« 奈良密教青年会30周年記念(追記あり) | トップページ | 『いちばん親切な般若心経の教科書』 »

2010年10月20日 (水)

“達筆王”森大衛先生と達筆祈願(写真追記)

16日(土)は、當麻寺中之坊にて、
「“達筆王”森大衛先生と達筆祈願」という法会がありました。


Photo_5


このたび新しくこの『散華(さんげ)』が奉納される運びとなったからですshine

1_2

Photo

森大衛の『極』と、種智院大学教授中村幸真画伯の『太』『和』
3枚組 1000円


法会の後は、前日の講習会の内容をかいつまんで、
弘法大師空海の書法と密教の思想の繋がり、
そして天井絵の『極』を揮毫した際の裏話などをお話しました。


そして、この日の記念に『散華』のたとう紙に
森大衛のサインを入れてのご提供。

Photo_6

たくさんの拝観者の方々にご購入いただきました。
ありがとうございました。


Photo_7


法会の尺八演奏は、アメリカ人尺八奏者スミス叙趣氏でしたnote

|

« 奈良密教青年会30周年記念(追記あり) | トップページ | 『いちばん親切な般若心経の教科書』 »

コメント

センセの『龍游鳳戯』にうっとり~。

當麻寺は素敵なところですねぇ(*^-^)
『死者の書』が観たいなぁ…。
川本喜八郎サンの人形劇が大好きでした。

投稿: ごまちゃん | 2010年10月21日 (木) 11時14分

森先生の天井作品『極』と扁額『龍游鳳戯』が鑑賞できる、4年に一度の客殿特別公開は11月30日までです!happy01

投稿: 當麻寺中之坊 | 2010年10月20日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奈良密教青年会30周年記念(追記あり) | トップページ | 『いちばん親切な般若心経の教科書』 »