« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

「富山んまいもんめぐり」(追加画像あり)

チューリップテレビ【7月31日 14:54~15:25】
「富山んまいもんめぐり~食と文化のリレートーク~」にて
可愛い系のタイトルロゴ書いてます。
番組HPには掲載されてないけどsweat02
なので富山の人は番組を見てくだされ〜(笑)


女優 柴田理恵さんを中心に富山をこよなく愛する人たち3名が集い、
地酒をきっかけに地域の食・文化の真骨頂を楽しく話すトーク番組。


【番組内容】
今回の番組で柴田理恵さんが訪れるのは、生まれ故郷の八尾。
登場人物も柴田さんにとても縁が深い方お二人です。
『越中八尾風の盆』を育てた独自の文化が育つ八尾には、
ふたつの蔵元があります。そのうちのひとつ、
西町の福鶴酒造は柴田理恵さんの母方の実家 
宮田旅館の向かいにあります。
小学校の先生をしていた柴田さんのお母さんは、
職場で男の先生と対等に張り合うため、
酒席でも男の人に負けなかったという気丈でユニークな方


【出演者】
柴田理恵 柴田須美子(母) 福島順二(越中八尾観光協会、おわら保存会会長)


Photo

| | コメント (0)

業務連絡(渋谷教室&富山教室)

<渋谷教室>
来週1日(月)の渋谷教室は、
今週30日(土)に前倒して振り替えます。
時間は13:30〜となりますので、
希望の時間帯を窓口担当者にご連絡ください。


<富山教室>
来週3日(水)4日(木)の富山教室はお休みします。
翌週10日(水)11日(木)が月初めなので<硬筆>です。


以上、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2011年7月29日 (金)

第38回独立富山書展

7月28日(木)から31日(日)まで、
富山県民会館美術館で開催中の
「第38回独立富山書展」に、
新作『抱心』を出品しています。


作品の写真はネタバレになるので、
「心」だけをどアップでgood

Kokoro_2
※クリックで拡大


っていうか、ツイッターでは低画質で公開してるんですけどねsweat02

高画質をご覧になりたいお近くの方はぜひ会場へgood
そして高画質での撮影大歓迎ですgood

| | コメント (0)

2011年7月28日 (木)

そして「食育」

27日の松任谷由実さん金沢公演に来ていたお客さんから、
「去年、先生がブログに掲載されていた夏休みの書道の手本を
うちの子供に見せて書かせたら入賞しましたsign03
と、思いもよらない声をかけられた森大衛ですscissors


ってことて、ジャーンsign03
夏休みの小四の課題「食育」

Photo_2

| | コメント (3)

2011年7月24日 (日)

2011.7.23富山→羽田 ブロッケン現象

昨年の夏に富山上空で撮影に成功した「ブロッケン現象」

実は、毎週往復しているのでたまに見ることはあるのですが、
ほとんどが電子機器の電源を切らないといけない時間ばかりなんですよsweat02


でも、今回は着陸態勢に差しかかる直前の
千葉上空で撮影に成功しましたmovie


http://youtu.be/0vegu8LVPHw


Photo_4
※クリックで拡大

| | コメント (0)

2011年7月23日 (土)

とりあえず「こだま」

ジャーンshine
夏休みの小二の課題だっけ?

Photo_2

| | コメント (0)

2011年7月20日 (水)

プロの筆さばき伝授 若狭高で書道家・森さんが指導

高校生がプロの芸術家から直接指導を受ける
「ヤング・アート・キャンプ」が17、18の両日、
小浜市千種1丁目の若狭高校であった。
お茶の間でもおなじみの人気の書道家、森大衛さんが、
書道部員らに手ほどきをした。
中日新聞福井サイトより


17日は、書道パフォーマンス「福井新聞(クリックで拡大)」
Fukuishinbun2011_2


18日は、臨書「中日新聞福井版(クリックで拡大)」
Fukuichyunichi2011_2


どちらも昨年よりも格段にレベルアップしたと思いますup
生徒達の達成感に満ちた笑顔にも癒されましたhappy01


また、昨年「各校の顧問の先生が嫌がるくらい食いついて指導を受けてくださいsign03
と言ってきたので、先生方の心にも火bombがついたのではないかと推測します。


書は、臨書と創意両方あってこそ人の心に深く響く作品が生まれますshine


森大衛は冒頭の挨拶で「書道部はダサい」的なちょっと辛辣なことを言いました。
しかし、しっかり臨書で実力をつけ、部員同士で助け合いながら切磋琢磨し、
創意と情熱を持って活動すれば、決して運動部やブラスバンド部に負けない
誇りの持てる部活になります。何事も基礎が大事。
運動部員もブラスバンド部員も適当に練習しているわけではないですからね。


<追記>
音楽のリズムと書を書くリズムがズレてるパフォーマンスは、
やってる方も見ている方も違和感を感じてモヤモヤします。
そこで重要なのは、膝の屈伸でリズムをとること。
それは大字作品を書く時にも言えることで、
生きた線は膝の屈伸から生まれます。
字を書くのは手だけれど、思いを伝えるのは膝です。


多感な10代に得たものは一生の宝になります。
これからもますます頑張ってくださいgood

Fukui2011_2

| | コメント (0)

2011年7月17日 (日)

2011.7.17羽田→小松

福井「ヤング・アート・キャンプ」に向かう窓からの富士fuji

夏らしい青さです。

http://youtu.be/GRiJ6ZDdE1Y


Fuji2011717_2
※クリックで拡大

| | コメント (1)

2011年7月13日 (水)

第37回 日本の書展

日本の書道界を代表する一流書家の作品が
会派を超えて一堂に展示される総合書道展
「日本の書展」が、8日(金)から11日(月)まで、
富山県民会館で開催されていました。


森大衛は新作「越」を出品。


しかーし、森大衛のスケジュールは会期中ずっと東京滞在sweat02
搬入は額装業者さんに依頼したので仕上がりを見てない…。


去年も同じ状況だったので生徒達に写真を頼んだけれど、
今年はそれを伝えることを忘れていたので、
たぶん誰も撮ってないと思われる。
っていうか、実は撮影禁止だしsweat02


ってことで、新作「越」は9月に開催の富山書道会会員展にも出品しますgood


ちなみに<越中ふんどし>の「越」ではなく、<困難を乗り越える>の「越」だよannoy

| | コメント (0)

2011年7月12日 (火)

笑福亭鶴瓶落語会 In 新宿角座

先週の金曜の夜は笑福亭鶴瓶落語会 In 新宿角座にお邪魔しました。


実は、この折り返し便で東京に向かうことになっていたので、
富山空港に行って欠航を知らされてあらら…despair


次の便でもどうにか間に合うので予約変更したのですが、
あれから5日たった今日、極めて危ない事態だったことを知ってビックリsign03
まあ、元ANA勤務だったの森大衛は、エンジン1基でも大丈夫なことは知ってましたが、
その状況が、ハイキングウオーキングの松田くんのブログに克明に書いてあり、
いざその状況になるとビビるもんですweep
(っていうか「松田くん今度富山に来るときは連絡を〜」と、ここで私信)


さてさて、鶴瓶師匠の落語会ではたくさんのことを学びました。
落語界のこと、師弟関係のこと、古典落語に対する姿勢など、
もちろんいつものように笑いを絡めての話術で会場は爆笑でしたが、
しんみりする場面もあり、鶴瓶師匠ならではの温かい時間。


また、打ち上げにも声をかけていただき、そこではたくさんの方々と
有意義な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございました。


写真は、三遊亭王楽さん
先代の故・三遊亭円楽さん27番目の最後のお弟子さんです。
三遊亭好楽さんの息子さんであり、落語界唯一の親子で兄弟弟子関係でもあります。

Ouraku_2

また、機会を見つけて飲みに行きましょうgood

三遊亭王楽さんのブログ

| | コメント (0)

2011年7月 5日 (火)

しばらくぶりの富士山


http://youtu.be/I7ZEjGQkalg


75fuji

| | コメント (1)

2011年7月 2日 (土)

帝国劇場「風と共に去りぬ」

先週、帝国劇場に風と共に去りぬを観に行きました。


いや〜、素晴らしい舞台でした。
ずーっと昔に映画は観たけど、その世界をうまく表現してあって、
配役はもちろん、セットも衣装も素晴らしいsign03
3時間の公演を食い入るように観てしまいました。

初めて入った帝国劇場も素晴らしいshine


写真はチャールズ・ハミルトン役の敦士くんとcamera
Atsushi
そして偶然2列後ろの席にいたうちの生徒のNさんもhappy01


敦士くんといえばこの日に
めちゃイケ新メンバーになったわけですが、
れっきとしたモデル兼俳優さんなので、
舞台でお尻は出していませんban


これからの方向性を模索中のようですが、
お互いお笑い番組出身(?)で、
同じディレクターにお世話になったので、
これからもそれぞれの長い道のりのステップアップとして
頑張っていけたらと思っていますgood


敦士くんのブログ

| | コメント (1)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »