« 「震」 | トップページ | 30分 »

2008年12月 2日 (火)

カラスの濡れ羽色

先日のNHK教育「美の壺」に出演された貞政少登先生が、
美しい墨色を「女性の濡れた黒髪、カラスの濡れ羽色」
と言っておられましたわね。
でしょ、奥さん。


ちなみに墨色は墨の種類はもちろん、
硯、紙、筆、水、そして筆触でも変わるんですよ。


ところで、カラスといえば。


渋谷のカラスはイケメンなんですよ。
毎週早朝に富山渋谷双方のカラスを見てるけど、
渋谷のカラスは艶やかでカラダもマッチョ。顔つきも精悍で、
「富山とは種類が違うんじゃね?」と思うくらい。
センター街でいいゴミ食ってるんだろうね。

富山のカラスはハトみたいに駅前のアスファルトを
ついばんでるけど、そこには何が落ちてるんだろ?
誰も豆とか捲いてないけど?

|

« 「震」 | トップページ | 30分 »

コメント

なるほどsign03同じカラスでも種類が違う可能性大ですね。

柴犬と秋田犬みたいな感じかも

ちなみに渋谷のカラスの羽はよーく見ると瑠璃色に輝いていますshine

投稿: 大衛 | 2008年12月 4日 (木) 13時13分

都会でよく見られる
筋肉質でくちばしの太い烏は嘴太鴉(ハシブトガラス)で、
http://www.ts-pw.com/birdbook/birds/hashibutogarasu.html
スマートでかわいいのが嘴細鴉(ハシボソガラス)
じゃないかと思いまーす。
http://d.hatena.ne.jp/Tpong/20071021/p1

私は都会の烏にはダーティーなイメージを持っていましたが
それがなるほど、カッコイイ気もしてきましたcatface

投稿: うおやん | 2008年12月 4日 (木) 00時19分

田舎でよくゴミ袋の被害に合いsweat01カラスのイメージがあまりよくないのですが‥でもたまに本当にスマートで格好いいカラスを見てビックリしますshine色の艶も違うし風格も‥あれは都会のカラスだったのカナ

投稿: らんる | 2008年12月 3日 (水) 02時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/494755/25839132

この記事へのトラックバック一覧です: カラスの濡れ羽色:

« 「震」 | トップページ | 30分 »