« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

JR浜松町駅にいる◯◯小僧が

JR浜松町駅の◯◯小僧が、秋の装いになっていましたmaple



http://www.youtube.com/watch?v=TFXmmJYS030
そんなビックリした目で見つめないでeyesweat01

| | コメント (3)

10月2日(土)は五箇山和紙まつり

五箇山は、世界遺産の合掌造り集落がある町。
しかも、正倉院の宝物と同じ製法の和紙を生産していることが判明した和紙の町。


第20回五箇山和紙まつり

■五箇山和紙まつりアトラクション 特設ステージ
○10月2日(土)
13時00分から 特別出演 森大衛 書パフォーマンス


のようです。(^^;;

作品プレゼントがあるかもしれないっぽいです。d(^_^o)


ということは、あっという間に富山の実家に戻るみたいです。( ̄▽ ̄)

| | コメント (3)

10月1日(金)は東京タワー

■元気とやま in 東京タワー■

10/1(金)には、富山県出身の書家「森大衛」先生のトークショーも行われます。


なんだそうです。(^^;;


14時から「大展望台club333」らしいです。scissors


司会進行は、元富山教室、現在渋谷教室の生徒、
元FMとやまのアナウンサー沼倉真理子さんかもしれないです。☆彡

作品のプレゼントがあるかもしれないらしいです。d(^_^o)

ということは、あっという間に実家を離れるみたいです。( ̄◇ ̄;)


画像は、2009年元旦の「第1回書道ガールズ甲子園」に
審査員として出演した際に、日テレから撮った
向かいのビルに映る東京タワー

10月1日(金)は東京タワー

| | コメント (1)

2010年9月28日 (火)

私しばらく実家に帰らせていただきます

↓渋谷新教室の写真
私しばらく実家に帰らせていただきます

えーと、16日に教室を引っ越して

すぐに通常の教室が始まって

独立秋展の鑑賞&パーティがあって

独立本展の手本書きまくりをして

また通常の教室をおこなって


と、約2週間の東京滞在を終え


わたくし実家に帰らせていただきます!


といっても、富山に着いたら

市内のガキんちょ達の教室に直行です。

| | コメント (5)

2010年9月26日 (日)

手本書き第一弾は一段落

20日(月)からスタートした
手本書きウイーク第一弾が一段落。ふぅsmoking


Photo


これはほんの一部です。

| | コメント (3)

2010年9月23日 (木)

今日は手本書き

昨夜は2010秋の独立選抜書展の懇親パーティーがあり、
全国からこんなにたくさんの先生方が集まりましたbeer

同じテーブルは富山の氷見雅舟先生や、酒井麻見先生と同席し、
二次会は、昨年愛媛でお世話になった三浦白鴎先生や、
前日のNHK「あさイチ」に出演の美文字王子こと青山浩之先生等と、
飲みました。


そしてそして本日は、来年1月の独立書展に向けて、
渋谷教室からの出品者の手本書きです。
おととい21日にも12名の手本を本人の前で書いたのですが、
25日までそれが続いて50名ほどになります。

来月に入ると富山からの出品者の手本書きがあり、
全員で何人分になるのか自分でもよく把握していないのですが、
頑張って書きまくりますですよgood

| | コメント (1)

2010 秋の独立選抜書展

26日まで、大田区産業プラザPioにて開催の
「2010秋の独立選抜書展」に、
森大衛の『心響』が展示されています。


Photo_7


なんと、秋の選抜書展会員の部、
森大衛は今年初めて入選しました。
97年に会員に昇格して13年目にしてようやく初入選。
応募しなかった年もあるけれど、
たぶん落選連続最多記録保持者shine(笑)


しかし、独立書人団は有名無名など一切関係なく、
応募作品を純粋に評価する団体だから大いに信頼できるのです。


まあ、落選し続けてきたことを全然気にしていない
森大衛も珍しいタイプですが…
しかも連続記録が途絶えてちょっと寂しいと思ってるsweat02


そんなことはさておき、
やはり独立の書はあらゆる方向性の現代書が目白押しですgood
森大衛は良い作品をみると嬉しくなるタイプなので、
ウキウキしながら会場内を回ってきました。


品川駅から京急線で蒲田下車、徒歩数分の
「大田区産業プラザPio」にて、
25日(土)までは午後6時、
26日(日)は午後1時まで開催されていますので、
ぜひ足をお運びください。(入場は無料です)


うちの教室からは、一般会友部門の石崎成美さんが
「臨・書譜」で入選しています。

Photo_9

25日(土)13:00からの独立研究部ギャラリートークに選ばれたので、
審査会員の先生による講評を聞くのもいいと思いますgood

| | コメント (5)

堀桂琴遺墨展&第15回桂会展

21日から26日まで、銀座の東京セントラル美術館で開催の
「堀桂琴遺墨展」とその門流の方々の「第15回桂会展」を観て来ました。


5F「堀桂琴遺墨展」


7F「第15回桂会展」


在りし日の堀先生

Photo


堀先生は、1974年のNHKの連続テレビ小説
「鳩子の海」のタイトル文字を揮毫されています。

Photo_5

しかし、やはり堀先生の真骨頂は
本道の書家としての凛とした姿勢。
あらゆる作品が本当に素晴らしい。
昨今のなんちゃって題字屋など足下にも及びません。
森大衛が言うんだから間違いはありません。


堀桂琴先生略歴(クリックで拡大)

Img_1557


故・手島右卿先生の言葉(クリックで拡大)

Photo_2


桂会総務、小野桂甫先生の言葉(クリックで拡大)

Photo_4


たくさんの素晴らしい作品を写真や動画で撮って来ましたが、
それは森大衛個人で楽しみます。


ぜひ、魂から湧き上がる超絶的な線運動や
深遠な空間美を直に会場で味わってください。
26日(日)まで開催です。


昭和59年芸術選奨文部大臣賞「いろはうた」

Photo_6

| | コメント (2)

2010年9月22日 (水)

「ザテレビジョンZoom!! vol.2」

ザテレビジョンZoom!! vol.2

大野智 和服でまったりアートグラビア
■日本庭園で散歩する大野くんのまったりグラビア&人気書家・森大衛とアートについて真剣対談も!


ということで、この日の対談が掲載されています。

まだ内容を確認していないので、どんな感じなのかちょっと不安ですがsweat02

| | コメント (13)

2010年9月19日 (日)

「あさイチ」に青山浩之先生出演

最近のブログでは、神奈川独立書展訪問に登場の、
横浜国立大学准教授の青山浩之先生から、
21日(火)8:15からのNHK総合「あさイチ」に出演との連絡ありmailto


チンプンカンプンな精神論などではなく、
確実に「美文字」になる内容ですので、
録画設定の上ご覧くださいgood

| | コメント (3)

■元気とやま in 東京タワー■

パワースポット「東京タワー」と
神秘の国「越中とやま」がコラボ!

■元気とやま in 東京タワー■
日程 9月18日(土)~10月11日(月)
時間 9:30~21:50 (※常設展示コーナー)
場所 東京タワーフットタウン2階 


Toyama

富山出身の首都圏若者ネットワーク
「acoico(あこいこ)」 情報発信用ブログ

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

独立山梨支部書展訪問

今日は、第27回山梨独立書展を観に行って来ました。


山梨県上空は毎週のように飛んでいますが、
足を踏み入れたのは初めてです。

Photo_2


まず、会場の山梨県民会館地下展示場に入ると、
山田紅楓先生の大作「大輝」が目に飛び込んできました。

Photo_3


そして、清水裕美先生の杜甫詩「王華宮」は
ご本人と共に動画でどうぞ。


支部長 岡田稲香先生の「大悲慈眼」

Photo_4


秦硯堂先生の「心照」

Photo_5


飯室智光先生の「法悦」

Photo_7


石原美歩先生の「額田王(ぬかたのおおきみ)のうた」は
ランプシェードになっていて、和紙には水晶が散りばめられています。


そしてもう一点、石原美歩先生の
「杜家立成雑書要略」全文臨書作品をご覧ください。

なんと全長8m50cmsign03


そして、石原美歩先生のお弟子さんお二人の作品

小林千賀子さんの「志適」

Photo_8
初めての大字作品だそうです。


輿石美影さんの「臨 多寳塔碑」
Photo_9
先生のお手本なしでの全臨です。
っていうか、森大衛はこんな手本は書きたくありませんsweat02

うちの生徒達も早く手本なしでも作品が
仕上げられるように頑張りましょうgood


他にも総勢54名による、あらゆる表現方法の
素晴らしい作品があり、写真もたくさん撮りましたが、
それは森大衛個人で楽しみます(笑)


さて、鑑賞の後は、甲府の郷土料理「ほうとう」の『小作』へ

Photo_10


出されたお茶に茶柱が立っていましたgood


Photo_11

そして、ほうとう三昧shine
響きだけだといけないことのようですが(笑)
真ん中にあるのはなんと、さくらんぼのしば漬けcherry
甘くてちょっと酸っぱい味にみんな感動delicious


以前からずっと山梨訪問を楽しみに待っていてくださった
石原先生をはじめそのお弟子さん方、
会場でお声をかけていただき有意義なお話をさせていただいた先生方、
本当にありがとうございました。

| | コメント (2)

2010年9月17日 (金)

引っ越し

昨日は渋谷教室の引っ越しでした。


段ボールはパンダ
Photo_2


そして、↓これもeye

欲しい(笑)
あ、履いた後のやつじゃないよ!

| | コメント (0)

JR浜松町駅ホームにて

たまにはこんな動画で和んでいただければbleahgood(音声あり)


http://www.youtube.com/watch?v=_NKQnNNaPuc
看板、ちょっと惜しい…( ´艸`)プププ


ちなみにこの子のことを調べてみると、
季節ごとに衣装が違うんですね。
港区HP内のギャラリー

| | コメント (1)

2010年9月15日 (水)

海に架かる虹

Photo


動画でもどうぞshine(音声あり)

| | コメント (1)

2010年9月14日 (火)

渋谷区宇田川町教室最後の日

2007年9月にアトリエ&教室を構えてから丸3年。
渋谷区宇田川町の教室は昨日で最後となりました。

20代の頃には憧れの街だった公園通りやセンター街を
毎週通ったことが、富山在住の森大衛には夢のような生活でした。


そして、来週からは…


同じ渋谷区○◯町(トップシークレット)で新たなスタートを切ります。
これまでの約2倍の広さの教室&アトリエになります。

渋谷教室の皆さん、来週からはハチ公口ではなく、
モヤイ像側の南口もしくは西口から出て来てくださいね。

| | コメント (7)

2010年9月11日 (土)

独立富山支部錬成会

今日は独立富山支部錬成会があり、
静岡から外山博彰先生を講師にお招きして
作品制作に対するアドバイスを承けました。


皆さん一生懸命書いていたので、。
写メを撮るのは忘れてしまいました。(^_^;)

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

嵐と嵐の間の富士山

嵐の大野くんに会った翌日の富士山は、
久々にスッキリとふもとまで末広がりfuji


Photo


これまで富士山の写真はたくさんアップしてきましたが、
富士山を映した動画は初アップですmovie
(音声はエンジン音)


しかし、この翌日は台風9号が日本列島を横断しましたねsweat02


富山は進路をそれて被害はありませんでしたが、
皆さんのお住まいの地域では被害はありませんでしたか?
被害に見舞われた方々にはお見舞い申し上げるとともに、
一日も早く復旧し元の生活に戻られることを願っております。

| | コメント (6)

蓮花ちゃんがM-1出場へ

2010nara013


4月14日のブログに登場
葛城市のマスコットキャラクター
蓮花ちゃんが、M-1出場へ


ちなみに蓮花ちゃんを被ってみたことがある
なんてことは決して言えません。( ´艸`)プププ

| | コメント (1)

2時間

今日は某新聞社の取材がありました。


子供の頃から現在、これからのことについて、
気が付けば2時間も話していました。

字数制限のある中でどの話をどのように記事にされるか、
記者さん泣かせになったかもしれないけれど、
読み応えのある内容になるんじゃないかと思います。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

「般若心経」

「般若心経」

ちょっとだけよ。

| | コメント (8)

2010年9月 7日 (火)

大野智君との対談

昨日は、雑誌の取材で嵐の大野智くんと対談をしました。


実は、森大衛は「もう無闇にタレントさんを褒めることは
プロとして無責任かもしれない」と思っていたので、
オファーが来た当初はスケジュールが厳しいこともあって
断わろうと思っていました。
しかし、うちのデスクの方がOKを出し、
スケジュール調整も終えていたので、
ちょっと乗り気ではなかったけれど現場に向かいました。


ところが、その考えは大野くん単独撮影の待ち時間に
この作品集を見せてもらって覆されました。


タレントさんによくありがちな、
「私が作ったこれって素敵でしょ」
「俺が書いたこれってスゲーだろ」的なものをみると
ちょっとイラっとするじゃないですか。
それが大野くんの作品には一切ない。
職人といってもいいほど自己の内面と可能性に
謙虚に真摯にひたむきに向き合っている。
それはどんな分野にも通じる道だと思う。


あまりここで多くを語るとネタバレになるので
このくらいにしておきますが、
お互いにタイトなスケジュールではあったけれど、
大野智というアーティストと過ごしたことで、
森大衛の夏風邪は治りましたgood

| | コメント (51)

2010年9月 5日 (日)

夢三昧『JC富山青年会議所2010イベント』

昨日は、夢描こう未来のとやまを~ JCデー2010
イベントに出演しました。



会場の富山国際会議場前には、
路面電車のポートラムが走っています。

Photo


向かいは富山城。その向こうののタワーは市役所。

Photo_2


リーフレットには『夢』の文字。

Photo_3


会場の中にはたくさんの風船。

Photo_4


風船にも『夢』

Photo_6


いよいよトークショー

Photo_7


ステージにも『夢』

Photo_8


こども絵画コンクールのプレゼンターとしても登場

Photo_10


スタッフトレーナーにも『夢』

Photo_11


富山青年会議所理事長の藤井さん、富山市長の森さん、森大衛、
そして絵画コンクールで入賞した子供達。

Photo_12


さて、トークショーでは『夢』についてよりも、
ココセレブのインタビューからかいつまんだような
森大衛のこれまでの歩み的な質問にお答えしましたが、
近いうちに森大衛の『夢』についての考え方を
このブログでお話ししようと思いますのでおたのしみに。

| | コメント (2)

2010年9月 4日 (土)

うわっ!

昨日は久々にベルジュバンスグループのタカサキ美容院へ


まずは、シャンプーで念入りに洗われたけど、
ファイバースコープで見た頭皮や毛穴はこんな感じsweat01

Photo

ところが、


1時間以上かけてヘアエステしてもらうとこんな感じshine

Photo_3


※どちらも森大衛本人の毛穴です。

| | コメント (1)

2010年9月 3日 (金)

富山県民共済CM撮影

昨日は、富山県民共済のCM撮影でした。

今回で5パターン目になります。


スタッフのみなさんも一生懸命。

Photo_6

カメラさんや照明さんや音声さん、
それぞれがそれぞれの役割のエキスパート。
みなさんのためにも頑張らなければなりません。


今回は、富山市内で62年間続いている
『ハッピー食堂』さんでの撮影。
撮影前に生姜焼き定食をいただきました。

Photo_7
めちゃおいしかったgood

でも、これだけではありません。
撮影はこのお店の看板メニュー
「チャーシュー丼」をいただきながらの撮影です。

写メを撮れなかったので、
検索でこちらの「チャーシュー丼」をご紹介。
コロコロチャーシューと目玉焼きが2個ものってますsign03

すごく美味しくて、昼食後1時間も経ってないのに
しっかりいただいてしまいました。


皆さんありがとうございましたhappy01

Photo
ちなみにCMでは↑この字『丼』は使いませんsweat02

| | コメント (1)

2010年9月 2日 (木)

越中八尾おわら風の盆

今年はスケジュール的に厳しくて本祭りには行けませんweep


いつもは高校時代の友人、孝文邸にお邪魔して、
鏡町のおわらを満喫させてもらっているんですが、
今年はこの日の前夜祭のみ。
しかも、本人は練習に出ていてすれ違いだったので、
会えずじまいsweat02


でもでも、今朝の北日本新聞に

Photo


孝文が写っていましたsign03
貫禄たっぷりですgood

Photo_4

もちろん頭をナデナデされているわけではありませんsweat02

| | コメント (1)

さくらまち『饗園(アエソノ)』

手づくり料理とおもてなしの店|さくらまち『饗園』

Photo_2


| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

夢描こう未来のとやまを~ JCデー2010

9月4日(土)富山国際会議場で開催の
Dream Together ~夢描こう未来のとやまを~ JCデー2010
13:10からのオープニングトークショーに出演します。

| | コメント (0)

第24回上市町美術展作品解説会

29日(日)は、上市町展の作品解説会と表彰式でした。

Photo

Photo_3


大賞の酒井麻見さん『鬼子母神』(クリックで拡大)

Photo_5
線活動の多彩さ、構築バランスの巧妙さが、
紙面に鮮烈で重厚な存在感を表出した作品。


町展賞の岡部明子さん『孤燈野寺鐘』

Photo_6
濃墨で羊毛超長鋒を丁寧に操り、
紙面の明るさが静寂な情景を表出した作品。


町展賞の堂田郁恵さん『西良湖(他1首)』

Photo_7
淡々と確実に真摯に紙面に対峙した、
雅趣のある作品。
(※会場ライトの反射の関係で審査時の画像です)


奨励賞の有川一美さん『立山の雪(万葉集3句)』

Photo_8


奨励賞の堀田育美さん『山塘晩霽』

Photo_9


奨励賞の村上貞雄さん『ゆりの詩』

Photo_10


皆さん受賞おめでとうございました。

審査を担当するにあたり、森大衛が心がけていることは、
各分野それぞれに表現の趣旨はさまざまですから、
分野の好き嫌い、優劣での審査思考は誤りです。
それぞれの方々が目指す表現の充実感、完成度を
評価基準とさせていただいています。
それは「いいとも!」や「書道ガールズ」での評価も
すべて一貫した姿勢です。


さて、ここからは運営委員、招待作家の先生方の作品をご紹介します。


運営委員の種田均先生『運』

Photo_11


運営委員の安達維玖子先生『夏夜』

Photo_12


招待作家の小池淳子先生『聲』

Photo_13


招待作家の長澤孝子先生『啄木のうた』

Photo_14


招待作家の山本晃士先生『progress(プログレス)』

Photo_15


審査員の森大衛『心華』

Photo_16


そして、
写真部門の審査員で高校時代の恩師、
高見源彰先生の『暮れゆく利尻山』(クリックで拡大)

Photo_17

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »