« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

ARTな日(3

CSチャンネルSCI FI(サイファイ)チャンネルで、
6月5日(金)pm11:45からスタートする
「石井竜也のART or NOT?」


番組紹介ページより
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
6月5日からサイファイチャンネルで独占放送が決定した
「石井竜也のART or NOT」では、石井竜也さんの視点から
様々なアート作品を取り上げ、その作品が芸術家品かどうかに
ついて語ります。サイファイチャンネルのアイデンティティ
でもある「イマジネーション」をテーマに、視聴者とともに
アートについて考えるというトーク番組です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


このタイトルを森大衛が書いています。

Art_or_not

Artornot

| | コメント (2)

ARTな日(2

夜は青葉台目黒川沿いの「HIGASHIYA」に伺いました。

モダンジャパニーズデザイナー緒方慎一郎さん
プロデュースの和菓子のお店です。


古い一軒家を改装したこのお店は、
目で鼻で舌で、和の小宇宙を体感するお店です。


小窓から差し込む木漏れ日のやさしいプリズム。
桜の時期に2階正面の窓に切り取られた薄紅は、
一枚の日本画を見るようだったことでしょう。


でも、初めて伺った今日が賃貸借契約満了で閉店の日。

午後5時の閉店後、6時からはさよなら会で、
名残を惜しむたくさんの人達に
お菓子やオードブル、お茶やお酒が
すべて無料で提供されました。


090530_195752

090530_195720

090530_192749

| | コメント (0)

ARTな日(1

昨日はマネージャー日記の作品依頼conception
紹介してたお店「conception」にお邪魔しました。


うちの社長とマネージャーは、
先日のオープニングレセプションに伺ってたけど、
僕はようやく伺うことが出来ました。


とても品のあるデザインのポストカードや
食器やタオルなどの生活雑貨、
オーダーのシャツやスーツのお店です。
お店の雰囲気は限りなく透明に近い
白く清らかな風が吹いている感じ。


デザイナーの小渕暁子さんは
大変よろこんでくださり、
記念写真にお応えしましたが…

P2009_0530_141603

外の湿度にヘアーが爆発してしまっていた森大衛sweat01
超ストレートな小渕さんとは対照的なツーショットでした…

| | コメント (0)

2009年5月28日 (木)

俳優:内浦純一

6月1日スタートのフジテレビ・東海テレビの昼ドラ
「夏の秘密」に、後輩の内浦純一が出演ですのよ、奥さんheart01

記者会見の動画

もちろん奥さんでなくてもご覧くださいtv

| | コメント (5)

ネットでは本邦初公開の作品『鷹』

Taka

'91の個展の時に書いたものです。
26歳の時に書いたので、もう20年近く前なんですねsweat02


昨日、たまたま大人の生徒達と臨書の重要性の話になり、
「そういえば、この作品を富山書道会の発表会でも展示したら、
入賞とかがある展覧会じゃないのに、会長の鶴木先生が、
『強い線がいいsign01これは特選だsign03』と言ってくれた。」
ことを思い出しました。

光明皇后の「樂毅論」と空海の「灌頂記」の筆法を
ブレンドするような意識で書いた記憶があります。

その後、鶴木門下の岩田清泉先生に「譲って欲しい」と言われて
手放したので、現在森大衛の手元にはありません。

| | コメント (4)

2009年5月27日 (水)

新聞記事の補足

正確には感情を込めないのではなく、
書いた言葉に頼りきって表現を疎かにしたくないということです。


たとえば、人様の言葉を書いた場合、
作者に失礼のないように表現したいですよね。

その方にへつらうという意味ではなく、
自分の表現力に後ろめたさがあると、
たとえ相手が喜んでくれたとしても、
すっきりしない申し訳ない気持ちになるじゃないですか。
印のカタチや位置ひとつにも細心の注意を図りたい。

まして書家としての立場にふんぞり返るなんて間違ってるし。


そういう意味で、言葉の背景が想起できる技法を
身に付けた人になければならないということです。

| | コメント (3)

北國新聞および富山新聞「遠きにありて」

5月25日(月)北國新聞および富山新聞「遠きにありて」インタビュー記事

Hokkoku_toyama_daiei
※画像をクリックで大きな画面でご覧いただけます。


そしてマネージャー日記が更新されてました。
森はあれこれ字の成り立ちを調べ
間違った記憶の書き換えが起きると気分がいい

| | コメント (1)

2009年5月24日 (日)

白い壁に墨が…

渋谷のアトリエの白い壁に墨を飛ばしてしまったsweat02


と思ったら、「てんとう虫」でした。

090524_124401


都会のど真ん中にもいるんですね。


まあ、↓コイツも1月に近所のパルコで見つけたんだけどsweat01

090112_153701_2

| | コメント (2)

書に育てられている。

「美しいと感じる感性は人それぞれ」と未熟な自分を誤摩化していないかsign02

「誤ったものをオリジナル」と失敗した自分に言い訳していないかsign02

「気持ちが込もっていればダサくてもいい」と自分に嘘をついていないかsign02

そう試行錯誤しながら、もがきながら、筆という偏屈なじゃじゃ馬と格闘する。

時になだめるように時に叱るように、共に歌うように共に闘うように、

自分が書いたものに自分が似つかわしいかを確認しながら。

森大衛はそうやって書に育てられている。


画像は『挑』
Cyou
※「桃」じゃないよsweat02

| | コメント (9)

2009年5月22日 (金)

豚&豚そして豚

今週、伊丹空港から渋谷教室に来た生徒の話。


豚インフルエンザ対策でマスクをして並んでたら、
近くにいたおじさんが食べてた蓬莱の豚まんの匂いに
たまたまくしゃみが出たんだと。
そしたら係員に「熱が出るまで待機してくださいsign01」と足止めをくらって、
「豚まんの匂いでくしゃみが出ただけですsign03」って言っても
「なんですかそれsign02」と相手にしてくれなくて監禁状態。
次の便まで2時間待ちぼうけ。


確かに「なんですかそれsign02」だけど、
豚インフル&豚まん憎し。( ̄・・ ̄)


早く世界規模のこの事態が収束に向かうことを願うばかりです。


画像は、豚インフルエンザとも蓬莱の豚まんとはなんの関係もなく、
単に豚つながりの「桃豚」。
Header_titile

ご紹介はこちら

| | コメント (1)

2009年5月21日 (木)

畫龍點睛

「畫龍點睛」※畫は画の旧字体

Garyou

これは、森くんが高校時代に木簡を基調に書いたものです。


当時は、日展会友、独立書人団富山支部長、
富山大学教授などを歴任された鶴木大寿先生
木簡の書法に憧憬していました。


高校の書道部の先生は全く違う書風の方でしたが、
「僕はこれでいきます!」と書いていました。


そういえば、
鶴木先生については、この日の日記にも書いていましたね。


ちなみに、楷行草の筆順と基本的な結体を知るなら、
鶴木先生その他2名で書かれたこちらの書籍がお薦めです。


さて、


先日の「書道ガールズ甲子園」出場校から、お礼の手紙や、
「ご指導ください!」と臨書作品なども届いています。


この日にも感想を書きましたが、

「この経験を生かして書道を頑張って行きます!」
「臨書の勉強をしっかりやっていきます!」

と書かれた一人一人の直筆の手紙に、遠くても通じ合う気持ちと、
うちの生徒達には全然言ってもらえないような言葉に、
(まあいつも顔を合わせてるとそんなもんだけどsweat02
「全国の書を目指す高校生からこんなに慕われているんだ」と
森大衛の方が感謝の気持ちでいっぱいになっています。


作品に関しては郵送でお返事させていただきますので、
しばらくお待ちください。


そして、

「テレビのスタッフの皆さんの働きぶりに感動しました!」という一文に
「そうそうそうなんですよ!視点が鋭い!」と感心しました。


森大衛は、日本でもっとも過酷な生番組「笑っていいとも!」に
最多出演してきた書道家なので、スタッフ全員の力が結集して
成り立っていることを毎週目の当たりにしてきました。
裏では凄い怒号が飛び交っているのが日常だったりします。
「ズームイン!!SUPER」は、調整室とスタジオが繋がっていて、
怒号が飛び交ってはマイクに入ってしまうのでそんな場面は
ありませんでしたが、全員が本気にならなければ成立しない世界、
それがテレビ。


ということは、出演している人間もそれに応えるものを
提供しなければなりません。
書を披露する人間にとってのそれは、日頃の鍛錬を疎かにしないこと。
そして観客や出演者が「わぁー!」と歓声を上げても、それに酔わないこと。
肝心なところがダメだど全体がダメ、まさしく画竜点睛を欠き、
番組自体の評価を下げてしまうことになりますからね。
見る人が見ればすぐに見抜かれるのが本物の世界です。

| | コメント (8)

2009年5月17日 (日)

掘り出し物

書をやっている人なら「五體字類」という字典はご存知だと思います。
とても重宝な字典です。価格も安いし。


ところが、この字典に掲載されている字は誤字が多いsweat02


書展の審査会で「この作品は誤字ではないか?」と指摘され、
「五體字類にありましたけど!」などと言ったら見識を疑われます。

古典の中にも誤字はたくさんあるので、あくまで参考資料として考え、
誤りのない結体に修正して作品を書くべきなのです。


さて、森大衛は「いいとも!」に通っていた頃、
何かあったら調べられるようにと厚さ10センチ以上もある
ある字典を毎週富山から持って行っていました。


それを渋谷のアトリエでも富山のようにすぐに見られるようにと、
もう一冊購入しようと思ったら、絶版になっていて大ショックsign03
凄く良い字典なのに…


ところが見つけましたよ。古本屋で。
しかも年月によるシミのみで、ほとんど新品shine
そして定価の15000円よりも少し安かったのだgood


090517_185001

090517_185301


他にも欲しい書籍がたくさんあるので、
これから徐々に増やして行こうと思う今日この頃。

| | コメント (1)

Conception

マネージャー日記へどうぞ


携帯でアクセスしてる人にはこうやってお知らせするのがいいんですねgood

でも、森大衛本人がいつ更新されてるのか知らなかったりするから、
タイムラグがあるかもしれないですけどsweat02
実は今回も半日経った今知ったので…

| | コメント (0)

連載「MISTY」2009年6月号

『MISTY』6月号は5月16日発売ですわよ、奥さん。


Misty_2009_06


今回の一文字は“心”。
この書いている手が写っているTシャツに使われているものと同じです。

Mu_2

と思ったら勘違い。写真は“無”でしたsweat02


言の葉はというと、
“気の遠くなるような数え切れないエチュードがやがて麗しいメロディを奏でるように…”

お、今回の紹介は長いぞ。
でもここまでではまだどんな話なのかよくわかりませんねsweat02

なぜ、わざわざ手が写っている“心”を使用したのかは、
ご購入の上ご確認ください。

定期購読はこちら

| | コメント (3)

久々の新宿

今日は新宿のLive Freakへワハハ本舗所属の
「楽珍トリオ」のライブを観に行ってきました。

リーダーの久彌繁くんからお誘いメールをもらったので。

そうそう、このブログを細かくチェックしてる人、
1月の六本木ヒルズでのパーティに出席した人は、
「あの人だsign03」と思うでしょう。
そう、この写真の中にいる人です。

お笑いさんは賢くなければできないですね。
つくづく感心させられて帰ってきました。


そして、久々にアルタ裏の「新華月」へ。

このお店は知人の奥さんの実家で、僕が「笑っていいとも!」に
レギュラー出演していた頃、ほぼ毎週行っていました。
よく友達がこんなふうに集まって宴会をした懐かしい場所です。

22990855_143


今日のご注文はというと、
1168822519_32
090516_213701
当時と全く同じです。


そうそう「いいとも!」でも、
このお店の看板メニュー担々麺の話をしたことがありました。
「私の元気の素」というお題で書いたのがこの『激辛』。

Photo

| | コメント (0)

2009年5月16日 (土)

劇団四季ミュージカル「アンデルセン」

090515_193801

酒井はなちゃん出演の劇団四季ミュージカル
「アンデルセン」を観て来ました。
4月7日から5月30日までの公演期間中、
はなちゃんの出演は、5月12日から17日の公演のみ。
現役でしかも芸術選奨文部科学大臣賞受賞の
バレエダンサーが出演する貴重な公演です。


090516_141701

内容は「みにくいあひるの子」「裸の王様」など、
誰もが知っているアンデルセンの童話がいくつも登場。
そして「人魚姫」はそのまんまバレエ公演。
舞台美術や照明も素晴らしく、大人も子供も楽しめます。
近くの席にいた子供達の笑い声に心が和みました。


公演後の酒井はなちゃんとcamera
舞台では大きく見えるのに、実際はすごく華奢。
ってか、挟んでるふたりの男がデカいのかsweat02
090515_2111010002
右はそうです、元いいとも青年隊のジョン君。
声をかけたら「行きます!」ってことで一緒に観にいきました。
ちなみにジョン君のいとこはブロードウェイで
マンマミーヤの主役をやっているそうです。

| | コメント (2)

2009年5月14日 (木)

紫式部源氏物語展~石山寺の美~

今日は、富山県水墨美術館で開催中の
『紫式部源氏物語展~石山寺の美~』を観て来ました。

090514_210201

書関連の点数が少なく、巻物の開いてある部分も、
「あぁ、この先がもっとみたい…」って感じだったので、
以前、イベントの仕事でご一緒した主催のBBT富山テレビ
事業部の局長さんが会場にいたしたので、
「書簡をもっと広げて欲しかった」と伝えたところ、
奈良の博物館の学芸員さんが「ここまでなんです」
とセッティングして行かれたとのこと。


まあ、もともと書にさほど興味がない森大衛なので、
っていうか、総合的に感じたものを書に昇華するタイプなので、
それでも充分に堪能することができました。


そのうち今日得たものが作品に生きてきますわよ、奥さん。
それがいつになるかわからないのが森大衛なんでございますがね。
感想を述べることと、作品に生かすことは全く別次元ですから。

| | コメント (2)

2009年5月13日 (水)

赤と黒

来月の富山の競書雑誌の課題
「六月をきれいな(奈)か(可)ぜのふくことよ」


手本原本(朱)
Sa3d0051


コピー(黒)
Sa3d0052


生徒達がよく「朱は上手く見えるんじゃない?」と言ったりしますが、
このように黒くしてみると筆致が顕著になります。

| | コメント (4)

2009年5月12日 (火)

いつの間に?

あのぉ…sweat02sweat02sweat02


森大衛の知らないうちに、東京事務所の新人マネージャー
Nさんがこんなブログを…


社長と何か密談をしていると思ったらこういうことだったのか。
まあ、自分ではわからない視点に「へぇ、なるほどぉー」と
気付かされることもあるから口は出さないけど。


でも、こっちは社長&マネージャーの生態を書いてやるannoy



じゃなくマネージャーんちのおかめちゃんnotes
楽曲:アルプスの少女ハイジ
伴奏:THE SONS

| | コメント (2)

2009年5月10日 (日)

普遍的な美の追求

突拍子もないタイトルではじまりました今日のブログ。


小学4年の春から書道教室に通い始めた森少年は、
他のクラスメイトよりも出遅れていた。
しかし、実はどんな先生に教わるかの選択肢が
いくつもあったからこそ出遅れたと言っても過言ではない。


「この先生の実力は確かだ!」


そう確信が持てる先生に巡り会えたからこそ教わった。
書道教室に通うクラスメイトは、書道バッグの中にある
それぞれの先生のお手本や競書雑誌の課題を比べ合った。
小学生も3,4年になれば、どの手本が上手いかの分別はつく。


なぜ「うちの先生が上手い」のかを分析した森少年は、
「ここがこうだから!」とクラスメイトや担任までも納得させた。


しかもそのうち先生にまで
「僕はこの書き方の方がかっこいいと思うから!」と
もらった手本とは若干違う書き方にする字もあった。


今でも覚えてるのが、4,5年の書き初めの課題
「光る立山」「光る初日」の『る』だ。

唯一のひらがな、曲線の『る』が楷書で直線の漢字3文字に
違和感なく溶け込むためには最後の返しがポイントになる。
書き初め用紙のほぼ中央に位置する『る』の返しが弱いと
全体が不安定に見える。『ろ』のおまけつきが『る』ではない。
廊下に並べられた他の生徒の作品をみると一目瞭然だ。

のちに『る』が『留』から成り立っていることを知り、
楷書として書くひらがなの『る』のポイントが
そこにあることも実感した。

「かな」として書く場合は連綿の気脈に合わせて多様化させる。


そんなこだわりは、明らかに自分への枷となった。


「変なものをみんなに見せたら笑われる」
「変なものを人前に晒すのは末代の恥」

いや「変なものにも確固たる強い美意識が含有されていればヨシ」


そうでなければ続かなかったと思う。
たかが一枚の紙切れのために何十枚も何百枚も書いてきた。
習字から書道、書芸術へと表現がさらに進化し続けても、
あるいは自分の中に突然変異が起こったとしても、
そのスタンスはずっと変わらない。

| | コメント (1)

2009年5月 8日 (金)

チャーハンカレー

富山市舟橋北町にある「ロニアン」

Photo

そこの看板メニューといえば、

090508_142001

なんとチャーハンカレーshine

後輩の俳優、内浦純一くんが中学時代に、
マスターに「カレーもチャーハンも食べたいsign01
って言って誕生したメニューだそうな。

一見、ミスマッチのようで実はナイスな組み合わせgood
柴田理恵さんも大絶賛sign03

今日は、このチャーハンカレーをいただきました。
ああ旨かった。大満足happy02


090508_142002

マスターの小泉真人さんは、
俳優、神田正輝さんの大学時代のスキー部の先輩。
お店は山小屋をイメージした作りになっていて、
たくさんのスキー板やトロフィーなどが飾られています。


さらに、小泉真山という雅号で、
黒田光岳先生の門下であり、
貞政少登先生の門下でもあります。

| | コメント (0)

『書道ガールズ甲子園』審査を終えて

『書道ガールズ甲子園』本番から3日が過ぎました。


2009年5月5日子供の日の朝、
それぞれの高校に与えられた2分30秒は、
あっという間に過ぎた2分30秒でありながら、
永遠に忘れることのない2分30秒になったことでしょう。


森大衛にとっても忘れられない日となりました。


競い合うということは、共に学ぶ仲間と絆を深めることでもあり、
同じものを目指す見知らぬ者同士の絆を繋ぐことでもあります。


書を目指すものは言葉以上に書で語り合います。
それは全身全霊で書学に立ち向かった戦士のような同士だからこそ
批評も賞賛も分かち合うことが出来る、目に見えない切磋琢磨の絆です。


切磋琢磨から生まれた作品は、炎のような輝きを放ち、
見る人々を感動へと導きます。
それは甲子園然り、オリンピック然り。


これからも、東の果ての島国日本で美しく開花した大輪の華、
世界に誇る書芸術に、全身全霊で立ち向かっていきましょう!!!


※画像は番組を見たうちの生徒の携帯メールに添付されてきた画像(^_^;)

『書道ガールズ甲子園』審査を終えて

| | コメント (3)

2009年5月 6日 (水)

BVLGARI

フレグランスは「BVLGARI AQVA」の森大衛です。


5日は午後から銀座でアフタヌーンティーshine


三段重ねのお重の中はこんな感じshine
090505_135001
みんなミニサイズだけど、どれも大変美味しゅうございますshine
ひとつひとつ説明したいところだけど、それはご自身でお確かめーshine
はずれナシshine


090505_135302
一粒1500円のチョコレートshine

| | コメント (2)

2009年5月 3日 (日)

5月5日(火)『ズームイン!!SUPER』(追記あり)

元旦の放送にひきつづき「書道ガールズ甲子園」の審査員として出演します。

あれから出演校の先生方や生徒達から届いた手紙は大切な宝物ですshine

森大衛的には日頃から真剣に書に取り組んでいるVTRも審査の対象にしています。
ちらりと映る臨書作品が実は重要good

でも、当日はゲスト審査員と共に、思いっきり青春を賭けた
弾けまくった中継パフォーマンスを期待していますsign03


ということで、↓ここからは当日の模様です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

審査員は、前列の4名、
左から橋本五郎さん、小倉優子さん、勝俣州和さん、森大衛。
090505_001
スタジオに飾ってある「ニッポンを元気にするぞ!」は、
前回優勝の大分高校の書道ガールズによるものだそうですgood


1番手は、埼玉県立川口高等学校
090505_002


2番手は、青森県立八戸東高等学校
090505_003


3番手は、福岡県立青豊高等学校
090505_004


4番手は、前回優勝の私立大分高校
090505_005


どの高校も全力投球で素晴らしいパフォーマンスと作品でしたよheart04


そして優勝となったのは、埼玉県立川口高等学校shine
090505_006


前回は、審査員だったアニマル浜口さん、京子さん親子と
話し合った上で優勝を決めましたが、
今回は、純粋に多数決で決めました。


実は、前回の放送後「日頃の筆法の修練が表れている作品が見たいかな…」
「今回コメントするならそのことを言おう!」と思っていたところ、
川口高校が造像風の筆法でチャレンジしてきたので、
僕は1票を入れさせてもらいました。


放送直後、他の学校の先生方や書家の方々からは、
「古典(造像)を基盤にしているという講評に納得ですsign03
とのメールをたくさんいただきましたが、他の審査員も
古典には詳しくなくても惹き付けられるものがあったのだと思います。
それが書が長い歴史を踏まえた上での魅力なのでしょう。


大作におけるあの筆法はしっかり書き込んで体にしみ込んでいなければ
表現できないものです。しかも限られた時間内で表現しなければならない。


紹介VTRをみた限りでは、他の高校もしっかり古典の修練はされているので、
実力的には大差はないと思います。


これからも、じっくり腰を据えた書学の勉強に取り組んだ上で、
書芸術の楽しさ素晴らしさを思う存分発揮してくださいhappy01

| | コメント (14)

仕草 雑踏 旅行

Imawano
富山のアトリエの雑多な机の上にずっと置いてありました。
データ渡しのものは通常は処分してしまうことが多いけれど、
これは大切にとってありました。


2005年12月に発売された
忌野清志郎さんの35周年記念プロジェクト第6弾シングル「仕草」。
そしてカップリングの「雑踏」と「旅行」。

Photo

結婚情報誌のテーマソングだったので、厳かでかしこまった雰囲気と、
忌野清志郎さんのロックな雰囲気を融合したいとのことで、
このようなジャケットになりました。


これが最後のシングルCDになってしまったんですね。
「いつでもライブにご招待します」と言っていただいていたのに、
タイミングが合わずに失礼してしまったことが悔やまれます。
58歳とまだまだお若かったのに残念でなりません。
心よりご冥福をお祈りいたします。


HMVのサイト

| | コメント (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »