« 掘り出し物 | トップページ | 豚&豚そして豚 »

2009年5月21日 (木)

畫龍點睛

「畫龍點睛」※畫は画の旧字体

Garyou

これは、森くんが高校時代に木簡を基調に書いたものです。


当時は、日展会友、独立書人団富山支部長、
富山大学教授などを歴任された鶴木大寿先生
木簡の書法に憧憬していました。


高校の書道部の先生は全く違う書風の方でしたが、
「僕はこれでいきます!」と書いていました。


そういえば、
鶴木先生については、この日の日記にも書いていましたね。


ちなみに、楷行草の筆順と基本的な結体を知るなら、
鶴木先生その他2名で書かれたこちらの書籍がお薦めです。


さて、


先日の「書道ガールズ甲子園」出場校から、お礼の手紙や、
「ご指導ください!」と臨書作品なども届いています。


この日にも感想を書きましたが、

「この経験を生かして書道を頑張って行きます!」
「臨書の勉強をしっかりやっていきます!」

と書かれた一人一人の直筆の手紙に、遠くても通じ合う気持ちと、
うちの生徒達には全然言ってもらえないような言葉に、
(まあいつも顔を合わせてるとそんなもんだけどsweat02
「全国の書を目指す高校生からこんなに慕われているんだ」と
森大衛の方が感謝の気持ちでいっぱいになっています。


作品に関しては郵送でお返事させていただきますので、
しばらくお待ちください。


そして、

「テレビのスタッフの皆さんの働きぶりに感動しました!」という一文に
「そうそうそうなんですよ!視点が鋭い!」と感心しました。


森大衛は、日本でもっとも過酷な生番組「笑っていいとも!」に
最多出演してきた書道家なので、スタッフ全員の力が結集して
成り立っていることを毎週目の当たりにしてきました。
裏では凄い怒号が飛び交っているのが日常だったりします。
「ズームイン!!SUPER」は、調整室とスタジオが繋がっていて、
怒号が飛び交ってはマイクに入ってしまうのでそんな場面は
ありませんでしたが、全員が本気にならなければ成立しない世界、
それがテレビ。


ということは、出演している人間もそれに応えるものを
提供しなければなりません。
書を披露する人間にとってのそれは、日頃の鍛錬を疎かにしないこと。
そして観客や出演者が「わぁー!」と歓声を上げても、それに酔わないこと。
肝心なところがダメだど全体がダメ、まさしく画竜点睛を欠き、
番組自体の評価を下げてしまうことになりますからね。
見る人が見ればすぐに見抜かれるのが本物の世界です。

|

« 掘り出し物 | トップページ | 豚&豚そして豚 »

コメント

この頃は木簡の臨書なんてまだしたことがなかったし、
手本もなかったのに、ここまで書けてた森くんって、
なんかムカつくヤツだよね。(-。-;


と、あらためて自分のことながら思います。

投稿: 大衛 | 2010年11月10日 (水) 10時57分

"観客や出演者が「わぁー!」と歓声を上げても、それに酔わないこと"・・・そう、その通りですよね。
何故かこの文章でグッと来て涙が出てくる私です。
プロとはそういうもの。褒められて調子に乗ってはいけないのですよね。
自分でもどんな言葉が琴線に触れるかわからない今日この頃。
歳のせいでしょうか・・・。
可愛い高校生のみなさんのコメントも良いですね。
おばちゃんは癒されてますよ。

投稿: マネアネ | 2009年5月22日 (金) 23時01分

忙しい中ブログにコメントありがとうございます(^ω^)
見ていただき本当に嬉しく思います。

森先生の作品拝見させていただきました。
木簡の作品力強くて圧倒されました!!!
私も気持ちが伝わるような作品を書きたいと思います!!!

これからも書道一筋で頑張っていきます(∀)

お体に気をつけて仕事頑張ってください(^ω^)

投稿: 卒業生 小峰美里 | 2009年5月21日 (木) 21時34分

こんばんは!!川口高校書道部の1年生の小林梨紗です。森先生、いつもお忙しい中色々とコメントをありがとうございます!!
高校時代の森先生の作品も見させていただきありがとうございます。先生が今の私くらいの歳であんなに素晴らしい作品が書けるなんて本当にスゴいと思いました!!私はまだまだ足りない部分はたくさんありますが、いつか見る人の心を惹くような作品が書けるよう、日々元気に頑張っていきたいと思います(^-^)!
これからも色々とよろしくお願いします!!

投稿: 川口高校書道部1年 | 2009年5月21日 (木) 20時02分


川口高校書道部
パフォーマンス部長の
神庭紗也子です!!


先日森先生に作品を
送らせて頂きその上
すばらしいコメント
ありがとうございます★
森先生の作品は
とても勉強になり
とても尊敬しています!
森先生の書道に対する
思いがかなり伝わってきて私ももっともっと
書道に一心に向き合い
頑張ろうという
気持ちがわきます!!!
本当に本当に
ありがとうございます←


これからも初心を
忘れずにひたむきに
頑張ります(*´∀`*)

この度は貴重なコメント
本当にありがとう
ございました!


_

投稿: | 2009年5月21日 (木) 19時54分

多忙の中私たちの手紙作品 みて頂けたこと 嬉しく思いますm(__)m
ありがとうございます!

臨書は基本の基本だから毎日の練習の中で少しでも多く自分の中にいれられて積み重ねていきたいと思います
その中でも木簡は学ぶことがたくさんあって私も好きです!
これからもご指導よろしくお願いします!

投稿: 川口高校書道部/松下弥生 | 2009年5月21日 (木) 19時22分

森先生、お忙しい中コメントを頂きありがとうございます!
森先生の高校時代の作品を拝見させていただきました。
私達も木簡を書きますが、先生の作品は
力強く、伸びやかで、とても生き生きしていて凄いです!!!
見ていて元気を頂きました!ありがとうございます。
森先生の書をお手本にして、これからも頑張ります!

投稿: 桑田愛華 | 2009年5月21日 (木) 19時11分

森先生ありがとうございます。お忙しいところを いろいろとコメント頂きまた森先生の貴重な高校時代の作品まで
拝見させて頂き、本当にありがとうございます。
川口高校にも 鶴木大寿先生の木簡の本があります。鶴木先生の木簡の書き方にはいつも感動しています。
森先生の木簡の書き方は鶴木先生の書き方を十分に習得されていることを感じました。高校生にも関わらず、スゴすぎです。
私達も木簡は大好きです。大胆に元気良く生き生きと音を奏でるように書くことができるので、筆法に元気がない時に
練習しています。
森先生の臨書をされる積み重ねをお手本にして、これからも毎日毎日ごはんを食べるように臨書をしていこうとおもいました。森先生 私達に やる気 元気を与えて下さり本当にありがとうございます。

投稿: 川口高校書道部一同 | 2009年5月21日 (木) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 掘り出し物 | トップページ | 豚&豚そして豚 »