« 怒濤の週末(3 | トップページ | 『とくダネ!』年末企画「一文字」で綴る2008 »

2008年12月17日 (水)

子供達の書き初めに向けて(硬筆)

081216_174601
左が学校で配られた小2の硬筆手本。
右が生徒の親に頼まれて森大衛が書いた手本。


どー見ても右が賞に値する仕上がりでしょgood


精神性がどーとか人間性がどーとか、
“ゆるい”こと言わないでね(笑)


子供だって真剣勝負なんですsign03
真剣勝負をどう楽しめるかが大事なのよ、お母さん。

|

« 怒濤の週末(3 | トップページ | 『とくダネ!』年末企画「一文字」で綴る2008 »

コメント

森さんの字はやっぱりイケてます。(*^ー゚)bグッジョブ!!
それにしても武田双雲の字を添削された時には批判が湧いて、
どこの誰かはわからない字には批判がないのはなぜですかね?( ´艸`)プププ

投稿: 書道部 | 2008年12月20日 (土) 03時10分

はじめまして。私も小学生の子を持つ母です。
いつもブログを楽しみにしております。森さんには硬派な内容でガンガン押してほしいと思っています(^^)。

さて、学校で使うお手本、地域の書家の方が手がけられるといいなぁと切に思います。もちろん有料で。
学校の先生も決して下手ではないのですが、プロの字に触れることは子供たちにとってもよい経験だし、
学校に地域の人が関わることも大切だと思うからです。

投稿: けやき | 2008年12月17日 (水) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494755/26255949

この記事へのトラックバック一覧です: 子供達の書き初めに向けて(硬筆):

« 怒濤の週末(3 | トップページ | 『とくダネ!』年末企画「一文字」で綴る2008 »