« 胸をうつ美しさ | トップページ | 「咲」 »

2010年3月 6日 (土)

『和』

この日の「和」とは趣きの違う「和」


Wa_


タイトなスケジュールだったので、
知り合いの先生のお宅に伺った時に、
「ここで書かせて」と書いたのですが、
見ていた先生が「最終画の書き方が凄いsign03」と
驚かれていました。


はい、何気なく見えて実は凄く高い位置から
「ふわっ」とそして鋭く展開させております。

|

« 胸をうつ美しさ | トップページ | 「咲」 »

コメント

それはね。
人生の酸いも甘いもいろいろ経験して栄養にしてきたからですよ。

なんーて抽象的じゃ説得力はないですね。

筆を操る呼吸と遅速とバネです。

投稿: 大衛 | 2010年3月 7日 (日) 18時20分

いいともで拝見させていただいてからずっとファンです。
森先生のブログにやっとたどり着けて(いまさらですが)
近況がわかり少し安心いたしました。お体を大切になさって下さい。

投稿: 浜爺です | 2010年3月 7日 (日) 18時17分

森先生こんにちは
私は書道が大好きでいろんなサイトで書道をみていますが、森先生の書が一番好きです。
森先生に質問があります。森先生の書が立体的にみえるのはなぜでしょうか?
他の方々の書は半紙の厚さしか感じなくてペッチャンコに見えるのですが、
森先生の書は紙の存在を感じさせないというか、空間に浮かんでいるように見えます。

投稿: 円(まどか) | 2010年3月 7日 (日) 12時15分

「わ」というよりはゆたかな「なごやか」という和ですね。
七画目と最終画の響きあいが感動です。

投稿: mi | 2010年3月 7日 (日) 09時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 胸をうつ美しさ | トップページ | 「咲」 »