« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

うぶなのさ。

note噂を信じちゃいけないよ、私の心はうぶなのさnote


うぶな人が「なのさ」って言うところがイカしてるのさshine


ってことはどーでもよいのさ。


髭だけが剛毛の森大衛なのさ。
髪の毛の伸びも早くて、前髪は自分で切ることもあるなのさ。


さて、「1週間ぶりに髭の手入れをしようかね」
と鏡を見たら、鼻のヨコで何かが白く光ってたのさ。
「毛布のほこりかな?」と思ったら、
1センチくらいあるうぶ毛だったのさ。

しかもよーく見ると同じ毛穴からもう一本
5ミリくらいのも出てたのさ。
親子うぶ毛なのさ。


思わず写メを撮ろうとチャレンジしてみたが、
画質が悪くて断念したのさ。


で、子供の頃から、たまに気が付くと、
腕に10センチくらいのが伸びてることがあるが、
調べてみたらそいつは3センチくらいだったのさ。

090228_130801


こいつらはどこまで伸びるんだろう?なのさ。

| | コメント (2)

2009年2月26日 (木)

富山名物

富山市の大多屋さんに引き続き、
富山名産のパッケージロゴを書きました。


Ml_hi3600010001_2 Photo


製造販売は富山県魚津市の下田温泉

一、鱒は特殊な製法で〆、厚みもあり鱒の旨みを堪能できます。
一、魚津産コシヒカリに、海洋深層水塩を使用したシャリは旨みが違います。
一、冷蔵庫に保管しても、シャリが硬くならないよう工夫してあります。


鱒の身が5ミリくらいあってボリュームたっぷりsign03
要冷蔵で当日中に食べないといけないので、
地元でしか食べられない貴重な鱒鮨です。

| | コメント (1)

2009年2月22日 (日)

連載「MISTY」2009年3月号

MISTY(ミスティ)3月号が発売されておりますですよ、奥さん。


Misty_03

A4ワイド判
2009年02月17日 発売
定価 650円 (税込)
雑誌コード 18433-0300


今回の“一文字”は『筆』
そして“言の葉”は「筆が紡ぐ言葉たちは…」
続きは書店にてご購入の上お読みください。
立ち読みしても付録はもらえないよ。


さて、一年間を予定していたこの連載が、
4月号からも引き続き続行されることになりました。

そして僕の提案で4月号からは少しリニューアルします。
少し硬派なかんじになるかも?
引き続きヨロシクね。

| | コメント (2)

ドロウジー・シャペロン

観て参りましたよ、昨日男焼肉した方々が出演
ミュージカル「ドロウジー・シャペロン」

Photo


「この役はこの人でなければありえない」という適役でありながら、
さらに一人一人がそう思わせるだけの存在感と演技力を十二分に発揮され、
感心と感動でいっぱいになりました。


終演後、昨日男焼肉した方々と、以前「いいとも!」の特番で
ご一緒した藤原紀香さんにもご挨拶。
充実感で昂揚された笑顔がとても素敵でした。


ご挨拶の後、尾藤さん川平さんと同時に楽屋口から出ると、
出待ちしていたたくさんの人達が「森先生sign03」って
写メを構えて声をかけてくれたけど、
「僕は出てないですからsweat02」(そりゃそーだ)と
言いながらお見送りしました。


090221_175101

090221_201701

皆さんありがとうございました。
残り3公演(富山1公演、大阪2公演)頑張ってください。

| | コメント (1)

2009年2月21日 (土)

男焼肉

この公演をきっかけにお知り合いになった尾藤イサオさんが、
ふたたびこの公演で富山にお越しになり
「肉が食べたい」とのことで、美味しい焼肉屋へご案内しました。


メンバーはなんとsign03
小堺一機さん 川平慈英さん なだぎ武さん 梅垣義明さん 
安倍康律さん(公演サイト表記順)
そして小堺さんのマネージャーさん。


皆さん第一線で活躍されてる方々ばかりshine


梅垣さんはワハハ本舗の公演で柴田理恵さんや久本雅美さんと共に
ご一緒したことがあるけれど、軽くご挨拶する程度だったので、
ほとんど初対面。


ちょっと緊張sweat02


しかし、皆さんとても気さくに話しかけてくださり、
大変楽しい時間を過ごさせていただきましたhappy01


っていうか…


尾藤さんは僕が「いいとも!」に出演していたことをご存知なく、
「書道家の森先生です」と紹介されたところ、
他の皆さんに「達筆王の森先生じゃないですかsign03」と
突っ込まれてたのが可笑しかったcoldsweats01


でも、そういうのがご縁らしいご縁というものですねhappy01

| | コメント (1)

2009年2月20日 (金)

達筆「のし職人」森大衛バージョン

ご存知でした?

達筆「のし職人」森大衛バージョンshine

Noshi_001


データはこんな感じ。

Noshi_002


子供の頃から年賀状や賞状揮毫をやってきた森大衛が、
さらにあらゆる古典の筆法や構築を昇華して、
書写と書道を絶妙に融合した小筆文字。


デパートやショッピングセンター、
個人商店でも大活躍good
発売元のアフターサービスも充実しています。

また細字のお手本としても最適。

ご購入はこちら


でも、Windows仕様なので、
Macユーザーの森大衛は使ったことないのよねsweat02

| | コメント (2)

苗場までの遠い道程

実はね、苗場でのユーミンのコンサートには、
東京から新幹線で行く予定にしていました。

1時間15分くらいの乗車で越後湯沢には到着ですね。


ところが森大衛の乗車時間は…


前夜にチケットを富山に忘れて来たことに気づき、
慌てて夜行に飛び乗り、6時間10分かけて富山に到着。
そして、富山から2時間10分かけて越後湯沢に到着。


合計8時間20分くらいdash


これのために…
090216_060101


でも、ライブではガッツリ盛り上がって、
着ていた服を2枚脱いでTシャツ1枚で
ダンシングsign03&ジャンピングsign03


スッゲー楽しかったgood


そして、外はnoteBLIZZARD(ブリザード)
090216_201301

Ca3a02061
撮影:ziziさん

| | コメント (0)

2009年2月19日 (木)

苗場にて

Sn3d0136_001

おや?湯豆腐の椎茸に何か刻されているぞ?


ズームアップsign03


Sn3d0136_002

松任谷由実さんの「SURF & SNOW in Naeba 2009」
打ち上げ会場で出された湯豆腐です。


ひとつはベーズの田中章弘さんが食されました。

その後、みんな遠慮して冷めていき、出汁が染みて
文字が見えなくなったまま3時間浮かんでいたもうひとつは、
森大衛がありがたく頂戴いたしました。

ごちそうさまでしたcoldsweats01

| | コメント (1)

2009年2月15日 (日)

咲いた

一昨年の渋谷のアトリエ個展の際にいただいた胡蝶蘭がまた咲きました。
ずっと「もうダメかも?何もない鉢を置いておくのはよくないかも?」
と思ってたけど、生徒のOさんが元気になる薬を差してくれたりして復活ですheart01


090214_232501

| | コメント (2)

2009年2月 9日 (月)

『第40回現代女流書100人展』

『第40回現代女流書100人展』を、
渋谷の教室の休み時間に生徒達と一緒に見て来ました。


森大衛は毎日展には出品していないし、
女流でもないけれど(そりゃそーだsweat02)、
全国の仲のいい先生方の作品がたくさんあるので。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【会期】2月5日(木)~11日(水)、午前11時~午後7時(最終日は午後5時まで)
【会場】東京・渋谷の東急百貨店本店7階催物場、同8階工芸ギャラリー
【入場料】600円(高校生以下無料)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とても女性らしい麗しい世界が繰り広げられています。
その中でも池野直美さんのかな作品がとても印象に残りました。

| | コメント (2)

なぜ12000円なのか

昨日は、立川志の輔師匠の「てるてる亭」での
高座を見に行って来ました。


090207_202301


終演後、食事をご一緒させていただきました。
手土産に「鱒の寿し」までいただいて、
いつもお会いするたびによくしていただいて
とても感謝しています。

さて、話は変わりまして。


次のような情報を入手しました。


あの『定額給付金』の金額が、
なぜ12000円と設定されているのか?


10000円でも15000円でもなく、
12000円なのはなぜか。


それの答えは…











窓口で2000円札を配るためらしいですよgood

| | コメント (6)

2009年2月 7日 (土)

92年

またまた発掘してしまいましたよ。

1992年の古い年賀状を。

92


91年の個展
などの写真を写真に撮って作りました。

| | コメント (3)

筆の持ち方

前回のブログで筆の持ち方についてのコメントがあったので、
今日はそのことについてお話しようと思います。


でも、やっぱりやーめたgawk
教室に通ってる人にしか教えないよぉ(笑)


ただひとつ言うとするならば、
筆がどんな力で紙に触れているか、
墨がどんな感じで紙に浸透しているかなどが、
ある程度把握できるようになって、
それを調整できるようになれば、
筆をどんな持ち方に変えても、
筆が大きくても小さくても、
そこそこ書ける人になってることでしょう。


| | コメント (1)

2009年2月 4日 (水)

昨日の出で立ち

090203_193402

090203_194701

| | コメント (5)

2009年2月 3日 (火)

楽しく熱心に(^O^)

先週は渋谷教室を休みにしてしまったので、
今週は教室日を1日増やしました。

すると、二回来たり、時間延長したりする生徒が何人もいて、
その熱心さに感心している森大衛です。


朝10時から夜10時まで休憩ナシで真剣に手本書きまくりですよ。


まあ、それでも会話はゆるゆるだから楽しいんだけどね。


一気に10人ほど増えた新入りさんたちも、
最初はみんな緊張しながら来たかもしれないけど、
きっと楽しかったんじゃないかな?


楽しく上手くなるに越したことはないからね。


でも、おかしくて手が震えてしまった人はごめんなさい。(^_^;)


ただ、それでもめげずに書けるようにこれからも頑張ってください。o(^-^)o

| | コメント (5)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »