« 富士と月 | トップページ | 筆の記憶 »

2010年6月 3日 (木)

さらに金髪

まずは、
左が墨汁ばかり使った筆で、
右がほぼ新品の筆。

Fude02


そして、
左がこの日に紹介した筆で、
右が今回あらためて確認した筆。

Fude01_2

明らかに濃い金髪でしょshine
この筆は、24年くらい前に買った、
富山の天心堂製の湖水という筆です。(当時40000円)
当時は純白だったんですが、
めちゃくちゃ使いまくって金髪にshine


当時書いた「不断」や「鶴脚」などが
この筆によるものです。

Fudan

Kakkyaku_2


そして、先日久々にこの筆で作品を書きました。

Fude03

近日中にアップする予定ですnotes

|

« 富士と月 | トップページ | 筆の記憶 »

コメント

2年前に亡くなった祖母の筆の中に、天心堂の「湖水」という同じ名前の筆がありました。祖母のものは、墨汁を使っていたらしく、金髪ではありませんでした。わたしは、こんな大きな筆を使って書いたことがないので、「宝のもちぐされ」状態です。先生の新しい作品を楽しみにしています。

投稿: hide | 2010年6月 3日 (木) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 富士と月 | トップページ | 筆の記憶 »