝研堂」の呉くんと
楽屋でサンドイッチを持ってパチりcamera

当初は「見学に来る?」程度の同行だったのですが、
現場では紙を継いでもらったり、筆を洗ってもらったり、
作品を裏打ちして届けてもらったり、とてもお世話になりました。
ありがとうございました。


そして、怒濤の週末(2へとつづく…

| | コメント (2)

2008年12月10日 (水)

先生と呼ばれるほどの…

久々に書家らしいブログです。

081209_205401

「雪を融かして香茗を煎る」

富山の競書雑誌の半切課題。
八段以上が提出することになっています。
これは師範のW君のために書きました。


「えsign02師範なのに手本をもらうの?」
と思うかもしれませんが、師範になってからが
本当の意味でのスタート。


資格を取ったら生徒を集めて、筆文字の仕事も得て、
作品も売れて、なんて甘い甘いdown

まして書を商売として上手くやってる人と
その作品のクオリティーは全く無関係。


幸い森大衛はそれで生活させていただいているけれど、
「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」という言葉を
肝に銘じて書作に取り組んでおりますですよ、奥さん。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

カラス天狗

こんな格好でも気づかれてしまう森大衛です。

081208_232601Photo


ってことは、どーでもよくて。


081122_154501

これは作品制作用の文鎮です。
軽いけど裏面が滑らなくて使い勝手がいいんですよgood


でも本来の使用目的はこれsweat02

51vnefwftql_sl500_aa280_

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

12月12日(金)出演&講演

先日、独立書人団富山支部の忘年会がありました。
宴もたけなわの頃、トイレに行って帰ってきたら、
別の宴会場にいた人達が「森先生握手してくださーいsign03」と
こっちの宴会場の前で待っていました。


森大衛は思わず「今、ウ◎コしてきたばかりなんだけどsweat01
すると「長いからそうだと思いましたsign03


それでもよかったのねsweat02
待っててくれたのねcoldsweats01
ありがとうsmile


ってことは、どーでもよくて。


12月12日(金)フジテレビ系朝8:00からの「とくダネ!」に出演。

その後16:10からは、石川県の金沢星稜大学にて経済学部学生学会設立記念講演。


そういえば、生徒達に「とくダネ!」の
「朝のヒットスタジオに出るんだよ!」とふざけて言ったら、
ある生徒が「あの“魅せられて”ですかsign02」だと…


おいおいsweat02よくカラオケでは歌うけど持ち歌じゃねーしsweat02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

大群

冬場のカスピ海ヨーグルトの繁殖は気長に待ちますのよ、奥さん。

菌の活動が遅いだけで、ダメになってるわけじゃないから、
ヒーターの横っちょやホットカーペットの上などに置いて、
気が付いたらたまに振ったりしながら気長に待ちましょう。

2,3日経っても平気ですからあきらめてはいけません。
牛乳を腐敗させる菌よりも、カスピ海ヨーグルト菌は強いんです。

固まるのが遅くなって「ダメになってしまった…」と
早合点して捨ててしまう奥さんが多いけれど、
森大衛はその方法で6年以上も絶やさず育て続けてるんですよ。
一時、弱りかけたこともあったけど、
その時は1週間以上かけて復活させました。
今は富山でも渋谷のアトリエでも元気に育ってます。

それでも出来なかったという苦情は受け付けませんけどね。


ってことは、どーでもよくて。
(前置きが長いsweat02

画像は、2009年の干支の「牛」たち。

大群大群

| | コメント (3)

2008年12月 3日 (水)

30分

去年はこんな感じだった
独立書展の鑑賞会&懇親会の参加人数が、
今年は凄い人数になりそうでありがたいけれど、
広い会場なのでひとりも迷子にならないように
牧羊犬を飼いたい森大衛です。


ってのはウソですcoldsweats01


さて、この日の少年は今週は30分もしないうちに帰りましたdash
硬筆だったってのもあるけど、やっぱりそんなもんですscissors


先日、携帯を機種変しました。
そして一番最初にダウンロードしたのはこの着声bleah

| | コメント (1)

2008年12月 2日 (火)

カラスの濡れ羽色

先日のNHK教育「美の壺」に出演された貞政少登先生が、
美しい墨色を「女性の濡れた黒髪、カラスの濡れ羽色」
と言っておられましたわね。
でしょ、奥さん。


ちなみに墨色は墨の種類はもちろん、
硯、紙、筆、水、そして筆触でも変わるんですよ。


ところで、カラスといえば。


渋谷のカラスはイケメンなんですよ。
毎週早朝に富山渋谷双方のカラスを見てるけど、
渋谷のカラスは艶やかでカラダもマッチョ。顔つきも精悍で、
「富山とは種類が違うんじゃね?」と思うくらい。
センター街でいいゴミ食ってるんだろうね。

富山のカラスはハトみたいに駅前のアスファルトを
ついばんでるけど、そこには何が落ちてるんだろ?
誰も豆とか捲いてないけど?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »