« 赤と黒 | トップページ | 劇団四季ミュージカル「アンデルセン」 »

2009年5月14日 (木)

紫式部源氏物語展~石山寺の美~

今日は、富山県水墨美術館で開催中の
『紫式部源氏物語展~石山寺の美~』を観て来ました。

090514_210201

書関連の点数が少なく、巻物の開いてある部分も、
「あぁ、この先がもっとみたい…」って感じだったので、
以前、イベントの仕事でご一緒した主催のBBT富山テレビ
事業部の局長さんが会場にいたしたので、
「書簡をもっと広げて欲しかった」と伝えたところ、
奈良の博物館の学芸員さんが「ここまでなんです」
とセッティングして行かれたとのこと。


まあ、もともと書にさほど興味がない森大衛なので、
っていうか、総合的に感じたものを書に昇華するタイプなので、
それでも充分に堪能することができました。


そのうち今日得たものが作品に生きてきますわよ、奥さん。
それがいつになるかわからないのが森大衛なんでございますがね。
感想を述べることと、作品に生かすことは全く別次元ですから。

|

« 赤と黒 | トップページ | 劇団四季ミュージカル「アンデルセン」 »

コメント

どんなに豪快な作品を書いても、この麗しさのエキスは大事にしたいよね。

投稿: 大衛 | 2009年5月19日 (火) 00時55分

森先生は富山の源氏物語を堪能されたのですね。
こちらは 五島美術館の源氏物語を拝見しました。
御法の部分があり、重ね書きがとてもきれいでした。
優雅な平安の美にも魅了しました。
今後の書に生かしたいと思います。
よろしくお願いします。

投稿: 川口高校書道部 | 2009年5月17日 (日) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤と黒 | トップページ | 劇団四季ミュージカル「アンデルセン」 »