« 第3回全国高校生大作書道展 | トップページ | 久々の臨書手本 »

2009年12月11日 (金)

気持ちを込める気持ち悪さ

年末になると「書き初め」についての取材がよくあります。


でもね、先方が求める内容を聞くとだんだんムカついてくる。
で、森大衛はこう言う


「書き初めは七夕じゃないですsign03


数年前は、目標や願い事を書く内容で取材を受けたこともあります。
でも、そういう風潮はもうお腹いっぱい。
宴会の余興みたいなのがいい大人の書き初めじゃないでしょ。

子供の書き初めの方がまだマシですよ。
しっかり真剣に書こうという姿勢が表れますからね。


まあ、子供の頃の真剣な書き初めが苦手で
トラウマになってる大人がたくさんいるとは思うけど、
もう大人なんだから当時とは違うはずです。


「目標や願い事を書くな」とは言わないけど、
新年を祝う言葉、日本の自然や文化を愛でる言葉を
真摯に書き初め用紙に書くことをお薦めします。
やればできるもんですよgood

|

« 第3回全国高校生大作書道展 | トップページ | 久々の臨書手本 »

コメント

広告などの仕事の場合、先方の書に対する考えや姿勢、見識、センスによってはお断りすることもよくあります。
ですから、広告などに使われているものが素晴らしいということなど一切ないと言っても過言ではありません。

投稿: 大衛 | 2009年12月17日 (木) 01時55分

最近、広告やCM、はたまた大河ドラマにいたるまで、頭の弱そうな低俗醜悪な筆文字ばかりですよね。
そんな人に限って薄っぺらい感動を謳っていて嘘臭いです。

投稿: | 2009年12月15日 (火) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第3回全国高校生大作書道展 | トップページ | 久々の臨書手本 »