« 高野山奥の院 書人手島右卿書碑 | トップページ | 金剛界結縁灌頂(こんごうかいけちえんかんじょう) »

2009年10月 3日 (土)

高野山奥之院「萬燈会(まんどうえ)」

宿坊に戻り、夕食をいただいた後、
奥之院燈籠堂で「萬燈会(まんどうえ)」が
行なわれるということを知り、またまた奥之院に向かいました。


「所詮墓地…sweat02」と言っていながら、
真っ暗な参道を行く森大衛一行。

091001_192401_2

月明かりも大した照明にはなりません。


「本当に行なわれているのかなぁ?」
「やっぱり引き返そうか?」


と言っているうちに、奥の奥之院の灯りが見えて来ました。
荘厳な読経も聴こえてきました。


奥之院燈籠堂に行ってみると、きらびやかな装束の
20人以上の若い僧侶達が、たくさんの蠟燭や灯籠の灯に囲まれた中で
様々なフォーメーションをとりながら読経しています。


動く曼荼羅です。
凄く美しい世界です。
凄くカッコいい世界です。
外国人男性が涙を拭きながら見ていました。
本当に感動する世界です。

境内は撮影禁止なので、写真が撮れなくて残念。


通常、夜は閉門となる奥之院での貴重な行事を
観ることが出来たことに感謝します。

|

« 高野山奥の院 書人手島右卿書碑 | トップページ | 金剛界結縁灌頂(こんごうかいけちえんかんじょう) »

コメント

某沙門さま


フォーメーションで角になった時や要所要所で唱えられる主役shineですね。
(正確には要所要所や角で唱えるフォーメーションですね。)
萬燈会はずっと見ていても飽きない素晴らしい行事でした。

堂内でよく似た参拝者を見かけてご挨拶しようと思ったら別人でした。

次回の胎蔵界灌頂にも伺いたいと思っています。

投稿: 大衛 | 2009年10月 4日 (日) 10時32分

今から13年前の奥之院萬燈会で、代表でお経の頭(とう)を唱える名誉な役を頂戴しました。大変有り難いことでした。

投稿: 某沙門 | 2009年10月 4日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高野山奥の院 書人手島右卿書碑 | トップページ | 金剛界結縁灌頂(こんごうかいけちえんかんじょう) »