« 「Same's Bar マイスターへの道」 | トップページ | 作家として一番大事な領域 »

2009年7月19日 (日)

ユーミン 昭和女子大人見記念講堂コンサート

17日(金)の夜は、昭和女子大構内の人見記念講堂で行われた
ユーミンのコンサートを見て来ました。


現在全国ツアー中のステージとはちょっと違う、
WOWOW放送用の特別編成ライブでしたが、
大まかな内容は同じ。


先日の金沢と富山は凄く前の席でしたが、
今回は天井に手が届きそうな2階席の後方。
ステージに立つ出演者の表情は全くわかりません。


なのに、森大衛はちょっとウルウルしてしまいましたweep
「泣くかもしれない」と思っていた富山では泣かず、
縁もゆかりもない場所でそうなってしまうとはこれいかにsign02


それは、俯瞰から見るステージの床面に映るライティングの
あまりの美しさに感動したからshine


もちろん、金沢や富山の座席に不満があったわけではないし、
いろんな曲にまつわる出来事なども思い出したけど、
自分の個人的な心情よりも、視界に映った世界の美しさに
導かれて心が揺さぶられたのです。


書においても、どんなに素晴らしい言葉が書いてあっても、
表現者として究極の美を追求していない書には何も感じない。

|

« 「Same's Bar マイスターへの道」 | トップページ | 作家として一番大事な領域 »

コメント

☆達筆王子☆さまは受け取りの名人なんですね!
感じ取る力があってこそ 吐き出せる力表現する力に
なるんですね。私達も感じる力を身につけるように努めます。
ありがとうございました。

投稿: 川口高校書道部一同 | 2009年7月19日 (日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「Same's Bar マイスターへの道」 | トップページ | 作家として一番大事な領域 »