« 褚遂良「雁塔聖教序」 | トップページ | 連載「MISTY」2009年8月号 »

2009年7月17日 (金)

ひとり墨摩り大会

今日はこの硯で墨を摩っています。

Sa3d0317

昼下がりに風呂上がりのパンツ一丁でgood


想像すんなよban

|

« 褚遂良「雁塔聖教序」 | トップページ | 連載「MISTY」2009年8月号 »

コメント

墨をするの「する」は「摩る」の字を使うのですね。初めて知りました。
硯で墨を摩っていると、無心になり過ぎて眠くなるのは私だけでしょうか・・・(^_^;

投稿: emi | 2009年7月18日 (土) 20時43分

さすがですね☆達筆王子☆!古硯(明朝?)の澄泥ですね。濃墨は澄泥の方が良く磨れますね。私たちは老抗水巌の金属音とあの冷たい感触が好きです。特に夏場は硯がヒンヤリしていて助かります。墨を磨ると心が落ち着き、無心になれます。
ただ、老坑だと墨によっては傷がつくので大変です。その点澄泥は傷がつかずよくおります。墨と硯のお見合いは大変です。かなり高価なんですね!車一台分とか、、、
私たちもマック何千個を食べないで古硯を買います!!
ありがとうございました。

投稿: 川口高校書道部一同 | 2009年7月18日 (土) 06時15分

この澄泥硯は、他の同じ澄泥硯と並べて摩り比べてみて、
液体の滑らかさと艶やかさが格段に違うことがわかったので、
思わず買ってしまいました。

Macが何台も買えるし、マックなら何千個も買える金額だったのにsweat02


投稿: 大衛 | 2009年7月18日 (土) 01時36分

素敵な写真ですね。
墨の味見がしたくなるような( ̄ー+ ̄)

投稿: mi | 2009年7月17日 (金) 21時53分

瞑想 瞑想

投稿: ぬらりひょん | 2009年7月17日 (金) 18時07分

はじめまして。
ずっと、読ませて頂いておりました。
すみません。
想像してしまいました・・・。

投稿: 天 | 2009年7月17日 (金) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 褚遂良「雁塔聖教序」 | トップページ | 連載「MISTY」2009年8月号 »