« パワーストーン | トップページ | 第19回「鵬翼会・つばさ子供習字展覧会」 »

2009年3月25日 (水)

書線の美

先週の富山教室で書いた
半切1/2の課題手本「暄風」

Ml_hi360023

思わず「手本にしとくのはもったいないsign03
って言いながら激写camera
ちゃんと手本として渡したけどね。


桜の花びらが風に舞ってるような感じでしょcherryblossom

|

« パワーストーン | トップページ | 第19回「鵬翼会・つばさ子供習字展覧会」 »

コメント

この作品は真似しようにも絶対出来ないレベルですsweat02

投稿: akane | 2009年3月28日 (土) 01時12分

うらやましいlovely

このお手本をもらった奴はどこのどいつだ(笑

でも毎週気合の入った素晴らしい臨書のお手本をいただいているので
文句は言えませんがthink

投稿: 生徒 | 2009年3月27日 (金) 14時22分

つい先日、独立展準会員、毎日展会員である友人の自宅兼道場の新築披露式に出席してきました。

相模湖畔の山の中の風光明媚な所です。

270坪の敷地に大きな家。一階には3mの高さの天井の30畳の広さののホールと和室三間続き。

二階には15畳の広さのアトリエと寝室など。

50人以上の出席者がありとても盛大なものでした。

引き出物の酒はもちろん「土佐鶴」手島右卿先生がラベルを書いていらっしゃるんですよね。


その時、友人が話した昔語り。

九州から東京の大学に入学して、九州の師匠から山崎大抱先生の住所を聞き、

弟子になるため自宅兼教場の幡ヶ谷のマンションの一室を訪ねた。

最初に奥さんが出ていらっしゃって、来意を告げると山崎先生がでていらっしゃった。

九州の何某の弟子で○○と申します。是非、教えを賜りたいとお願いすると、

しっかりした紹介状がなければ弟子はとらない。とのこと。

九州の師匠から紹介状を頂いていなかったので、そうですかと引き下がった。

後から弟子の一人が追いかけて来て、どうして簡単に引き下がったんですか、

本当は紹介状なんて要らないんですよ。と教えてくれた。

でも、九州の師匠にしっかりした紹介状を書いて頂いて、晴れて教場に通うことができた。

練成会の時は柿沼翠流さんなんかと一緒にやった。康二さんが出てくる前のこと。

山崎先生に頂いた筆は、筆屋が、今はもう作ることができません。と言った宝物。

とのことでした。長くなってすみません。

御稽古のお休みは残念ですが、富山の書展の成功をお祈りしています。

投稿: 和泉守 | 2009年3月26日 (木) 18時58分

先生の力強い線も好きですが、繊細な線もスゴイな~~~と見入ってしまうほど好きです。

こんな素敵な線に少しでも近づけるよう頑張っていきますので、どうかご指導よろしくお願い致しますm(__)m

投稿: とある生徒 | 2009年3月25日 (水) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パワーストーン | トップページ | 第19回「鵬翼会・つばさ子供習字展覧会」 »