« 御礼状が届く | トップページ | 連載「MISTY」2009年2月号 »

2009年1月17日 (土)

『礎』

So

今回、独立書展に出品した作品『礎』は、
フランスの「モン・サン=ミシェル」にインスピレーションを受けて書きました。


Fipp002

アジア太平洋デジタル雑誌国際会議に出席した際に観た、
プレステ3の映像に感動したことがきっかけです。

現地では見ることができないアングルの映像だったので、
さらに印象が強かったのだと思います。


では、なぜそれが『礎』という文字になったのかというと、
何事にも“基礎”が最も重要という意識が強かったからです。


なんだか最近“基礎基礎”ばかり言って、
「基礎基礎教の教祖」みたいな森大衛ですね(笑)


人によっては「もっと気軽に楽しくやれないの?」
って思う人もいるかもしれないけど、基礎は楽しいよgood
基礎ほど楽しいものはないよnote


基礎を醸造し、新たに昇華させたものこそ、
ゴールドやダイアモンドのようなオーラを放ち、
人間のDNAにインプットされている
潜在的な美意識に働きかけることができる。


それが文字という具体的な意味合いのものであるならば、
さらに深い感銘を与えられる。


書く人は書くための書道神経を磨き、
観る人は観るための書道神経を磨き、
日々の生活を着実に積み重ねていきたいですね。


追記:昨日のお昼に届いた写メ その1 その2

|

« 御礼状が届く | トップページ | 連載「MISTY」2009年2月号 »

コメント

ステキですね。
筆が紙にくらいついてる感じ(?)
うちの部屋に飾りたいです。

投稿: ちはる | 2009年1月19日 (月) 00時14分

たくさんのお弟子さんの入選入賞おめでとうございます。

今年は、2F3Fも拝見しました。
展示作品が多いので、比較的サッと観たのですが、
ふと名前を見ると、先生のお弟子さんの作品ということが
何回かありました。


独立書人団の方は、ほとんど滲んでいない淡墨から
筆跡に負けないくらい濃い滲みのものまで、
様々な墨色の淡墨作品を書かれるのですね。
興味深く拝見しました。

投稿: りん | 2009年1月17日 (土) 22時11分

初めてコメントさせていただきます
(ブログには更新時にはお邪魔させていただき、記事を拝読させていただいております)

昨日(16日)に私も独立本展に行きました。ちょうどお昼前後に!!
そう、「追記 写メ」のその場におりました。同じ部屋に。
お見かけして、きっと森先生の作品を見に来られたんだとすぐに分かりました
私も知人が同じ部屋に展示されていたので、ほぼ同じタイミングで先生の作品の前に!
お二人とも静かなお声で「あ、あったね」みたいなお話をされて
お互い、写真を撮っておられました


独立書人団の方々は、皆素晴らしい方々、作品が多いので
これだけは欠かさず、見に行っております
半年以上先ですが、出来たましたら、選抜展にも見に行きたいと思っています

投稿: 樹 | 2009年1月17日 (土) 17時09分

濃いめの淡墨なのに沈み込まず、分厚く立体的な質感で凄い存在感です!

投稿: イシズエ | 2009年1月17日 (土) 13時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御礼状が届く | トップページ | 連載「MISTY」2009年2月号 »