« 書に育てられている。 | トップページ | 北國新聞および富山新聞「遠きにありて」 »

2009年5月24日 (日)

白い壁に墨が…

渋谷のアトリエの白い壁に墨を飛ばしてしまったsweat02


と思ったら、「てんとう虫」でした。

090524_124401


都会のど真ん中にもいるんですね。


まあ、↓コイツも1月に近所のパルコで見つけたんだけどsweat01

090112_153701_2

|

« 書に育てられている。 | トップページ | 北國新聞および富山新聞「遠きにありて」 »

コメント

森先生の 小さな命にも 目が心が 注がれることに感動しました。
そのような感性が 作品にも生かされているのですね。
私達も この世に生きる命を そして 自分の命を大切にして
生きていこうと思いました。
今日は みんなで 『命』の文字を心込めて書いてみました。
ありがとうございました。

投稿: 川口高校書道部一同 | 2009年5月26日 (火) 18時59分

これは星が二個なのでナミテントウですね。

ちなみに指に乗せてピンと立てると、さきっちょまで行って空に飛んでゆくので「天道虫」といいます。

幼虫の時から害虫のアリマキを主食とするので代表的な益虫です。

でも、外に出してやろうとつまんだりすると、腹から黄色い液を出すので注意が必要です。

同じテントウムシでもニジュウヤホシテントウはナスの葉などを食害する害虫となります。

投稿: 和泉守 | 2009年5月26日 (火) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 書に育てられている。 | トップページ | 北國新聞および富山新聞「遠きにありて」 »