« 光明皇后『樂毅論』 | トップページ | 先生にも先生がいる »

2010年7月30日 (金)

臨書はモノマネ行為ではありません。

臨書はデッサンpencilであり、筋トレgoodであり、発声練習note


ですから、何事においても何かをクリエイトするにあたっては、
“初歩くらい身に付けておけよ”という初歩があるわけで、
書における初歩は臨書。臨書はモノマネ行為や贋作作りではありません。

まして、どこかの書道会で師範になったとしても、
会によっては「子供に教えてもいいですよ」的な資格だったりするので、
師範がようやく初歩のスタート地点といってもいいかもしれません。


なので、子供のおママゴトみたいな文字を書いて、
クリエーターとかプロフェッショナルとか甚だ陳腐で馬鹿馬鹿しいwobbly


いや、おママゴトでも全然いいんですよ。
でも、おママゴトをやるんだったら、厳しい目の人間が見ても
胸がキューンとするようなおママゴトや、
背筋がゾワーっとするようなおママゴトに到達してないと、
思いっきりガッカリするshock


そのためには臨書で書道神経をガッツリ鍛えておくことが重要ってことですgood


さて、この画像は、
山梨fuji石原ミポリン先生から送られて来た「神」という字。
お友達のLIVEに飾る舞台デコレーションだそうですshine

100724_173001
※クリックで拡大

最終画が深く厚く粘り強い線でありながら、最後の抜きが流石。
3次元の展開で、壮大な宇宙が広がっていますshine
こういうのがプロフェッショナルな仕事ですgood

|

« 光明皇后『樂毅論』 | トップページ | 先生にも先生がいる »

コメント

石原先生も近代詩文の細線作品から大作まで書きこなされるのですね。さすがです。

投稿: 某生徒 | 2010年7月30日 (金) 20時52分

臨書わとても大事ですthinkshine
基礎がしっかりしていないといい字わ書けないflair
臨書の大切さconfidentflair


そう森大衛先生に
深く教わりましたconfidentshine

投稿: 書道b | 2010年7月30日 (金) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光明皇后『樂毅論』 | トップページ | 先生にも先生がいる »