« 夢三昧『JC富山青年会議所2010イベント』 | トップページ | 「般若心経」 »

2010年9月 7日 (火)

大野智君との対談

昨日は、雑誌の取材で嵐の大野智くんと対談をしました。


実は、森大衛は「もう無闇にタレントさんを褒めることは
プロとして無責任かもしれない」と思っていたので、
オファーが来た当初はスケジュールが厳しいこともあって
断わろうと思っていました。
しかし、うちのデスクの方がOKを出し、
スケジュール調整も終えていたので、
ちょっと乗り気ではなかったけれど現場に向かいました。


ところが、その考えは大野くん単独撮影の待ち時間に
この作品集を見せてもらって覆されました。


タレントさんによくありがちな、
「私が作ったこれって素敵でしょ」
「俺が書いたこれってスゲーだろ」的なものをみると
ちょっとイラっとするじゃないですか。
それが大野くんの作品には一切ない。
職人といってもいいほど自己の内面と可能性に
謙虚に真摯にひたむきに向き合っている。
それはどんな分野にも通じる道だと思う。


あまりここで多くを語るとネタバレになるので
このくらいにしておきますが、
お互いにタイトなスケジュールではあったけれど、
大野智というアーティストと過ごしたことで、
森大衛の夏風邪は治りましたgood

|

« 夢三昧『JC富山青年会議所2010イベント』 | トップページ | 「般若心経」 »

コメント

今まで大野君は凄い凄いといい続けて思い続けていましたが
今回の記事で、確信が持てました
先生にほめていただいたんです
間違いないと確信しております

私は絵が昔から大好きでした
小学生低学年から書いていて、高学年に上がるほど、色々な技法を学んでいく
毎回がわくわくで、上手くいって、美術館等に行ったときにはとても嬉しかったです
でも今、中学生になって何を描いたらいいのか分からなくなってしまい、
あやふやな気持ちが絵にも表れていました
どんどん酷くなっていく自分の画を見て、気づくと美術等、画を描く時間が大嫌いでした
そんな時、母が大野君の個展の本を買ってくれて
中身を読んで驚きました
とても上手だったからです
その時私は大野君のおかげで気づきました
自分は何が描きたかったのかと、目標というものが無かったことです
今では、大野君の絵をじっくり見た後
前々から気になっていた奈良さんという人の絵を見に行ったりしました
とても勉強になります
今では画を描くようになり、前に楽しい時間も戻ってきそうな気がします

才能は無くても
才能のある大野君に助けてもらって、本当に感謝しています

確信が持てた今日
今までよりもよくなりそうな気がします
せんせいありがとうございます

投稿: | 2012年7月27日 (金) 15時54分

>しかし、何の根拠もない中傷など心配ご無用。
>あまりにバカバカしくて笑い飛ばしてしまえる

先生のこのコメントを読み、泣いてしまいました。
ありがとうございました。

対談、とても素敵でした。
いつの日かコラボ企画が実現しますように!!


投稿: ゆい | 2010年9月23日 (木) 22時07分

森先生と大野くんの対談を楽しみにして者です。先生のブログやコメントを読ませて頂くと、ここに載っていないところも気になります。ぜひコラボして、書によるお二人の世界を みせていただきたいと思います。実現を。

投稿: 秋風 | 2010年9月23日 (木) 18時03分

はじめまして、大野さんのファンの者です。

テレビジョンZOOM、拝見させていただきました。
お二人の対談の事は知ってましたが、どの雑誌かわからず、
表紙だけで購入。
開いたとたん「出会った!!」と感動!!

大野さんとのツーショット写真を見ていると、大野さんのリラックス感が出ていて、
先生との対談が本当に充実していたんだろうなぁと感じました。

「智」「嵐」
ボキャブラリーが乏しくて上手い表現ができませんが、とてもカッコいい!と思います。

先生、対談を受けていただき、本当にありがとうございました。
大野さんの引き出しが、また一つ増えたのではないかと思います。

いつか、本当にコラボしていただける事を望みます。

投稿: 智さんloveにゃんママ | 2010年9月23日 (木) 17時08分

はじめまして、こんばんは。
TVで良く拝見しています。
初コメです。

今日、テレジョンZOOM買いました。
おーちゃんとの対談
場所も日本庭園と
お互い和装でとても素敵でした。

私は書道は子供のころから苦手で
でも、自由に書いて良いと言う先生の言葉に
それと、おーちゃんのアートに対する姿勢に
お正月になると何か書いてみたい気分になります。

でも、書道セットがありません(笑)

おーちゃんも言っていたように
いつかコラボ楽しみにしています。

投稿: サトえみ | 2010年9月22日 (水) 18時05分

大野君をはじめて知ったのは「東山さんのバックでシンメで踊っている右側の子」・・でした。
キレのある完璧なふり、けれど、自己顕示欲のかけらもなく忠実に真っすぐに踊っている、感動でした。
それから大野君を知る旅が始まりました。
まごまご等での人柄のあふれる柔らかい温かい話しぶり、真夜中の広島で可愛くはじける大野君。海に出て鮫を貰って喜ぶ大野君。
ドラマでの病室のお姉さんとのシーンやラスト。感動です。
アートも「ファンの子に見てもらいたいから」・・って、ありがとう。そして透き通るような歌声、どれだけの努力を重ねたんだろうというダンス。
才能あふれる大野君ですが、世間での評価は事実からは低い・・。知られてないから・・が残念です。
そんな知れば知るほど魅力的な大野さんを温かく見て下さって感激です。
30歳の記念にソロアルバムがでないかなぁと限りなく0に近い希望を胸にひめつつ、先生と大野さんののご活躍をお祈りしています。

投稿: riko | 2010年9月19日 (日) 23時06分

感謝…。

ただそれだけです。。。

投稿: りょう | 2010年9月14日 (火) 11時26分

森先生のコメントを読まさせてもらって、少し残念な気持ちになっていたのが、晴れたように思います。ありがとうございました。近所のお寺の書道教室の前に今月の教訓みたいなのがあるのですが、まさに、今月のが、森先生のお言葉の通りだなって、感じました.それは…(敵の一人もいない者には、友達もいない) でした。対談の雑誌楽しみにしています。

投稿: さとみ | 2010年9月11日 (土) 19時14分

たくさんのコメントありがとうございました。


森大衛が大野くんの作品集を見て読んで感じた物事に対する姿勢、
大野くん本人と接した印象、そして大野くんファンの皆さんの想いが、
すべて繋がっていることを知ってとても嬉しく思いました。


さて、数人の方が危惧されている中傷的なコメントも残してあるのは、
世の中は賛否両論あることの方が自然です。
しかし、何の根拠もない中傷など心配ご無用。
あまりにバカバカしくて笑い飛ばしてしまえるほど、
森大衛は大野くんのことを評価しているので、そのままにしてあります。
(もちろん今後もし意図的な悪戯が増えれば容赦なく対処します)


ただ、たった一件ですが、ファンの方による感情的な暴言があり、
その方の心痛も察しはしますが、掲載は見合わせました。
どうかご了承下さい。


では、出版社から掲載の連絡が入り次第またあらためてお知らせします。

投稿: 大衛 | 2010年9月10日 (金) 22時12分

初めてコメントさせていただきます。
森先生のことは対談を行うということで知りました。

もともと日本画や、書道など筆を使った作品がとても好きなため先生の作品もいくつか拝見させていただきました。

大きく、伸びやかな印象の1つ1つな文字にとても胸うたれました。
力強く描かれた文字は何か強い意志を感じました。

芸術家の方々と対談する機会が大野さんを追う際、その中での素敵な出会いがたくさんありました。きっかけは大野さんですが、それぞれの方の作品を知り、自分自身感性が研ぎ澄まされる思いでした。

嵐ファン、大野さんファンとしてでなく、先生が感じた『偉ぶらない』姿勢を人として尊敬してます。
その部分に着目される先生にもとても惹かれました。

今後も先生の作品期待しております。

対談お疲れ様でした。


投稿: みかん | 2010年9月 9日 (木) 19時46分

初めてコメントさせて頂きます。
大変失礼ながら、森先生の事はブログを拝見するまで存じ上げませんでしたが、お顔を拝見して「笑っていいとも」に出演していた方だと知り、お顔とお名前が一致しました。
偶然にも最近、書道に興味を持ち先日図書館で借りて来た本が先生の本だった事を、こちらのブログで知りました。

私も大野智君の大ファンですので、お誉めの言葉を頂いて大変うれしく思っています。
出逢いは、偶然ではなく必然ですよね。
私も先生との出逢い!?に感謝致します。

これから沢山勉強させて頂きます。
ますますのご活躍期待しております。


投稿: risouママ | 2010年9月 9日 (木) 17時10分

嵐ファンの中学生です。


初めて拝見させていただきました。


大野くんはすごい才能を持っているのに、
それを前に出そうとしません。
そういうところが素敵だし、もっと多くの人に知ってもらいたかったので、記事を読んで嬉しかったです。

大衛先生、この記事書いてくれてありがとうございます。

大野くんとの対談楽しみにしております。


投稿: パイン☆ | 2010年9月 9日 (木) 12時49分

森先生、大野智くんに対する温かいコメントを有り難うございます。大野くんを応援している者です。先生のお人柄が良く分かりました。先生のファンにもなりました。最近書道がブームですね。私も興味を持ち始めています。先生と大野くんの対談を拝見するのをとても楽しみしています。

投稿: 3104ファン | 2010年9月 9日 (木) 07時37分

私は、富山で働きながら書道家を目指している大野くんファンです。
先日の嵐の国立ライブにも行ってきました。

森先生のブログも以前から拝見しており、
先日も富山県民会館に飾られてありました「誠」の字も見て参りました。
まさに、先生の誠実なお人柄が伝わる、すがすがしい文字で、しばらく見入っておりました。

私は、大野くんと出会ってから、以前から大好きだった書道を頑張れるようになりました。
いつも展覧会の前の書けなくて苦しい時には、必ずFREE STYLEを傍らに置き、
「初めから天才はいないんだ。好きだから、人よりもうまくなりたいっていう気持ちだけなんだ」
という言葉に励まされ、創作活動を続けています。自分には才能がないんじゃないか、
そう思うことは多々ありますが、大野くんのこの言葉を聞くと自然と肩の力が抜けて、
自分の納得できる作品をとことん作っていこう、そんな気持ちになれるんです。
そして、「私より忙しい大野くんが寝ないでも作品を作っているんだから、
私にだってできるはず!」と言い訳をしない強い自分になれました。

こうして、私に沢山の力を与えてくれた大野くんと、私の尊敬する書道家である森先生の対談は、
私にとってはまさに夢のようなもので、本当に楽しみで仕方がありません。
これからは、展覧会の締め切り前には、この対談を読みながら、テンションを上げて書こうかと思います。

乱筆、失礼致しました。先生のさらなるご活躍を期待しております。

投稿: しゃか | 2010年9月 9日 (木) 01時02分

良い歳をして初めてアイドルの大野君に填まった物です!
大野君と先生は御縁が有ったのですね!!
対談を読むの楽しみにしてます!

雑誌やテレビを通してしか知りませんが、大野君の書もとても素敵です!
大野君との御縁が続きます事を願ってます!!

投稿: sato | 2010年9月 8日 (水) 23時34分

悲しい、本当に泣いてしまいました。    
何をしたの、何もしていないでしょ。 こんなこと書いて 同じ人間としてはずかしい。 

投稿: 大宮 | 2010年9月 8日 (水) 23時00分

大野君との対談記事楽しみにしております。
夏風邪、治って良かったです。まだ暑い日があるようなので、御身体大切にお過ごしください。

投稿: ゆうこ | 2010年9月 8日 (水) 22時56分

初めまして^^
富山県民共済のCMを観ていて、このカッコイイお方は誰だろう?とずっと疑問に思っていました。
私は大野くんのファンですので、対談相手の森さんとはどんなお方?と気になって飛んできましたが、まさか…でした(笑)
歌・ダンス・演技の実力はもちろんですが、何が一番惹かれるのかというと、あの飾らない人柄に惹かれます。
以前大野くんは、好きで趣味で描いているものを評価されるのは……、とおっしゃっていました。
評価されるために、人気をあげる為になどという不純な動機ではなく純粋に趣味として楽しく描かれているのが作品集から伝わってきて、観ているこちらもホッコリとしたものです^^
才能という言葉に対しても、努力することが才能という素晴らしい考えを持っている方ですし、決して自分は歌もダンスも演技も絵も上手いとは思っていないお方でしょうね。芸能人には珍しい「謙虚」が兼ね備わっていて、人間としても"成っている"方なのではないでしょうか。
話は大きく転換しますが、そんな努力なお方が、ただ「ジャニーズ・嵐だから」という枠にはめられて、ジャニーズ嫌いや嵐嫌いな方からバッシングを受けるのは見ていられません。
ですので、9月7日 (火) 18時57分投稿のみちさん、9月7日(火)18時44分投稿の釣りさんのような記事は消していただきたく思います。投稿時間的にも文構成的にも同一人物に思えますが、ね。
悪意のある噂は、善意のある噂よりも数倍早く流れると言いますから…早急な対処をとられることを願います。

投稿: 沙柳 | 2010年9月 8日 (水) 21時26分

森大衛先生
はじめまして。テレビで拝見した事があるな〜なんて思っていましたところ、
嵐の大野さんとの対談をされたんですね。
先生の書に対する心。それは、相手への評価をする時にいい所を見つけ出してそれを褒める。
決して自分流を押し付けない。そういうところが素敵な方だと思っていました。

2010年9月 7日 (火) 18時57分投稿のみちさんや
2010年9月 7日 (火) 18時44分投稿の釣りさんのような
大野さんに対する悪儀なコメントをされる人がいますが、先生は決してそんな事で紛動
される方でないと信じています。

このような悪儀な書き込みが無くなる事を切に願います。

対談がどの雑誌に掲載されるのかは分かりませんが、楽しみに待ってます。
大変失礼しました。

投稿: 蝉時雨 | 2010年9月 8日 (水) 18時46分

はじめまして。私も大野君のファンです。
森大衛先生と対談されたことを知り、とても嬉しく思ってます。
笑っていいともに出演されてるときしか存じ上げないので恐縮なんですが、画面からとてもあたたかいお人柄がにじみでてて、書道の字も好きなのですが、先生自体のファンでもありました。

そんな先生が、大野君と対談なんて、嬉しすぎます。
楽しみです。

投稿: | 2010年9月 8日 (水) 14時32分

柔らかく優しい雰囲気のお二人の対談、凄く楽しみです♪

投稿: なたり | 2010年9月 8日 (水) 07時39分

お二人の対談 癒されそうですね
楽しみに待っております

投稿: 麗子 | 2010年9月 8日 (水) 02時46分

はじめまして。
大野さんが先生のような方と対談する事ができて、とっても嬉しいです。私は大野さんの才能や技術も勿論ですが人柄や人間性に惚れ込んでいるので、freestyleをご覧になった先生の感想もその内面に触れて頂いていてとても嬉しくなりました。大野さんの書もなかなか面白いですよ♪例えば「忍耐」と書いているのにとてもゆる〜い文字だったり(笑)対談、是非読ませて頂きます。

投稿: ヂルチ | 2010年9月 8日 (水) 02時44分

嵐ファンの者です♪森先生のブログに大野君のことが書かれてると聞いて、見に来ました。森先生のことも笑っていいともで拝見して、すごく好印象でした☆夏風邪をひかれていたそうで…まだまだ暑い日が続きますが、お体に気をつけてお仕事頑張って下さい。対談とても楽しみにしています。

投稿: くみん | 2010年9月 8日 (水) 01時47分

初めまして。突然失礼いたします。
タレントさんにありがちな~以下の部分
実は、自分も、大野智の作品集について、全く同じような感想を持ち、拙くも大手のネットレビューに書いたことがあるので(ちなみに賛同が多く、TOPに載せていただいてるようです)、文章を拝見して嬉しい驚きを感じました。

(ちなみに、音楽専門なので美術系のことは疎いのですが・・)

どうしてもそれだけ書きたくてコメントさせていただきました。
雑誌の発売を楽しみにしております。

投稿: onpu | 2010年9月 8日 (水) 01時40分

森先生、いつもブログで勉強させていただいております。
昨年でしたか、富山のキ○ン堂様でお見かけし、うれしさのあまり図々しくも話しかけてしまいましたBと申します。
大野さんに救われている人間がここにいることを知っていただきたく、生まれて初めての書き込みをしました。

私事ですが、近所の小学生に習字を教えながら、中央の書展に入選することを夢見ている40代主婦です。
嵐を知るきっかけは娘たちでした。
FreeStyleに記されている大野さんの「時間や才能がなくても、好きならできる!」という言葉に心打たれました。
疲れていても「少しだけ古筆を臨書してから休もう」と、背中を押してもらっています。私の心のバイブルです。

結果、今年読○書法展に初入選することができました。本当に大野さんと出会えたからだと思っています。(勿論、師匠の指導のお陰ですが)

娘達が姉妹で嵐のファンだと気がついたときには、「ジャニーズに夢中になるなんて・・・やめなさい」と叱った時もありました。
でも一緒に、ドラマ・映画・歌番組・バラエティー・雑誌・ライブdvdのダンスパフオーマンスなどを見て反省しました。生まれつき顔が綺麗なだけでやっていける、そんな甘い世界じゃない、と。これからは食わず嫌いをせず、森羅万象全てのものに耳を傾けよう、と。

先生、対談を受けてくださってありがとうございました。雑誌を楽しみにしております。
今私は、市展の作品の仕上げにとりかかっています。また偶然、キ○ン堂様でお会いできたらうれしく思います。
先生の益々ご活躍と、ご健康を祈念しております。

投稿: B | 2010年9月 8日 (水) 01時36分

大野くんファンです。はじめまして!
私は大野くんの人柄がとっても素敵なのでファンになりました。
大野くんもちろん嵐に関わる全ての人に感謝して、テレビ、雑誌楽しみにみさせてもらっています。これからも大野君を宜しくお願い致します。

投稿: つばさ | 2010年9月 8日 (水) 00時39分

「九龍」の文字に西洋と東洋、光と闇、相反するものを抱え込みながらも躍動する「香港」を感じました。私も香港のパワーに魅入られて、年に一度は香港を訪れます。
そして、私が魅入られているもう一つのもの「大野智さん」と対談して頂きありがとうございます。
森大衛先生と大野智さんとの対談が読める日を楽しみに待っております。

投稿: ウィン | 2010年9月 8日 (水) 00時38分

こちらの先生のお言葉を聞けて、智くんファンとして嬉しかったです!
お二人の対談、心より楽しみにしております。

投稿: さとおん | 2010年9月 8日 (水) 00時22分

また一人。
大野さんのおかげで、存じあげなかった人を識る機会をいただきました。
「いいとも」ずっと見てたけど、のほほんと見てて。(^-^;

今日、先生のお名前を覚えました。

対談とても楽しみにしております。
雑誌名など公表できる時期になりましたら
是非教えてくださいませ。

投稿: ちゃいむ | 2010年9月 7日 (火) 23時54分

私も大野君大好きですsign03
ひみつの嵐〜で、美肌。
筆遣いに大野君の隠れたキャラを感じましたheart04
大野君にとっても森先生との対談は実りあるものだったんだろうなと思います。大野君の大好きな釣りの話はでたのかしら…なんて、想像しちゃいましたhappy01

先生、夏風邪、治って良かったですねhappy01

恒例のお手本書きの日々がまっていることと思います。暑さが厳しい日々が続きますが、ご自愛ください。

投稿: 林檎 | 2010年9月 7日 (火) 23時33分

綺麗な心根の大衛先生と、大野さんに憧れます。
対談楽しみにしてます。

投稿: ふたば | 2010年9月 7日 (火) 23時23分

達筆王での優しいコメントにいつも感心しておりました。先生の書からは温かみを感じます。今回、大野さんとの対談を受けていただき本当に嬉しいです。先生も気づかれたと思いますが大野さんはアイドルらしくないナチュラルな方で感受性も豊かです。きっと森先生との出会いの中から得たものをこれからの創作活動にいかしてゆかれると思います。どんな作品を私達に見せてくださるのか今からとても楽しみです。お二人のさらなるご活躍を心からお祈り申し上げます。

投稿: がーねっと | 2010年9月 7日 (火) 23時03分

森大衛先生
この度は嵐・大野君との対談をして頂き、とても嬉しいです。
先生の人を表現される言葉は、とても素敵ですね。「自己の内面を可能性に、謙虚と真摯にひたむきに向き合っている。」と言われた先生の言葉ですが、大野智君を表現するのに相応しい言葉だと思います。
そんな先生の人柄にも、魅力を感じます。雑誌が発売される日をたのしみにしています。

投稿: さとっち | 2010年9月 7日 (火) 22時38分

大野智くんのファンです。
先生と智くんとの対談、とても嬉しく、楽しみに待っています。

対談を受けてくださって、ありがとうございました。

先生、一度嵐さん達と共演されてますよね。
TBSひみつ〜で、先生が書いてくださった、素敵な『嵐』覚えています。
あの時、智くんが今年の目標『美肌』と書いていました。勘違いだったらすみません。
また、ご縁があり対談なんて、本当に素敵です。

投稿: nobu | 2010年9月 7日 (火) 22時10分

ブログ、拝見させて頂きました。
森大衛先生と対談出来るなんて、大野さんは幸せです。
大野さんは”自分には厳しく他人には凄く優しい”人で、過去のTVでも、他人の欠点は決して口にせず、良い所を見つけては褒めていました。絵の描くのが苦手な人にでも、”これは酷い”ではなく、”ここの曲線が凄く上手”みたいな・・
彼の観点が、何処にあるのか?どう見えているのか本当に不思議です。正直、良い所だけが目に映るのでしょうね。
大野さんは、でしゃばる事無く、自慢する事なくいろんな才能があるなんて、自分で調べなければ気付かれない謙虚な方です。先生もびっくりされた事でしょうね。
一生自分の才能に満足しないとおっしゃっていたくらいですから、どんどん磨きをかけて欲しいです。アイドルが本業であくまでもそれ以外は趣味とおっしゃってますので!
先生との対談で大野さんは、きっと刺激を受けて、書道アートでもしそうです。
本当にお忙しい中、ご苦労様でした。
雑誌発売楽しみにしています。

”森大衛の夏風邪は治りました”の言葉に先生の温かさを感じます。


投稿: | 2010年9月 7日 (火) 22時05分

こんばんは!はじめまして。対談を楽しみに学校頑張ろうと思います。

投稿: ゆう | 2010年9月 7日 (火) 22時00分

失礼ながら先生の事を『いいとも』でしか知らず、でもいつも素敵な言葉選びで人を傷つけない素晴らしい方だなと思っていたのですが、このブログを読み 先生が大野さんの事を褒めて下さってるのを大変嬉しく思い益々素敵な方だなと思いました。

投稿: ゆうみ | 2010年9月 7日 (火) 20時43分

またまた大野君ファンですいません。
私も普通こういったことでコメントしませんが、森さんの正直で短い文章が大野君を真に理解しれくれたんだと分かってうれしくて書いてしまいました。
ファンの贔屓目を置いといて、森さんと同じ気持ちです。
私が大野君が好きな理由の大きなひとつが、芸能人なのに、才能あるのに、全然それをひけらかさないこと。心から尊敬しています。大野君は常に「ライバルは自分」と言っていて、人と自分を比べることを全くしません。
芸能人というより本当に職人に近い方なんでしょうね(笑)
きっと大野君もいかにも芸能人の方々と、よりも職人や普通の人たち(?)とコミュニケーションしている時の方が楽しいんじゃないかなと勝手に思ってます。すごくファンなのに、きっと実際会ったらど緊張してしまいそうなのに、なんか普通に世間話をしてみたいような不思議な人です、大野君は。
『九龍』の字、すごく素敵ですね。
書のことは全く分からずとっても字が下手で自分でいやになる私ですが、素敵な書を見るとただただ感動して言葉が出なくなってしまいます。

投稿: しょうこ | 2010年9月 7日 (火) 19時36分

大野は嵐のお荷物 早く脱退しろ!あの作品は全て盗作で第三者がやったもの 騙されるな!

投稿: みち | 2010年9月 7日 (火) 18時57分

大野君大○やってるよ
かかわらないほうがいいですよ〜

投稿: 釣り | 2010年9月 7日 (火) 18時44分

はじめまして
またまた大野智くんのファンです。
大野くんは深いので知れば知るほど面白いし、好きになります。
先生に会えて、また更に大野くんの深みが増すと思います。対談を受けてくださってありがとうございます。楽しみにしています!

投稿: 哉子 | 2010年9月 7日 (火) 18時33分

はじめまして。私も「嵐ファン!」と声高に周りに言えない歳の大野くんファンです。

嵐や大野くんの事について他の著名な方がブログに書かれていても閲覧するだけでコメントを送るなんてこと今までなかったんですが、先生の短いですが心のこもった文章を読んで初めてコメントを残したくなってしまいました。

他の方がおっしゃっているように大野くんって本当にテレビでは魅力がわかりづらい人なんですよね。
ドラマや歌、何かでふと気になって調べてみる・・・。今までのライブやソロのダンスを見てみる・・・なんて事をしているうちにあっという間に彼の魅力にハマってしまいます。
この歳になってジャニーズのファンになるなんて思っていませんでした。でも結構こういう方多いんですよね。

先生がご覧になった作品集、うちにもありますがこれを見て一層大野くんが大好きになりました。尊敬しているといってもいいですね(笑)
後半のロングインタビューはもう読まれましたか?
大野くんの物の捉え方、努力の仕方、もう私の文章力がなくてうまく伝えられないんですが、大野くんの人柄が見えてくるような気がして大好きな部分です。

うちの息子はまだ3歳なんですが、この作品集が大好きみたいで絵本のように「大野くん見る~♪」といって私の所に持ってきて一緒に眺めます。小さい子にも何か伝わるものがあるんですね。

なんだか長々とすみません。
芸能人との対談にあまり乗り気ではなかった先生が、大野くんの事を褒めてくれたのがすごく嬉しかったです。

これからのご活躍お祈りいたします。


投稿: みくかいママ | 2010年9月 7日 (火) 18時14分

私も大野智さんのファンのものです´ω`)ノ

大野さんは決して、「自分が自分が」としないんです。

やっぱり、大野さんのファンはそういう所に惹かれるんでしょうね^^

森大衛さんのこの記事を読んで、より一層大野さんの事が大好きになりました((w´ω`w))

投稿: にゃー | 2010年9月 7日 (火) 18時13分

こんにちわ。大野君との対談受けて頂いてありがとうございます(同じように思っている大野智ファンは数えきれない程いるでしょう)。
 と 、一ファンでしかない私がこう申しますのも、大野君のダンスや歌、演技(「魔王」から、おかま大将まで演じる)は長いこと彼自身の謙虚さもあって嵐ファンの中でしか評価されずに約10年経ってしまったからです。 TVのバラエティ番組などでも「ぼーっとしてる」とか「名前だけのリーダー」と言われ続けても嫌な顔一つせず、微笑んでいても、その心中はいかばかりだったかと想像するだに泣けてきます。そんな彼をどれだけの多くのファンが悲痛な気持ちで観ていたかは想像に難くありません。
人脈を増やして自分のために利用しようなど
微塵も考えつかない大野君のダンスや歌を
動画サイトで観てやって下さい。お願いします。

投稿: うぶりょう | 2010年9月 7日 (火) 17時56分

飾らず欲のない大野くん。本当素敵ですよね☆
森大衛さんとの対談、すごく楽しみにしています!

投稿: あや | 2010年9月 7日 (火) 17時48分

こんにちはヾ(=^▽^=)ノ大野智さんのファンです(^^)v

彼の表現力は、素人の私にも伝わりました。絵画にしても、書道にしても真がある方だと思ってます。
その魅力的な彼が、一番楽しくいれる場所が嵐というグループなんです。ぜひ、一度嵐のコンサートに参加してみて下さい。
大野さんとの対談楽しみにしております。

投稿: ミント | 2010年9月 7日 (火) 16時30分

はじめまして

お二人の対談がとても良い刺激になった様子(^-^)とても嬉しく思います…

ホントに…
人には色々な出会いの形がありますよね

実は私も彼を知る数年前まではアイドルなんてなところがありまして(笑)
なんだか森さんの感想に共感してしまったという訳です

ところが偶然知った彼の役者の姿や歌声やバラエティでの人柄には
そんなアンチを忘れてしまうほど
とても不思議な魅力がありました

ホントに心地よい
素直な空気を持っている人だなぁ…と

そして何より好きな事に対する姿勢がホントにマジで輝いていて羨ましい人だなぁと…

で…
気づけば…すっかり私もファンになっていたという(笑)

私教訓。
食わず嫌いはもったいない(笑)

今回は森さんの夏風邪が治ってよかったです(^-^)

いつか対談にお目にかかれる日を楽しみにしています_(_^_)_

投稿: ともっち | 2010年9月 7日 (火) 15時27分

大野智くんのファンです☆
私も彼のそういう部分に惹かれました

投稿: そー | 2010年9月 7日 (火) 15時21分

お邪魔いたします、大野さんのファンの者です。私は日々生きていく中でつまらないことですが悩みにぶつかるとこの本をめくるのです。そして腹に力を入れ直しまた再び前進することができます。お二人の対談、とても楽しみです。どこかで拝見できますように。

投稿: らら | 2010年9月 7日 (火) 11時56分

はじめまして。私は大野くんが大好きな大野くんのママの世代の女性です。
大野くんは自分からオーラを出すことはしないので、よく見ていないと見落としてしまいます。
実際私が彼を知ったのはFREE STYLEのころからです。
ドラマで大野くんのファンになり、大野くんの緩急のあるダンスに惹かれました。
その後、彼が書道をたしなんでいることを知り、大野くんのダンスの根底にあるものは書道にあるのかもと思いました。
また、オンのときの彼(ダンスやお芝居の時)と、オフの時の彼(バラエティなど)のギャップがすごくて、興味がありました。
そのバラエティのときでも、ぼそっとナイスタイミングで放たれる一言がすべてを輝かせるのにもびっくりさせられましたが、彼の筆のタッチを見ていると、少しわかってきました。
彼には人を輝かせる不思議な力が備わっているように思えてなりません。
それはさりげなくて、よく見ていないとわからないくらい。
でも、それがわかると底なし沼のように彼に惹かれていきます。
森さんもそのお一人になられたような気もしますが…
大野くんには書道の道も極めていただきたいと思っています。
森さん、ご指導お願いできますか?
生意気申し上げました。
ますますのご活躍をお祈りしております。

投稿: | 2010年9月 7日 (火) 11時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢三昧『JC富山青年会議所2010イベント』 | トップページ | 「般若心経」 »