« 「GLAMOROUS(グラマラス)」2月号 | トップページ | 当会からの独立書展出品者名簿 »

2012年1月11日 (水)

第60回記念独立書展にて<会員賞>受賞

1月11日(水)から23日(月)まで、
六本木の国立新美術館にて開催の
『第60回記念独立書展』において、
森大衛が<会員賞>受賞との電報が届きました。

Photo
ジャーンshine ※クリックで拡大


2012_2
※クリックで拡大


これもひとえに、ワタクシの才能のおかげですhappy01good

なーんて教室ではいつもふざけて言ってたりするけど、
これまでにめぐり逢ったすべての方々、
これまでに体験した様々な出来事のおかげです。


'97年に会員に昇格してから15年、
近年は多くの方々から「そろそろじゃない?」と言われつつ、
「な〜ん、まだまだ僕よりも先にもらうべき大先輩の先生方がおられるから」と、
欲は出さずにやってきました。


ただ、2005年からテレビに出演するようになり、
「人前に出るということは同じ書家の方々に、
『この人はしっかり修練を積んでいる人だ』と
わかってもらわなければ全く意味がない」と気を引き締め、
2007年に渋谷で教室を開くことになってからは、
真剣に書に立ち向かう生徒達への指導が自分の修練になり、
今回の受賞に至ったんだと思います。

みなさん、本当にありがとうございましたsign01

これからもさらに自分の底知れぬ才能を開花させるよwinkgood(笑)


<追記(1月11日)>
DREAMS COME TRUEのお二人からお花をいただきましたnotes

Photo


<追記(1月16日)>
田村淳さんが観にきてくださいましたnotes

Photo


<追記(1月17日)>
萬田久子さんからお花をいただきましたnotes
Photo

<追記(1月18日)>
Photo
さすがsign01何気ないポーズが素敵過ぎるnotes


皆さんありがとうございますsign03

|

« 「GLAMOROUS(グラマラス)」2月号 | トップページ | 当会からの独立書展出品者名簿 »

コメント

さすが頭脳派、計算高いですね。更なるご活躍をお祈り申し上げます。

投稿: 竹田運送 | 2012年1月24日 (火) 00時52分

先生、会員賞受賞おめでとうございます。
最近は読むばかりでしたが、
お祝いをと思い久しぶりにコメントを書きに来ました。
そして、ツイッターに書かれてる事にも共感しています。
私もクライストチャーチでの地震で亡くなった方々が
大震災で忘れられていることをとても残念に思っています。
富山のテレビや新聞では最近も取り上げていますが、
全国放送の番組では全く触れなくなりました。
大震災の犠牲がどれだけ大きくて悲惨なものなのかは分かっています。
でも、大震災で亡くなった方の命と、クライストチャーチで
ビルの下敷きとなって亡くなった方の命の重みに違いはあるのでしょうか。
少なくとも富山県民だけは忘れないでいなければと思っています。

投稿: 天 | 2012年1月13日 (金) 11時32分

会員賞、受賞おめでとうございます。
心からお祝い申し上げます。

先生のご活躍はとても嬉しく、また励みになります。
いつも先生とは持っているもの(才能)が全く違うと感じつつ、
いつか先生のようなオーラや、美しい佇まいのある書が書けるようになれたら・・と思っています。

本当におめでとうございました(^0^)

投稿: 蔭山 | 2012年1月12日 (木) 16時23分

森先生、会長賞受賞、おめでとうございますcrown
私も先生にご指導いただいていることを幸せに思います。ありがとうございます。
先生に師事してまだ日が浅く、勉強不足を感じる日々ですが、書は一生涯なので、コツコツとがんばって先生に着いて行きたいと思います。
今週末の独立書展の鑑賞で、先生の作品に出会えることが楽しみです!

投稿: こま | 2012年1月11日 (水) 15時30分

先生、受賞おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。

先生にご指導頂けること幸せに思います。
お忙しい毎日。お身体を大切にして下さい。
本当におめでとうございます。

投稿: maki | 2012年1月11日 (水) 11時21分

shine会員賞受賞shine
おめでとうございます。

先生にご指導をいただけるようになってから5年。
毎週のお教室での臨書手本の美しさに圧倒される日々でした。
その臨書が「作品に生かされることがなければなんの意味も無い」が最近よく先生が言われる言葉です。
「力強い迫力のある上品さ」本当に美しい作品です。
あまりに遠い道のりですが確かに目指すものがそこにあります。

投稿: 石崎 | 2012年1月11日 (水) 09時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「GLAMOROUS(グラマラス)」2月号 | トップページ | 当会からの独立書展出品者名簿 »