« 孫過庭「書譜」 | トップページ | 『和』 »

2010年2月26日 (金)

胸をうつ美しさ

「本来の踏み込みが浅かった」
「タイミングが変わってしまった」
「気持ちをコントロール」


これは、バンクーバーオリンピックの
フィギュアスケートの解説を聞きながら
急いでメモった印象に残った言葉。


これはそのまま書道にも通じますね。
書道は単に筆で文字や言葉を書く行為ではありません。


「筆のバネを生かす」
「そのタイミングを逃さない」
「そのためには気持ちをコントロール」


そうすることで「胸をうつ美しさ」が生まれる。


Sa3d0406

|

« 孫過庭「書譜」 | トップページ | 『和』 »

コメント

こんなにかろやかな『夢』は見たことがありません。
人が躍っているようにも見えました。

投稿: 岡山マサミ | 2010年3月 8日 (月) 22時52分

素敵な『夢』ですね。
本当に長鋒羊毛を使って書くとそう思います。
しかし、自分が筆に添えることで線がとても美しくなっていくのもわかります。
ありがとうございました。

投稿: 川口高校書道部一同 | 2010年2月27日 (土) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫過庭「書譜」 | トップページ | 『和』 »