« 第62回毎日書道展 | トップページ | 言霊の天才(1 »

2010年8月 1日 (日)

「|」の展開

この日の日記の石原ミポリン先生から、
昨日行なわれたお友達のLIVEの画像が届きましたshine


100731_2111020001_3

この「神」という字は3枚書いて、
採用されたのは先日のものではなく、
↑上の画像のものになったそう。

こちらの「神」は、最終画「|」が、
パチパチと降り注ぐ流星群や
キラキラと輝く滝のようですshine
大きなアプローチで逆筆で入筆した効果ですねgood


追記:終演後の会場写真が送られてきましたshine

100801_103501

こんなにデカいsign03
100808_122101

|

« 第62回毎日書道展 | トップページ | 言霊の天才(1 »

コメント

盆踊りの晩 祭りのクライマックスの和太鼓の演奏を写した写真に全く同じシャボン玉のようなものが無数にありました。
演奏者を取り囲むようにして 周りがまるで写らないほど半透明な丸い玉が重なり合った不思議な写真でした。
私はそれを、亡くなられた方の魂が喜んで集まってきているのだと聞きました。太鼓は魂を鎮めるため昔からたたかれていたのだと。
先生  懐かしくおもっています。

投稿: | 2010年8月 4日 (水) 12時04分

ありがとうございます。
たびたび登場させていただき光栄です。

作品に対しての細やかなお言葉、痛み入りますです。

またまた写真を追加してくれてありがとう。
しゃぼん玉がたくさん飛んでるような不思議な写真です。

「神」の最終画は滝のようだと話題になりました。
素晴らしいライブになりよかったです。

「風カヲル時」は、尺八・ピアノ・和太鼓で織りなす和風ジャズユニットです。
山梨を拠点に活躍してます。
私、一押しのアーティストです。

毎日あつ~いけど、頑張ってね!感謝してるよ~。

みぽりん

投稿: みぽりん | 2010年8月 2日 (月) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第62回毎日書道展 | トップページ | 言霊の天才(1 »