« コーディネート | トップページ | YOKOHAMA »

2010年8月 8日 (日)

第37回 神奈川独立書展 訪問

「第37回神奈川独立書展」を観てきました。
「第19回神奈川県青少年毎日書道展」も同時開催されています。


たくさんの写真を撮って来ましたが、それは個人で楽しみますhappy01
というわけにもいかないので、数点ご紹介しましょうshine


まずは、最近ではこの日のブログに登場の、
青山浩之先生の『圧巻』

Photo

二画目のはらいが、通常なら紙の上っ面を滑る
浅いものになりがちでありながら、重く厚いボリューム感に。
そして最後は再び高く吊り上げて抜く展開はまさに「圧巻」。

ちなみに、はらいの先にいる女性(森大衛の隣り)は、
山梨の石原ミポリン先生


そして、青山先生の隣りは、上松桂扇先生。

02
この画像では作品がほとんど分からないので、
大きいサイズでどうぞ。(↓クリックで拡大)
01


そして、岩島巌峰先生の『鼎』。

Photo_4

岩嶋先生は先日の毎日展に出品された作品『融』で
会員賞を受賞さています。

Photo_18

Photo_19

ちなみにこの日のブログにちょっとだけ登場。


そして、立川大岳先生の『風』。

01_2

造形の妙もさることながら、
最終画の風船が弾けるような筆致が素晴らしい。
超長鋒筆を用い高く強いタッチだからこそ弾けた展開です。
(↓クリックで拡大)

02_2


この他にも、目を見張る約120点の大作、小品、半紙臨書作品などと、
生徒児童たちの作品約1300点。
星碧雨先生と奥玲舟先生の個人コーナーもあります。

8月13日(金)まで、JR関内駅南口正面の
横浜市民ギャラリーで開催されていますので、
本物の芸術書、現代書の真髄を観にぜひ足をお運びください。

|

« コーディネート | トップページ | YOKOHAMA »

コメント

ん?
どの作品についてでしょうか?
森大衛は神奈川支部じゃないですよ?

投稿: 大衛 | 2010年8月15日 (日) 23時10分

森大衛先生の文字には力があります。

大衛先生の書道文字を見るたび明日も頑張ろうという元気が出てきます、
そして心の落ち着きと癒しを感じています。

投稿: 名無し | 2010年8月14日 (土) 03時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コーディネート | トップページ | YOKOHAMA »