« ありがとうと言いたくて〜椿山課長の七日間〜 | トップページ | 手本書きまくり週間 »

2009年9月22日 (火)

「第3回書道ガールズ甲子園」審査を終えて

リップを塗り過ぎてkissmarkがテッカテカだった審査員の森大衛です(笑)
ヘアメイクさんに促されて「じゃあお願いします」って塗ってもらったら、
ピザでも食った後みたいになってましたねsweat02


さて、「第3回書道ガールズ甲子園」


090921_01


今回は、パパイヤ鈴木さんが「パフォーマンス部門」、
中川翔子さんと、コメンテーターの橋本五郎さんが「元気部門」、
森大衛が「書道の技術部門」、それぞれの点数を合計しての審査。


鹿児島実業高校sign03

090921_02


静岡 吉田高校sign03

090921_03


埼玉 川口高校sign03

090921_04


どの高校も凄い迫力でしたsign03sign03sign03


全国にこのように書に真剣に取り組む高校生が
大勢いることをとても誇りに思います。

これからも頑張ってください。

|

« ありがとうと言いたくて〜椿山課長の七日間〜 | トップページ | 手本書きまくり週間 »

コメント


こんばんは。

森先生のblogから失礼します。

私を通して書道に関心を持ってくれた事をすごく嬉しく思います。練習は大変でも、先生や先輩が熱心に指導してくださるのでやりがいがありますしとても楽しいです。

努力して一つの作品を作り上げる楽しさを是非味わってほしいので書道室で待ってます!!

勉強頑張ってください!!


投稿: 松山女子高書道部1年 | 2009年9月26日 (土) 23時57分

森先生のblogからのお返事失礼いたします。


松女祭来て下さりありがとうございます!
来年の元旦に、行われる書道ガールズ甲子園に出させて頂けるように、頑張るでこれからも、応援よろしくお願いします。


松女書道部一同より

投稿: 松女書道部一同 | 2009年9月25日 (金) 19時51分

こんにちは。
私は尊敬するG先輩が松山女子高に今年入学され、先輩に会う為に学園祭にいきました。
オープニングの時に見せていただいた書道部のパフォーマンスに鳥肌が立つほど魅了されました。
そしてその時、森先生を生で拝見し、とても嬉しかったです。いいともで見るより素敵でした。
私の志望校は松女です。
偏差値が高いので受かるか心配ですが今頑張っています。
私も踊りながらパフォーマンスをしてみたいです。
元旦にもガールズ甲子園があると聞きました。テレビで是非、松女のパフォーマンスが見たいです!!!

投稿: 埼玉県M中学校三年 | 2009年9月25日 (金) 00時35分

それぞれの持ち味を深く追究して、
オリジナリティーを出していくことは重要です。

森大衛は「いいとも!」に出ていた時から、
作品を比べて優劣を付ける見方ではなく、
それぞれの持ち味を十二分に発揮出来たかを見ているので、
バラエティーに富んだ作品を見るのが楽しみです。

投稿: 大衛 | 2009年9月23日 (水) 22時03分

こんばんは!
先日、書道ガールズ甲子園を
拝見させていただきました。
どの学校も激しく書いていましたね。
私たちも私たちらしいパフォーマンスでたくさんの人たちに書道の素晴らしさ感じて頂けるようこれからも努力していきます。

寒くなってきているのでお体には十分気をつけてください。
ありがとうございました。

投稿: 松女書道部1年 | 2009年9月23日 (水) 19時39分

こんにちは。
書道ガールズ甲子園見させて頂きました。
私達松女書道部はかなのパフォーマンスなので筆を叩き付けて書くようなパフォーマンスは出来ませんが、かならしい上品なパフォーマンスを目標にこれからも頑張って行きたいです。

お体にお気をつけ下さい。
ありがとうございました。

投稿: 松山女子高書道部1年 | 2009年9月23日 (水) 19時04分

森先生の光輝くkissmarkも…
皆さんのパフォーマンスも素敵でしたね〜

観る側としては筆を振り上げて叩き付ける感じが迫力があって、

『これぞパフォーマンス!!』

決して無駄な動きではなく魅せる(見せる)書道に必要なのでは…?
と思いました。

3校共によく頑張りました。

次回に期待します。

投稿: 小豆 | 2009年9月23日 (水) 13時23分

ブログ本文に書こうとしていたことを追記しましょうpencil


今回は3校ともに筆を高く振り上げて書いていましたね。
でも、その振り上げが墨を飛び散らせて迫力を出す視覚効果なのか、
線運動に繋がる必然的なストロークなのかが重要なポイントでした。
それは書をやっていない人達でも感覚的にわかるようです。

結果、それが今回の川口高校が僅差で優勝した要素のひとつでした。書的には。


必然的なストロークは、漢字、仮名に限らず、古典の臨書を
書いてある文字だけではなく、筆が紙から離れている時の気脈も
含めて会得するように書き込むと自然に身体感覚として養われます。
それは大きな作品も小さな作品も同じです。


「心技体」がその瞬間に必然的に連動し、
イチロー選手のように的確なバッティングになることが、
本当の意味で気持ちを込めることに繋がるので頑張ってくださいね。

投稿: 大衛 | 2009年9月23日 (水) 11時47分

こんにちは。
9月21に行われたパフォーマンス甲子園拝見させて頂きましたflair

今回は筆をたたきつけて激しく書くパフォーマンスが多く感じられました。
私達は仮名をやっているので書道のうつくしさを沢山の人に伝えられるようなパフォーマンスをしたいと思います。

これからもお体に気をつけてお過ごし下さい。
ありがとうございました!

投稿: 松山女子高書道部幹部一同 | 2009年9月23日 (水) 09時52分

本当にありがとうございました。
お弟子さまのお手本を書かれてお忙しいなかご審査下さり感謝しております。
私達も、昨日独立書展を拝見させて頂き、まだまだ未熟な線を書いていることを
実感しました。今に満足せずこれからの進展に努力を重ねて参ります。
今日から元気に書き込みを始めます。
寒くなって参りました。森先生もお疲れ出ませぬように。
取り急ぎ お礼まで                 川口高校書道部一同

投稿: 川口高校書道部一同 | 2009年9月23日 (水) 05時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ありがとうと言いたくて〜椿山課長の七日間〜 | トップページ | 手本書きまくり週間 »