« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

独立書人団秋季展より

現在、東京都美術館で開催中の独立書人団秋季展を
観てきたうちの生徒が注目した作品の写メが届きました。


会員賞の氷見雅舟先生の「素朴」約タテ35×ヨコ70cm
003_2

氷見先生は富山市在住の昭和一桁生まれ。
昔、うちの婆ちゃん(ミドリさん)が助産婦をやっていて、
氷見先生のお子さんはうちの婆ちゃんが取り上げてます。


全国高校生大作書道展入選の新井利佳さんの
「臨・董其昌行草書巻」約タテ240×ヨコ540cm
0909271

高校生ということは平成生まれですね。
そして、第3回書道ガールズ甲子園出場の
川口高校の書道ガールズの一員。
さらに昨年は文部科学大臣賞受賞者だったことが判明。


ちなみに「独立で高校生の展覧会をsign03」と提案したのは森大衛です。


たまたまうちの生徒から「私のお気に入りの作品です」と
送られてきた写メがゆかりのある人達の作品だった奇遇。
おめでとうございますshine
なんか自分のことのように喜んでしまいました。


あ、森大衛は落選したので作品は展示されていません。
全然そういうことは気にしないヤツなのでgood


ちなみに応募した作品は上市町展に審査員出品した「騰」
Kamiichi016_2

| | コメント (3)

2009年9月28日 (月)

Mandy(マンディー)

昨日、最後に手本を書いて渡した生徒のNさんに誘われて、
六本木のMandy(マンディー)に行ってきました。


偶然、若手人気実力派俳優のN君に会って、久々の。happy01paper


ママ?のマンディーさんは、鶴瓶師匠とも親交が深く、
ずっと達筆王を観てくれていたそうで、
大歓ゲイkissmarkしてくれました。


090928_004401

| | コメント (2)

手本書き終了

この日の続き

シルバーウイークからずっと書いて見せていた手本。
27日(日)で渋谷教室全員に行き渡りました。


ちょっとだけよheart02

090927_220202_2


<追伸>下痢はデトックス効果だったみたいで、
    あの日の午後からずっとすこぶる快調ですgood

| | コメント (3)

2009年9月26日 (土)

書は心の鏡

森大衛が好きな古典のひとつ、
王羲之の「思想帖」

090914_1845010001

あらゆる筆の展開と絶妙なタッチ、
空間の美しさが気品に満ち溢れています。
まるでお花畑にモンシロ蝶が舞っているようです。

この筆法を参考に「蝶のように花のように…」
なんて作品を描いたら素敵でしょうねheart01


ところがところが、この文章の内容は…


「下痢で調子が悪くてすみませんsweat02


書は人なり、書は心の鏡というけれど、
達人はそれを物ともしません。

| | コメント (3)

2009年9月25日 (金)

臨書手本

この日のつづき。ちょっとだけよheart01


090922_211401_2

こんな感じ。

| | コメント (1)

前衛書

書を突き詰めていると、言葉というものが芸術の本質や
感性の邪魔をすることがあります。
読めることがダサさを導いてしまう危険性。
例えば、ヘタクソな字で「感動」とか「感謝」とか書いてある
居酒屋では愛の告白なんかしたくないでしょ。
目に入った言葉がムードを萎えさせてしまう場合があるから。


さて、この日、数年ぶりに再会した山根美幸さん(一番右)

Yamane004


富山県南砺市在住の山根さんは、
奎星会無鑑査会員。毎日賞や県展賞などを受賞。


Yamane001

Yamane002


前衛書というのは、ただ適当に書いてるわけではないんですよ。
日頃は古典の勉強をガッチリやり、作品を書くにあたっては、
それを飛躍的に解体、再構築を何度も試行錯誤して最終形にもっていく。
荒削りにみえて実は計算されている彫刻などに近い感覚かな。
疎と密、感性と知性、原始と現代の厳しいせめぎ合い、
紙に向かう緊張感が、言葉以上の存在感と空気感を生み出す。


なので、宛名書などはこんなに綺麗に書かれるんですよ。

090925_001001


| | コメント (3)

2009年9月23日 (水)

手本書きまくり週間

世間では「シルバーウィーク」という名のホリデイ真っ最中ですが、
森大衛にホリデイはありません。


21日(月)は、4時に起きてズームインの出演後、
10時から22時まで通常の教室。

22日(火)からは、1月の独立書展にむけての手本書き。

出品希望者がぞくぞくと渋谷教室にやって来て、
全紙や3×6尺や2×8尺の臨書の手本を
書いてるところを見せては渡し、
書いて見せては渡すの繰り返し。
それが26日(土)まで毎日続きます。

今年は去年の3倍の30名以上の出品者になることが判明して、
通常の教室時間内には書いていられないので、特別に時間を設けました。


※なので今週の富山教室は休みなのです。ホリデイだからじゃないからね。
 富山は富山で近いうちに時間を設けます。


自分の作品を書くよりも大変だったりしますが、頑張りますよgood


090922_201001
↑写メはH君が差し入れてくれた、紫いものモンブランshine

| | コメント (3)

2009年9月22日 (火)

「第3回書道ガールズ甲子園」審査を終えて

リップを塗り過ぎてkissmarkがテッカテカだった審査員の森大衛です(笑)
ヘアメイクさんに促されて「じゃあお願いします」って塗ってもらったら、
ピザでも食った後みたいになってましたねsweat02


さて、「第3回書道ガールズ甲子園」


090921_01


今回は、パパイヤ鈴木さんが「パフォーマンス部門」、
中川翔子さんと、コメンテーターの橋本五郎さんが「元気部門」、
森大衛が「書道の技術部門」、それぞれの点数を合計しての審査。


鹿児島実業高校sign03

090921_02


静岡 吉田高校sign03

090921_03


埼玉 川口高校sign03

090921_04


どの高校も凄い迫力でしたsign03sign03sign03


全国にこのように書に真剣に取り組む高校生が
大勢いることをとても誇りに思います。

これからも頑張ってください。

| | コメント (10)

2009年9月19日 (土)

ありがとうと言いたくて〜椿山課長の七日間〜

2006年の富山ライトレール開通記念イベントでご一緒した
三波豊和さん主演の舞台を観て来ました。


20451007_03
↑画像をクリックすると拡大します。


一人一人が安定した演技で、物語にグッと引き込まれる
涙涙sweat02の感動の舞台でした。


090919_183901
三波さんとツーショットcamera

| | コメント (2)

「第3回書道ガールズ甲子園」まであと2日!

「第3回書道ガールズ甲子園」
2009年9月21日(月)敬老の日
女子高校生が「ニッポンを元気にします!


↑画像クリックで番組HPにジャンプします。


第1回、第2回に引き続き審査員として出演します。
今回も凄い作品が披露されることを期待していますsign03


第1回2009年1月1日

第2回2009年5月5日

| | コメント (4)

2009年9月18日 (金)

連載「MISTY」2009年10月号

『MISTY』10月号が、9月17日に発売されましたわよ、奥さん。


Misty_2009_10


A4ワイド判
2009年09月17日 発売
特別定価 690円 (税込)
雑誌コード 18433-1000
実業之日本社


今回の“一文字”は『勢』

“言の葉”は、『「Power 力 Force 力 Might 力…』


つづきは、お買い求めの上ご確認くださいませ。
※教室で立ち読み希望の人は添加物ナシの差し入れをriceball


年間定期購読はこちら

過去の作品はこちら

| | コメント (0)

2009年9月17日 (木)

『Same's Bar~マイスターへの道~』

『マイスター、それは道を究めた者だけに与えられる称号。
そして今宵も一人のマイスターが…』

ロックアーティストの鮫島秀樹が送る
インターネットラジオ『Same's Bar~マイスターへの道~』

各界のマイスター(匠)を毎回ゲストに呼びトークを繰り広げる。
鮫島秀樹だからこそ実現できる豪華なゲスト&トークにご期待下さい。



※ご覧になるには、ニコニコ動画の登録が必要です。

| | コメント (1)

2009年9月13日 (日)

舞台「SHINKA~心華~」

11日(金)は、このイベントがきっかけで仲良くなった
モデルで俳優の前川泰之君主演の舞台
「SHINKA~心華~」を観てきました。
考えさせられる場面あり、爆笑ありの楽しい舞台でしたhappy01


「心華」といえばこの日のブログで同名の作品書いていましたね。


公演前に前川君に画像を送ったら
「会場に飾らせてくださいsign03」って返事が来ていたけど、
もう森大衛の手元にはない作品なのよねsweat02
ちなみに仏教用語では「しんげ」と読みます。


そういえば、同じイベントでお知り合いになった、
俳優の三波豊和さんも只今舞台の真っ最中sign03
時間を調整して伺いたいと思っています。

| | コメント (0)

舞台?「郷レンジャーショー!」

8日(火)は郷ひろみさんの富山公演でした。
去年は観に行けて大感動しましたが、
今年は教室をやらねばならない日だったので、
残念ながら行けませんでしたsweat02
(前の週が「おわら風の盆」のため休みだった)


でも、公演終了後、バンドメンバーの皆さんと、
教室が終った森大衛と、偶然お店に居合わせた
うちの生徒Iさんとで、「米清」で飲みましたbeer


125257410647716124935_09_toyama_05
キーボード沼井雅之さんのブログよりrock


そして解散後、森大衛と生徒Iさんはすぐに
Iさんのデザイン事務所に行き、こんなものを作りましたsign03


Photo_2


これは何かというと、ご一考様は翌日宇奈月温泉で行なわれる
大宴会の余興の打ち合わせがめちゃくちゃ盛り上がり、
「では、看板と小道具は森大衛側で作りましょうsign03
と、急遽作ってあげたのですgood


その宴会の写真も、沼井さんのブログにUPされていましたgood

125257572765616429117_gorenger


注:うちの生徒に「先生は何レンジャーですかsign02」と聞かれたけれど、
  森大衛は看板と小道具を作っただけで、
  宇奈月温泉の大宴会には出ていません。

| | コメント (0)

2009年9月11日 (金)

富山限定CM

この日に収録し、7月から富山で放送されているCMが、
スポンサーサイトにアップされました。

いやーん、恥ずかしいsweat02


バランスがいい 編 (15秒)

書いた「安心」の文字を見ていると、
そこに現れたのは…。


かしこく、節約 編 (15秒)

こどもを書道教室に通わせることに。
森先生から褒められたのは…。

| | コメント (2)

2009年9月 7日 (月)

ハネ!

↓この字の「ハネ!」や、
『光』

↓この字の「ハネ!」と
Hane01
同じ筆法で、

↓小筆で写経の「ハネ!」を書きました。
090906_162601
実際のサイズは約1cm角です。


すると、ご覧のとおり「ハネ!」の部分が
妙に大きくなってバランスが悪いsweat02
しかも薄っぺらくて、厚みや芯がない。

そこで、ちょうどいい太さ大きさの「ハネ!」を書こうとすると、
腫れ物にでも触るかのように、恐る恐るカタチだけを
繕うような感覚で書かなければならなくなる。
“それだと「ハネ!」なのにハネてる気がしないよぉsad


そこで、どうするかというと…

↓王羲之の「蘭亭序」や
090906_170401

↓褚遂良の「雁塔聖教序」などにも
090906_165401
頻繁に使われている

↓この筆法を用いてみます。
Hane02


するとどうでしょうsign01


↓このような「ハネ!」になるではありませんかshine
090906_163602
これも実物は約1cm角。

1mmあるかないかの小さな小さな「ハネ!」なのに、
筆のバネを利かせて気持ちよくハネられる。
しかも、芯が通って穂先がピンと尖って立ってくれる。


てことでですね、この日の問題
「筆力」があるのは上と下のどちらかというと、
090803_193501
下ということです。


「筆力」とは筆のバネを利かせることで、
勢いよく見えることではありません。
勢いよく見えることは「筆勢」といいますが、
「筆勢」=「筆力」ではありません。
「筆勢」は「筆力」がなくても簡単に表現できます。
だから、一番上の「光」のような表現は
子供にも簡単に書かせられるのです。


ちなみに、
↓光明皇后「樂毅論」にあるようなこの「ハネ!」は、
090906_170101
「筆力」も「筆勢」もあります。


なんという字を書いてるかは全く関係ありません。

| | コメント (4)

2009年9月 6日 (日)

舞台「ワルシャワの鼻」

昨日の朝日新聞の記事
「さんま特売」と書いているイラストがありました。

Sanma


奇遇にもこの日、森大衛は明石家さんまさん主演の舞台、
「ワルシャワの鼻」を観に行きました。
笑いあり、涙あり、大どんでん返しありの素晴らしい舞台でした。

090905_183501

| | コメント (0)

朝日新聞「書道パフォーマンスなぜ流行」

先日、朝日新聞文化グループ宮代氏より、
文化特捜隊「書道パフォーマンスなぜ流行」
についての取材を受け、お答えした記事が、
9月5日(土)に掲載されました。
現場の様子や客観性など、とても興味深い内容になっています。



↑画像クリックで大きな記事がご覧いただけます。


森大衛への取材内容ももっと深い部分にまで及んだのですが、
紙面の関係で最後のコメントのみでしたので、
以下、森大衛的補足です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
パフォーマンス書道は、若い情熱を燃やす手段のひとつとして、
とても素晴らしい表現行為と考えます。
本来の競技にはなかったウォーターボーイズ等にも通じるかと思われます。


私はパフォーマンスのみでの審査・評価はしておらず、
各校の紹介VTRに映る生徒達の臨書作品や制作姿勢も考慮に入れています。
その紹介が十分でない場合は書作品としての完成度を重視しています。
それが書家としての私の役目ですので。


生徒も指導者も書の基礎(古典臨書)を踏まえた上での表現であることは
十分に理解し、日々修練した上でパフォーマンスに挑んでいるようですから、
未熟な部分はあるかと思いますが、書の本来の姿からずれているとは思いません。


今後の課題は、書の長い歴史の礎を踏まえた上での筆致の妙をいかにして、
作品やパフォーマンスにも取り込み、凄みやスケールを表現するか、
またそれぞれのオリジナリティーを見出すか。


衣装やメイクが派手になることは、書く題材に沿った演出と考えるならば、
それは必然とも考えます。しかしパフォーマンスはあくまで演出。
評価は書自体ですから、書の修練がパフォーマンスと上手く連動し、
さらに魅力的な作品が生み出されることを期待します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


↑画像クリックで番組HPにジャンプします。

| | コメント (23)

2009年9月 2日 (水)

越中八尾おわら風の盆

最近、上市町とか井波町とか、ローカル色の濃いブログやねぇ。
富山ちゃいいところやろshine
これも美味しいがんぜgood


ちゅーことで、今日もローカル色たっぷりでいくちゃsign01


昨日、「越中八尾おわら風の盆」に行ってきたがやけど、
森大衛な20年前から毎週教室やっとる町やから、
さー行かんにゃあかんちゃねぇ。


八尾大橋の灯りな綺麗やねぇ。
090901_192101


まずは町民広場の舞台を早速見たがやけど、


携帯動画なもんでわかりずらてすんませんsweat02


今年は写真ばっかり撮っとったら、
そっちに気ぃ取られてじっくり観れんから、
あんまり撮らんかったんで、これは以前に撮った写真。

Photo


あ、BBT富山テレビのサイトに綺麗なニュース動画あったわgood


このニュース動画で聴こえる歌な親友の孝文の声ながやけど、
その孝文邸に今年も立ち寄ってご馳走いただいたちゃ。
いっつもかもありがとーえ。
090901_195501


関西からの客人も、孝文母お手製のお寿司に感激happy01
090901_195401
森大衛も5個くらい食べさしてもろたちゃdelicious


そんで、八尾町出身の某大女優さんにメールしたら、
「今年行けんけど実家に寄ってってやってぇsign03」ゆわれて、
ご実家の老舗旅館に寄らしてもろて、
大女優の母上様とツーショットcamera

090901_231001

すぐ分かってしまうやろうけど、
どなたさんのお母さんやろねsign02

よくしてもろてありがとうございましたbeer


そして帰りの十三石橋からみた月。
090902_010301


以上、「越中八尾おわら風の盆」でした。

P9010202

素敵な祭りやろheart04


<追記:9月4日>
森大衛の元生徒達がたくさん映っています。
チューリップテレビ
KNB北日本放送

| | コメント (5)

2009年9月 1日 (火)

第23回上市町美術展表彰式

今回のブログはたくさん写真がありますよcamera


30日(日)は上市町美術展の表彰式に出席しました。


まず、この写真作品を撮った写真は、
写真部門の審査員高見源彰先生の「暮れゆく槍ヶ岳」
Kamiichi001
奇遇にも高校時代の隣りのクラスの先生で、
審査日に約25年ぶりの再会をしました。


<作品解説会>

まずは、審査員による作品講評会です。
Kamiichi002
一方的に講評するのではなく、まずは作者に思い入れや、
苦心した部分などを伺ってから講評をしました。
皆さんとても熱心に聞き入っていました。


<受賞作品>

町展大賞 岡部明子さん「劔雲」
Kamiichi003
劔岳の岩肌や雲を抱く情景を、直線、曲線、潤筆、渇筆、
多彩な線で構成し、空間の白さが際立つ作品。


町展賞 酒井麻見さん「開花」
Kamiichi004
開花の如く、生命力に満ち溢れた作品。
筆の抑揚、展開が鮮やか。


町展賞 吉田和子さん「漢詩(梨花淡白柳深…)」
Kamiichi005
的確な筆致、落ち着いた風格、気力が充実した味わい深い作品。
なんと78歳ですsign01


町展奨励賞 堀田育美さん「漢詩(元好問)」
Kamiichi006
この作品は西田美術館より全部門の若手出品者から
1点のみに贈られる西田美術館若葉賞も受賞。


町展奨励賞 河原千枝子さん「至の詩」
Kamiichi007


町展奨励賞 堂田郁恵さん「漢詩(青油幕下白雲邊…)」
Kamiichi008


町展奨励賞 早川友子さん「立山の雪を仰ぎて…」
Kamiichi009


<表彰式>

Kamiichi010


<運営委員>

安達維玖子先生「不語心悠哉」
Kamiichi011


種田均先生「風林火山」
Kamiichi012


<招待作家>

小池淳子先生「和風慶雲」
Kamiichi013


長澤孝子先生「露風の詩(夕焼小焼)」
Kamiichi014


山本晃士先生「剣岳に対す」
Kamiichi015


<審査員>

森大衛「騰」
Kamiichi016_2


以上、第23回上市町美術展の模様でした。

Kamiichi017

| | コメント (8)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »