« 王羲之「蘭亭叙」張金界奴本 | トップページ | グラスの底に »

2009年7月 6日 (月)

8月のかな手本

書き立てホヤホヤspa

8月の富山の競書雑誌の課題

Sa3d0308

「すゞしさや くるりゝゝゝと 冷志うり」
※濁点は書きません。

|

« 王羲之「蘭亭叙」張金界奴本 | トップページ | グラスの底に »

コメント

初めて書き込みさせていただきます。
MISTYに掲載されていた「花」を拝見してから、森先生の書の虜になってしまいました。
わたくし自身も中学生の時まで書道を習っており、様々な先生の書を見て参りましたが、こんなに胸がキュン(死語)とする書に出会ったのは初めてです。

かなは難しいですね。
どんなに練習しても、こんなにしなやかには書けません。

投稿: emi | 2009年7月 7日 (火) 16時34分

あ、実物は上下にもう少し余白がありますから(^◇^)┛

投稿: 大衛 | 2009年7月 7日 (火) 06時00分

すっきりした感じで涼しげです。冷志が難しいですが、
挑戦してみます。ありがとうございました。

投稿: 川口高校書道部一同 | 2009年7月 6日 (月) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 王羲之「蘭亭叙」張金界奴本 | トップページ | グラスの底に »