« パークハイアットでアフタヌーンティー | トップページ | 鬼が笑う »

2009年4月16日 (木)

春、そしてスイーツの思い出

15年くらい前に森大衛が考案した、
地元のお菓子屋さんの季節限定菓子「桜重ね」。


当初はロゴを書くだけの話だったのが、
ちょっとした提案からお菓子の内容にも話が及んで、
商品化されたんですよ。


今も販売されてるのかどうかは知らないけれど、
桜餅の生地をクレープとどら焼きの中間くらいに薄くして、
こしあんをクルクル巻いて桜の葉で挟んだお菓子でした。


Photo

|

« パークハイアットでアフタヌーンティー | トップページ | 鬼が笑う »

コメント

こんにちは!いつもシャイボーイがお世話になっています。
先生のブログがあるのをしり、ここにたどり着きました(笑)
桜重ね・・・いまは、もう無くなってしまいましたcrying
美味しかったのに・・・。残念sweat02
あれからもう15年経つんですね。こわっcoldsweats02
ではでは〜winkwinkwink

投稿: たもたも母 | 2009年5月 1日 (金) 19時50分

先生の落款がいつもと違うので昔の作品なんだなと思いますが、
2?才でこの字!

いつになったらこんなほんのり上品な書が書けるようになるのでしようか?

投稿: 生徒 I | 2009年4月16日 (木) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パークハイアットでアフタヌーンティー | トップページ | 鬼が笑う »