« しばらくぶりの富士山 | トップページ | 榊莫山先生が旅立たれました »

2010年10月 6日 (水)

10月2日(土)「第20回五箇山和紙まつり」

世界遺産の五箇山といえば合掌造り。


道の駅「五箇山和紙の里」にも合掌造りの建物があります。

Photo_2


昨日(10月1日)の大都会東京タワーからは一変です。

7


実は一週間ほど前にご依頼いただいて、
五箇山和紙に「五箇山和紙」と書きまして、
そのお披露目でございますよ、奥さんshine

Photo_3

Photo_7

和紙の風合いを生かし、いつもの森大衛の作風とはちょっと違います。


ちょっと大きめの作品も書きました。

Photo_9
マイクを持っていますが歌ってはいません。それは別料金ですから(笑)


「掌」という字を素朴な書体の木簡隷で書きました。

6

Photo_10

合掌造りの「掌」。五箇山の和紙も、名産のそばも、
信仰もすべて「掌」とつながりますからね。


さて、イベント出演の後は「全国和紙ちぎり絵展」を鑑賞しました。
その素晴らしい作品等については、後日あらためて。

|

« しばらくぶりの富士山 | トップページ | 榊莫山先生が旅立たれました »

コメント

素晴らしい~~~!!good
別料金で歌も歌って頂きたいhappy01noteです。


今の書道教室に通って15年。
先日、やっと半紙臨書が2級に昇級しました(v^ー゜)ヤッタネ!!
漢字半紙の方(自由書体)は四段なんですが、臨書が6級からあって、もう10年位、3級でした。

級、段にこだわらないで居るつもりですが、やっぱり昇級するって嬉しいです。
ほとんど上がらない…って諦めていたので余計に。

森さんの字は…のびのびしていて、好きです。
文章も…のびのびしていて、文にも書にも…人柄が表れているように思います。
意地悪な人って字も意地悪で、冷たい人は冷たい字ではありませんか?(偏見でしょうか?)

あたたかい字、書を書きたいです。

榊獏山先生が亡くなって・・・・とても残念ですweep

投稿: ぐりぐら | 2010年10月 6日 (水) 15時44分

左手にマイク、右手に筆…
あぁ、なんたる神業!

和紙を使った味わい深い作品にうっとり。

投稿: ごまちゃん | 2010年10月 6日 (水) 14時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しばらくぶりの富士山 | トップページ | 榊莫山先生が旅立たれました »