« 日テレ3往復 | トップページ | 書道におけるパフォーマンス考 »

2010年5月 6日 (木)

修造学園 学校では教えてくれない授業

ズームイン「書道ガールズ甲子園」の第1回と第4回に出場した
松山女子校から、テレ朝5日午前10:30からの
『修造学園 学校では教えてくれない授業』の出演案内を
もらっていたので、しっかり見させてもらいました。

といっても、リアルタイムでは松女が出てきた頃に眠ってしまったので、
録画したものを夕方に見たのですがsweat02


内容は、小学生に大字書パフォーマンスを指導するというものでした。
なんと!新聞をつないだ何メートルもある練習用紙に
50回も書かせるという過酷な挑戦です。


上手く書けず、カラダも疲労困憊し、挫けそうになって
泣き出す子供達を励ます松岡さん、松女の書道部員、顧問の石原先生。
全員が目標に向かって立ち向かう姿に感動しました。


そして、次の日には素晴らしい大字書パフォーマンスが披露されましたshine


「くりかえして技にする。型をつくる。」


きっと全国の書道ガールズ達も、同じような修練の上に
精神性を高めて挑んできたんでしょうねsign02


先日映画の試写DVDを見ましたが、
出演の女優陣もしっかりと型を身に付けていました。


あと、高橋卓也くんも、表現の方向性は違うけれど、
納得するまで書きまくります。
そして本人が「これ出来た!」と決めた作品は
アートとしての高いクオリティーがある。
ちょちょっと書いて「芸術です」なんてことはない。
凡人が卓也くんの真似をしても嘲笑されるだけです。


ここ数年、テレビや広告媒体などのメディアで、薄っぺらいご託を並べ、
誤字を書いていても、筆順が間違っていても「凄いでしょ?」的な
厚顔無恥、なんちゃって書道家連中とは全く次元が違います。


この日のブログにも書きましたが、
以前、フジの「めちゃイケ」で、松岡さんが岡村さんに
フライパンと蓋を使ってテニスを指導されてましたが、
それは単なるお笑い的要素ではなく、的確なテニスの
<型>を身につけるための優れた指導でしたね。

|

« 日テレ3往復 | トップページ | 書道におけるパフォーマンス考 »

コメント

こんにちは。修造学園を見て頂きありがとうございます。
この日は、書道ガールズ甲子園の放送日でもあり、私も拝見しました。私達の書道パフォーマンスに対する思いは、書道に一番重点を置いて、普段の練習を元に書く姿で見ている方を楽しませたい。という思いで、顧問の先生にご指導を頂き、私達は毎日練習しています。カッコイイ書道を披露する為には普段の生活、毎日の練習が一番大切なのでこれからも感謝・謙虚・一流で頑張ります。
書道ガールズ甲子園の審査お疲れ様でした。

投稿: 松女書道部三年 | 2010年5月 7日 (金) 11時52分

こんにちは。
修造学園 ご覧下さり本当にありがとうございます。放送が終わってみて、やはり人を感動させるパフォーマンスにはそれだけの練習と「熱い気持ち」がありました。ご覧下さる方が涙を流してしまうような本当に熱い気持ちの入ったパフォーマンスをしていきたいと思います。ありがとうございました。

投稿: 松山女子高書道部二年 | 2010年5月 7日 (金) 11時51分

先日の修造学園をご覧頂き有り難うございました。
今回私達は初めて指導する側になり、石原先生のサポートとして書の基礎から教えていきましたが、逆に子供達から教わる事が沢山ありました。
テレビの画面からも子供達の努力や自信が伝わってきました。自信を持つ為には繰り返しの練習が大切だということも改めて感じました。
私達はこれからも本物の書で魅せるパフォーマンスをしていきます。
有り難うございました。

投稿: 松女書道部二年 | 2010年5月 7日 (金) 11時47分

こんばんは。昨日は修造学園ご覧くださりありがとうございました。番組で小学生たちと関わるなかで逆に教わることが多く、私たち自身もとても成長できたと思います。番組で言っていたように繰り返し行うことで身につけていくことが大切だと思いました。パフォーマンスをするにあたってもまずは本筋の“書”を書くことに重点を置き、繰り返し練習を積んでからでなければ本物の書道パフォーマンスはできないと思います。

私たちはパフォーマンス性を重視したものではなく文字の美しさで勝負したパフォーマンスをして、見てくださる方々に感動していただけるようなものを作っていきたいです。

投稿: 松山女子高書道部三年 | 2010年5月 7日 (金) 11時46分

こんにちは。
修造学園をご覧下さりありがとうございました。

書道パフォーマンスでも何にしても、人を感動へ導く事が出来るのは
自信に繋がる何度もやる練習や、心を込めて行う事だと感じました。

見て下さった方々に感動して頂けるような書道パフォーマンスを一回一回、心を込めて、やっていきます。
つねに最高の書道パフォーマンスを目指しこれからも頑張ります。

投稿: 松女書道部二年 | 2010年5月 7日 (金) 11時45分

修造学園を見て頂き
ありがとうございます。

今回はパフォーマンスを
やらせて頂く側ではなく
指導する側に周りました。

2日間小学生6人と過ごす
中で、小学生から学ぶ事が
たくさんありました。

泣きながら諦めずに
紙に向かう子供たちを見て
私達部員もとても感動し
元気をもらいました。

これからもパフォーマンスを
やっていく上で、修造学園で
学んだ事を活かしていきたい
と思います。

ありがとうございました。

投稿: 松女書道部三年 | 2010年5月 7日 (金) 07時40分

修造学園をご覧頂きありがとうございました。


今回の修造学園で、繰り返しの練習の大切さや、本気で取り組めば見てくださる方に感動してもらえる、ということなどたくさんのことを子供達から学びました。


これから私達松女書道部は、仮名を生かし、美しいパフォーマンスを目指して練習していきます。


ありがとうございました。

投稿: 松女書道部二年 | 2010年5月 7日 (金) 07時15分

修造学園ご覧いただき、ブログの記事にまでしていただきありがとうございました。
子ども達の成長を見て、私達にも考えさせられることが沢山ありました。
諦めないこと、努力すること、それを乗り越えれば成長ができると感じることができました。
私達はこれからも本来の美しい書道を目指したパフォーマンスをしていき、皆様に感動を与えられたらと思っています。
最後には本物が残ると信じています。
本当にありがとうございました。

投稿: 松山女子高書道部3年 | 2010年5月 6日 (木) 23時52分


修造学園、ご覧下さりありがとうございます。

繰り返し練習することの大切さと
本気でやれば気持ちは伝わる
ということを子供達から学びました。


これからも感謝の気持ちを忘れず、作品づくりに力を入れ、書道パフォーマンスでは、本当の書道で見て下さる方に感動を与えられるように頑張ります!


ありがとうございました。

投稿: 松山女子高書道部3年 | 2010年5月 6日 (木) 23時36分


こんばんは
修造学園ご覧くださりありがとうございます!
子供たちからたくさんの感動を頂き、繰り返し練習するということの大切さを感じました
これからも仮名作品でもパフォーマンスでも本物の書道をしていき、たくさんの方々に感動をあたえられるよう頑張っていきます。

ありがとうございました!

投稿: 松女書道部三年 | 2010年5月 6日 (木) 22時44分

修造学園をご覧頂きありがとうございます。

今回の修造学園を通して、繰り返し取り組むことの大切さなどを小学生から学ぶことが出来ました。
私達はパフォーマンス面だけでなく、松女書道部が普段の作品で書いている仮名を生かし、
作品の美しさを追求し、見て下さっている方に感動して頂けるような"書道"のパフォーマンスが披露出来るように、日々努力していきます。

また、これからも書道パフォーマンスが主ではなく仮名の作品を書くことを主として研究心を持ってしっかり取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

投稿: 松山女子高校書道部三年 | 2010年5月 6日 (木) 22時35分

放送見てくださり
ありがとうございます

私たちのパフォーマンス
は見てくださる方々に
書いている姿を
みて楽しんで頂いたり
心から感動して
頂けるようにと
パフォーマンスを
しています。今回
この番組を通して
私たちは子供たちから
たくさんの事を
教えてもらえました
このことを忘れず
これからも一生懸命に
練習に取り組みたいと
思います!

投稿: 松女書道部三年 | 2010年5月 6日 (木) 22時26分

こんばんは。
修造学園をご覧くださりありがとうございます!!

この番組で私達もたくさん学ぶことができ、大きく成長することができましたし、たくさん感動をもらうことができました。
この感動や気持ちを忘れずに日々精進してまいります。

これからもよろしくお願いします!

投稿: 松山女子高書道部3年 | 2010年5月 6日 (木) 22時20分

こんばんは。放送ご覧下さりありがとうございました。
今回子供達から学ばせて頂いた事をこれからに生かし、仮名でもパフォーマンスでも、本物の書道で沢山の方に感動を与えられるよう、これからも頑張ります。
ありがとうございました。

投稿: 松山女子高書道部三年 | 2010年5月 6日 (木) 22時08分

修造学園ご覧くださり
ありがとうございました!
部員一同とても
嬉しく思っております。


かなの作品や書道パフォーマンスを通して、人に『感動』を与えることを大切にしています。努力や苦労を重ねたものは、きっと美しい作品になり、ご覧くださる方々には『感動』が生まると思います。

そんな素晴らしい書道の心を大切に、これからも頑張っていきます。ありがとうございました。

投稿: 松女書道部3年 | 2010年5月 6日 (木) 21時47分


いつもお世話になっております。

修造学園が終わってからすぐに東京にお住みのかたから『感動しました』と連絡を頂きましたflair小学生が本気でやっていたからこそ画面を通して感動が伝わったのだと思っています。
なので松女書道部は表や見た目にとらわれた人に感動を与えられないパフォーマンスではなく本気で本物の感動を与えられるパフォーマンスをこれからもやっていきたいと感じました!

ありがとうございましたshine

投稿: 松山女子高書道部三年 | 2010年5月 6日 (木) 11時12分


放送をご覧下さりありがとうございました。
世界的有名な松岡修造さんと共演させて頂き部員一同、貴重な体験をすることが出来ました。

また、子供達に日本の文化である書を教える上で、私達もその番組を通して感動を頂くとともに、努力する事の大切さを学ぶ事ができました。
これからも私達松女書道部は真の書を通した、感動ある書道パフォーマンスを作りあげていきたいと思っています。
ありがとうございました。

投稿: 松女書道部幹部一同 | 2010年5月 6日 (木) 10時24分

私たちも見させて頂きました。
すごい修練というか修行でして、
精神力を高める一方法として参考になりました。
めげない すねない なかない で
力強く 書に向き合えるように頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: NEW川口高校書道部一同 | 2010年5月 6日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日テレ3往復 | トップページ | 書道におけるパフォーマンス考 »